2017.03.25

オーディションの結果がNOでも立ち上がり前を向く

アカデミー賞授賞式には驚かされました。
作品賞が『ラ・ラ・ランド』と発表された後で、まさかの訂正。
ぬか喜びさせてしまったお詫びに、もう同じ賞をあげちゃえば良かったのに。
……なんてバカな事も思ってしまった程、楽しかった映画『ラ・ラ・ランド』を見て来ました。

ネタバレあります。

私はミュージカルが好きです。
普通の舞台や映画だとハッピーエンドじゃなきゃイヤなんですが、ミュージカルだったら音楽が良ければバッド・エンドでも良しとします。

『ラ・ラ・ランド』は1曲目、"Another Day Of Sun"という曲の女性の第一声を聴いた瞬間に「好きだー」と思ってしまいました。
ヒロインじゃないです。その他大勢の1人。でも無茶苦茶私好みの声だったから、きっと本当はすごい人だ(そうか?)。
そして、この曲のダンスが魅力的すぎ。車のルーフの上で大勢が飛び跳ねる姿にワクワク! 気分は昂揚しまくりでした。

フランク・シナトラやフレッド・アステアの主演だったらアリでしょうけれど、まさか2017年にこんな新作映画を見られるとは思っていませんでした。タイムスリップした気分。携帯電話で話すヒロインを見てようやく「あぁ、今のお話なのか」と思いました(^_^;)。

あとは、この曲が耳に残ってます。

希望があるようなないような、なんともいえない雰囲気の曲。
セブ役のライアン・ゴズリングの声はチェット・ベイカーみたいじゃないですか。この人のチェット・ベイカー役とか、ぜひ観たいっ!!……って、『ブルーに生まれついて』で、チェットの映画は公開されたばかりなので(無茶苦茶観たかったけれど見逃した)、そんな機会はそうそうないか。イーサン・ホークのチェット・ベイカー役ってどんな感じだったのかなぁ。

この"City of Stars"を思い出そうと思うと、"Having It All"を思い出します。メロディー似てる。

ミュージカル映画『ビギナーズ』の中の一曲です。
あの映画はあまりにも前に観たので殆どストーリーを憶えていないのですが、ヒロインは恋人を捨て、仕事の為に好きでもない男性と結婚してしまったような気がします。
「恋より仕事」というのは全然構わないけれど、仕事の為に好きでもない男性と結婚するのはイヤだと思った気がします。

『ラ・ラ・ランド』のヒロイン(ミア)も、結果的にはセブ(恋人)より仕事を選んだという感じかな。この映画は「サクセス・ストーリー」という風に観ればハッピー・エンドなのですが、「恋愛物」と捉えるとバッド・エンドといえなくもない?
ちなみに『ビギナーズ』のヒロインも恋より仕事を選んだとばかり思っていたのですが、今確認したらヒロインは結婚したわけじゃなくて、婚約止まりで、最後は元の恋人とくっつくというストーリーだったらしいです。そ、そうだったか(^^;;)。

ミアはセブではない男性と結婚したんですが、その相手は悪い人には見えません。かわいい子供も生まれて幸せそう。なので、映画では語られてなくても、その男性と、もう一つの素敵なラブ・ストーリーがあったのかもしれません。先程、「恋愛物と捉えるとバッド・エンドといえなくもない」なんて書きましたが、それは観客が勝手に、「あー、セブと一緒になって欲しかったー」と思わされるだけなのかもしれません。
セブがやらかしてしまったいくつかのミスも、「それをしなかったら別れなかったかも」といえる程決定的だったかは微妙で、結局「別れるべくして別れた2人」で、「別に運命の相手でもなんでもなかったのかも」といえなくもない……なんていったら身も蓋もないか。ちょーっと中途半端な気分になりました。

でも、音楽良かったから、それでOK!

あ、忘れちゃイケナイ。A-haの"Take On Me"がちょっと情けない使われ方してましたー。

| | コメント (0)

2017.03.23

セルフレジ・デビュー

1ヶ月に1度しか行かない西友(自分の家の最寄り駅にはない)に、数ヶ月前からセルフ・レジが登場しました。
気になりつつも、人がたくさんいる時は「慣れない事やってまごついて、他人に迷惑をかけたくない」と自粛していました。
が、今日はすいていたので、思い切って試してみました!!

なんか……
面白かったー!!

ちょっと病みつきになりそうです(笑)。
近所のスーパーにはセルフレジないのが残念(^_^;)。

そういえば、子供の頃レジに憧れた事あったっけ。
大学生の時にコンビニでバイトをしたのでレジを打つ夢自体はとっくに叶ってますが。

| | コメント (0)

2017.03.20

卒業式の思い出

卒業式のシーズンですね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.03.19

髪型がカッコ良かった

今日のタイトルはデヴィッド・ボウイの言葉から取りました。
「死後はどのように記憶されたいですか?」
という質問に対して、
「髪型がカッコよかったと思われたい」
なんて答えていたのです。
うん、髪型カッコ良かったよ!
あんなに髪型変えた人っているんだろうか?
髪型のみならず、全てにおいて、カッコ良かったなぁ……。

という訳で、昨夜、LaLa TVで放送されていた『デヴィッド・ボウイ 最後の5年間』観ました。

リアリティ・ツアー [DVD]嬉しかったのは、「最後の5年間」といいつつも、「序章」として、最後のワールド・ツアーとなったリアリティ・ツアーの事を結構取り上げてくれた事。
私が今迄観た全てのライブの中で、もっとも印象に残っていて、感動して、楽しかったのがリアリティ・ツアーなんです。
かつてはジギーをリアルタイムで体感していない事をとても悔しく思っていたけれど、今はリアリティ・ツアーを観られた事を本当にありがたく幸運だったと思ってます。
ジギーより、リアルなボウイの方が好きだし!
最後に観たボウイが一番ステキだったなんて、凄いし、なんて素晴らしい事でしょう。

リアリティ・ツアーで観たボウイはとても楽しそうに見えました。そう思いたいだけかもしれないけれど、昨夜の番組でアール・スリックが
「42年間一緒に活動したなかで彼が一番楽しそうだったのがあのツアーだ。あんな彼は初めて観た」
と語っているのを見て、「ああ、勘違いじゃなかったんだ!」と、とーっても嬉しくなりました。

ジェリー・レナードの
「あのツアー中の彼はかつてないほど若々しかった、まるで神から何か恩恵を受けて年を取らないかのようだった」
という言葉にも思わず「そうだよね、そうだよね!!」と共感しまくり。まさに"Neve Get Old"でした。あの曲を歌った後にボウイが、「今のは小さなウソさ」と言う映像も流れました。
冴えてるよ、ボウイ!!

キャサリン・ラッセル(この人は知らなかったのですが、リアリティ・ツアーに参加していたそうです)は
「彼はすごくカッコよくて若々しかった。スーツがすごく似合うと私が言うと、彼ったら『結婚生活がうまくいってるからね』」ですって」
なんて話してました。
ステキすぎるぅ。
イマンとボウイって、本当にステキなカップルだからなぁ。

スペイス・オディティヘルミオーネの話も興味深かったです。
ずっと「ヘルミオーネ」でお馴染みだったのですが、ボウイは「ハーマイオニー」って発音していたし、字幕も「ハーマイオニー」ってなってましたが。
昔は「ヘルミオーネって、どんな人なんだろう?」と、すっごく興味を持ってました。インターネットが普及していなかった頃は調べようもなく、でも「『ヘルミオーネへの手紙』なんて歌を書かせちゃう位だから、魅力的な人だったんだろうなぁ」とか「ボウイは彼女の事が大好きだったんだろうなぁ」と想像するしかありませんでした。まさか、テレビの映像で目に出来るとは。っていうか、ネットではきっともっと早くから動画で見られてたんですねー。ネットで調べた事なかったなぁ。

「『ソング・オブ・ノルウェー』という映画で彼女は共演者と恋に落ち僕と別れた。長い間立ち直れず本当に打ちのめされたよ」

というボウイの肉声にはびっくり。
初恋の女性だったそうです。
ボウイよりも他の男性を選ぶ女性がいるとは……
って、そりゃ、いるか。
そして、そんな辛い別れがあったからこそ、イマンという素敵な女性と幸せになれたと思うと感慨深い……。

CDが売っている棚を見ながら、
「この辺のアルバムは売れないから安いのさ。『ロジャー』とティン・マシーンだ」
と笑うボウイもお茶目でステキでしたー。
ちなみに私は『ロジャー』、無茶苦茶好きです!!(ティン・マシーンは……以下略)

他にもこんな名言を聴けました。

「知ってのとおり前言を翻すのは僕の得意技だ。ウソはサービス精神の一環さ」

いやー、面白かった!!
さすがBBCの制作です。
観たことないような映像や貴重なインタビューも観られて、本当に楽しめました。
3/29に再放送があります。
LaLa TV見られる方、必見です!!

Photoダイソーでこんな物を売ってました(写真右・100円ショップですが400円)。
ボウイを意識しているわけでは多分ないのでしょうが、買ってしまいました。ポーチに近いお財布。
Tシャツとお揃いー。ストーン・テンプル・パイロッツ のアルバム・ジャケットともお揃いー(笑)。

| | コメント (0)

2017.03.17

音楽が存在する最も大切な理由

小学生の時に会ったきりだったイトコに、何十年ぶりかに会いました。
白髪だらけのおじさんに変貌していて、びっくりしました。
それなのに、土屋昌巳さんのあの若さは何なんだ???

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.03.15

新選組の足跡(国泰寺跡)

昨日の続きです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.03.14

広島に行ってました

タイトル通り、広島に行ってきました。
高校の修学旅行以来です。
大阪以西には飛行機で行く事が多いので、山陽新幹線に乗ったのも高校以来……かも?
思わずカメラを構えてしまう私です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«沈黙―サイレンス―