2016.09.28

命にかえてでも伝えていかなきゃいけない

「ソフトバンクに史上最速マジック点灯か?」とかいってたのは、今年の話ですよね。
世の中、何が起こるかわからないものですね。
ファイターズ、優勝おめでとうございます!

……と、かつての私だったら、こんな日は野球の話だけで終わってしまう所なのに、今日の本題は別のお話です。
んー、私にも、何が起こるかわからないものだなぁ(^_^;)。

『NEWS ZERO』観ました。
新キャスター・髙橋大輔さん(選手と呼べない所が淋しい)が、野村萬斎さんにインタビューするという夢のようなコーナーがありました。

キャスターという立場だから当然といえば当然なのですが、髙橋さんが一方的に訊くスタイルでした。ああ、羽生選手の時みたいに対談スタイルで観たかったなぁ。「萬斎さんから刺激を受けて滑る髙橋選手」というのを観たかった(>_<)。
……とないものねだりはこれ位にして……

野村裕基さんの言葉に感動しました。
思わず今日のタイトルにしました。
後世に狂言を伝えていかなければいけない家に生まれた者として、「命にかえてでも伝えていかなきゃいけない」と言ってくれちゃったのでした。
す、すごい……。

プロフェッショナル 仕事の流儀 狂言師 野村萬斎の仕事 果てなき芸道、真(まこと)の花を [DVD]萬斎さんの事が大好きな私ですが、ご子息・裕基くんと一緒にいるのを見るのは苦手でした。なぜなら、裕基くんと一緒にいる時の萬斎さんは、私が見る限りはいつも鬼のような形相をしていたから。
裕基くんへの稽古は「大人も泣いちゃいそうな程恐い」と評判(缶コーヒーのCMの時にそんなスタッフの発言がWEBに出てました)ですし、舞台で裕基くんの後見をやっている時の萬斎さんのお顔の恐いことといったら(>_<)。
今日も前半は鬼モードで裕基さんを叱る映像が流れたので、恐怖のあまり、思わずテレビを消そうとしました。髙橋さんが出ているから思い留まったけど(笑)。

それなのに、裕基さんが萬斎さんの事をちゃんと(?)大好きらしい事は、日頃時々洩れ伝わってくるから不思議。いや、親子だからむしろ当然といえば当然か。

そして、あの発言です。
今時「命がけ」なんて言葉、なかなか言えません。なんて立派なんだ。
久々に聞きました。『ドカベン』以来かなー(爆)。
その言葉を髙橋さんから伝え聞いた時の萬斎さん、本当に嬉しそうでした。
「大したもんですね。俺より大した覚悟がある。頼もしい事ですね」と絶賛。
こういうのは親バカとは言わないですよね。ああ、良かったshine

私、今迄は「裕基くん」と記載してきました。
1月に当ブログに「もう『さん』付で呼ぼうか?」なんて迷いを滲ませていましたが、今日の姿を見て、迷いが消えました。
これからは「さん」で呼ばせて頂きます!!
テロップも「裕基さん」となってたし、髙橋さんもそう呼んでましたしね。

命がけで取り組める事があるなんて、羨ましいなぁ……と一瞬思ったんですが、あの萬斎さんの恐ろしい稽古を連想すると、撤回気分になります(^_^;)。
萬斎さんの事は大好きだけれど、弟子には絶対なりたくないチキンな私でした。

| | コメント (0)

2016.09.26

豊洲といえばフジロック

築地市場移転問題で話題になっている豊洲。
移転地候補に選ばれた理由の一つは「何もない場所だから」だそうです。
何もない場所=騒いでも良い場所……かどうかは知りませんが、その昔、フジロックフェスティバルが開催されました。

当時はまだブログがありませんでした。
紙の日記は気が向いた時だけつけていたけれど、平気で数ヶ月とかあけちゃっていて、当時の記録は残ってません。
ニフティのフォーラムとかには書いたのかなぁ? 全く憶えていないけど。

このまま全て忘れちゃうのもなんか、もったいないので、憶えている事を記載しておきたくなりました。

当ブログにもたまに登場するRさんと私が会場に到着した時は、Blanky Jet Cityの演奏中でした。
私はイカ天大好きだったので、Blanky初登場の回も見てました。すごくカッコイイと感じたのをよく憶えてます(一番好きだったのはマルコシアス・バンプでしたけど)。
そんなBlankyを生で見られて嬉しかった筈なんですが、なんかおしゃべりしていて、ちゃんと見てなかったような。←ステージからはすっごく離れた場所での事です
Rさんも、そしてその場にいらしたニフティのフォーラムの皆さんも、皆洋楽ファンだったので、Blankyにはそれ程思い入れがなかったように思います。

GarbageやSonic Youthにはあまり興味がなかったので、その後はおそらく食事などをしていたのではないかと思われます。全く記憶にありませんが(爆)。

そして忘れられないのが忌野清志郎さん!!
Little Screaming Revue というバンドを率いていたので、「RCとかソロの曲はやらないかなー」なんて思っていたら『雨上がりの夜空に』を歌ってくれました。
あの曲だけ別格に盛り上がっていたなぁ。「そんなに人気のある曲なんだー」と驚き、影響されて私もすっかり好きになっちゃいました。
すごく楽しそうに踊っている女性(後ろ姿は飯島愛さん風)がいて、「私もあんな風に踊れたらいいのに」と思ったっけ。派手に踊っているわけではなく、特別激しくもなく、ごくごく自然なのだけど、スタイルが良くて音楽に合っていた。PVに出てきそうな、絵に描いたような、でもいざ探すとそれほどいないタイプです。顔は見えなかったけれど、「きれいな人なんじゃないか」と思わせる人でした。

その後がElvis Costelloだったのですが、あんまり憶えていない……。
もしかしたら、サブステージのIGGY POPの事が気になって、最後まで観なかったかも???

そして、移動してサブステージのトリのIGGY POPを観ました。
なにを歌ったか、ほとんど憶えてません。
あんまり私の好きな曲をやってくれてなかったんだと思います。
が、"Lust For Life"をやった事だけは憶えているっ!!
生で聴けて、本当に本当に嬉しかったし、映画『トレインスポッティング』の影響か、盛り上がっていました。楽しかった……

メイン・ステージのトリがBjorkだったので、そちらを観ていた人が圧倒的に多かったのですが、私にとってはIGGYを観れた幸せな夜でした。

と、なんだか、豊洲のニュースを観ていたら書きたくなった思い出話でした。

| | コメント (0)

2016.09.25

ヨネックスオープン2016(バドミントン)

バドミントンのヨネックスオープンを見に行ってきました。
毎回日本で行われる世界大会の中では、最も大きな大会です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016.09.22

鞍馬天狗(松平健版)

「新選組」というワードに反応して勝手に録画をしてくれる私のレコーダーが今日録っておいてくれたのは松平健さん主演の『鞍馬天狗』。
2001年に放送されたようです。

早速、観てみました。


冒頭で、いきなり新選組をバッタバッタと斬ります。
「ああ、野村萬斎版の『鞍馬天狗』を見た時に「新選組隊士達を斬るな~!annoy」と怒りに燃えたっけ」と懐かしく思い出しました。
当時は、萬斎さんの事、それほど好きじゃなかったんですけどねー。まさか、ファンになるとは(^_^;)。

メインストーリーは、萬斎版の第7回と最終回を繋げた感じ。角兵衛獅子のくだりですね。
萬斎版に出演されていた火野正平さんが、こちらにも出ていました。
松平健版では天狗の味方役なんですが、萬斎版では悪役を演じていたのでそのイメージが頭をよぎり、「あー、杉作ちゃんのお金取られちゃう~」とか「天狗が裏切られちゃう~」などと、関係ない所でハラハラしてしまいました(^^;)。

萬斎版で、それはそれはカッコ良く描かれていた近藤勇役を、松平健版で演じているのは中村敦夫さん。
うーん、渋い。さすがの貫禄です。
最後は萬斎版同様、天狗と近藤勇の一騎討ちなのですが、対決の終わり方は違っていました。天狗に刀を跳ね飛ばされた近藤は万事休す、あとは斬られるのみ……と思われた時に、杉作ちゃんが駆け寄って抱きつき、身を挺して守るのです。
かつて、身を挺して天狗を守った杉作ちゃん。今度は同様に近藤を助けるんですね~。
天狗にも、近藤にも助けられた事があるから、どちらにも死んで欲しくなかったのですね。
私も(天狗と近藤の戦いは見たいけれど)、どちらにも死んで欲しくないよー。
そういえば、国生さゆりさん演じる「新選組隊士の夫を天狗に殺された未亡人」も、敵討ちの為に散々天狗の命を狙っていたけれど、最後は天狗の身を案じて、「死ななくて良かった……」なんて呟いてました。

原作は同じで、ドラマのストーリーもおおまかにいえば同じなのに、演じる人が異なると、印象は随分違いますねー。
萬斎版天狗は、山から降りてきたばかりの世間知らずで、桂小五郎の言いなりになっている感がなきにしもあらずでしたが、松平健版天狗は、最初から「尊皇攘夷の志を持ち」なんてナレーションが入ってました。もうちゃんと自分の考えを持ち、自分の意志で活動し、同じ志を持つ西郷隆盛や桂小五郎と対等にわたりあっている感じでした。

殺陣が萬斎天狗は柔、松平健天狗は剛といった感じ。
どちらも無双に強いのですが、萬斎天狗は傷ついてボロボロになるシーンがあって、「天狗も人間だったかー」と思わせるところがまた良かったなー。普段は萬斎さんの方が人間離れしてるんですけど。
そして、松平天狗は品行方正。中山忍さんにも国生さゆりさんにも、決して手を出さないだろうという感じがしましたが、萬斎天狗(というか萬斎版倉田)はちょーっと、アブない所がありました。
黒谷友香さんの前ではポーッとしてたし、京野ことみさんともどうにかなりそうでしたよね(笑)。
あ、ちなみに「倉田」というのは天狗が頭巾を被っていない時に名乗る名前です。
松平版の天狗は「倉田が頭巾をかぶってるだけ」という感じ、いつも凛々しいのですが、萬斎版では「凛々しい天狗」と「ちょっぴりヘタレな倉田」みたいなギャップがありました。いや、倉田も十分ステキでしたけどheart04

『鞍馬天狗』、何年かに一遍作られているようです。
草刈正雄さんが演じた事もあったようですね。それ、見たいなー。
最後に萬斎さんが演じてから早くも8年が経ってしまいました。そろそろ新作が見たいです、萬斎さん主演で!!(終わった直後からずーっと言ってる)

| | コメント (0)

2016.09.17

『猫ピッチャー』イベント&サイン会

『猫ピッチャー』ビギナーな私ですが、タイムリーなイベントがあったので寄ってみました。
詳しくは、↓の画像をクリックしてみて下さい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016.09.11

第56回東京都吹奏楽コンクール

ドラマ『仰げば尊し』、今日が最終回でした。
サックス奏者が主役という事で興味を持ち、初回はちょこっと観たのですが、その後オリンピックやもろもろ(^_^;)でバタバタし、見逃しているうちに最終回となってしまいました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016.09.10

Kiss Him Goodbye

今日のタイトルは"Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye"から取りました。

私はThe Nylonsのカバーで知りましたが、Bananaramaもカバーしています。
昨年からはFC東京の森重選手の応援(チャント)にも使われているらしい。
"Hey Hey"の所が「森重」に、"Goodbye"の所が「真人」にかえて歌われてました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«定期券の罠