2022.06.17

いざ鎌倉

今日は某所で母と待ち合わせをしていました。
私を見つけると、母が開口一番「今まで、そこで菅直人さんが応援演説やってたから聴いてた」と言うのですが、ふと見たら、その菅さんがこちらへ歩いてくるではありませんか。

すかさず母は、
「菅さん! ホント頑張ってくださいね!」
と、話しかけました。
足を止め、気さくに応じる菅さん。
しかも「今の日本は、コロナに経済に……」などと結構しゃべってくれている。
私はびっくりしすぎて、言ってる事が頭に入ってこなかったのですが、元総理を前に全く物怖じしない母を見ていたら、親戚のおじさんと錯覚しそうになりました。
初めて会う遠戚のおじさんを前に、かたまった人見知りな私(笑)。

本題にうつります。

まだ当ブログで話題にした事はなかったような気もしますが、『鎌倉殿の13人』、もちろん楽しく見ています。いや、楽しい話ではないですけどね。毎回、観るのを楽しみにしています。
鎌倉の大河ドラマ館にも「行きたいなぁ」と思っていました。
夏は暑いので出歩きたくない。
が、秋まで待てない。
6月ならアジサイが見られるかも。
先月、「海が見える駅・千綿駅」に行ったのに、雨のせいで、海と空との区別がつかないようなオールグレイの世界しか観られなかった事は悔し過ぎました。
「海が見える駅・鎌倉高校前駅」に行ってリベンジをしたいとも思いました。
それに、千綿駅で海を見ながらカレーを食べる野望が潰えた話を以前書きましたが、思い返せば「海を見ながら『珊瑚礁』のカレーを食べる」という方が私にとっては古くからの憧れだったのでした(千綿駅を知ったのは最近だし)。

K04_20220618024001 梅雨入りしていたにも関わらず、降水確率は限りなくゼロに近く予想最高気温30℃以下の日が自分の休日と重なったので、鎌倉に行く事にしました。

鎌倉には何度か行ってまして、当ブログでも2005年の4月2010年6月に話題にしていますが、「江の島・鎌倉フリーパス」なんていう素敵なパスがあったので、今回は初めて藤沢経由で行きました。

鎌倉高校前駅のホームで撮った写真。

Ka01_20220618002401 Ka02_20220618002401

ホームから、こんな景色が見られるとは!

鎌倉高校は漫画『スラムダンク』に登場する「陵南高校」のモデルといわれています。
『スラムダンク』登場人物の中で私が一番好きな「仙道彰」が通う学校です♪

本当はここで降りて、「『スラムダンク』の踏切」に行って、『モアナマカイ珊瑚礁』でランチを食べる予定だったのですが……ちょっと暑い。暑くて歩きたくない。先に空調が効いて涼しそうな大河ドラマ館に行く事にしました。

E01_20220618000101 E02

あんな所にペコちゃんが!!

P01_20220618000201 P02_20220618000201

一時、ペコちゃんの写真を撮りまくっていたのになぁ。(当ブログには「ペコちゃん」というカテゴリがあります。)
最近見かけないんです。久々(6年ぶり)に激写。

K02_20220618002701 K01a_20220618002701

大河ドラマ館は鶴岡八幡宮の境内にありました。

Td01 Td03

大河ドラマ館恒例、衣装です。

Td05 Td06

源頼朝の衣装、安倍晴明っぽいと思ってしまった野村萬斎ファンな私です。

Td12 Td11

大河ドラマ館恒例、小道具です。
子供の字と間違えられた上総広常の書状は印象的でした(涙)。

Td10

Td09Td08

義経の鎧兜、カッコイイ!

大河ドラマ館恒例、サイン色紙は写真撮影不可でした。
今迄見た大河ドラマ館の中で、一番サイン色紙は多かった気がするのですが。残念。

K05 K06_20220618004101

大河ドラマ館では希望者はポストカードがもらえました。
2種あると聞いていたけれど、大泉洋さんの物しか残っていませんでした。もう1種は主演の小栗旬さんの物だったんだろうなぁ。

無茶苦茶お腹が空いたので、さぞかしおいしくカレーがいただけるかと思い、遅いランチを食べに『モアナマカイ珊瑚礁』に行くと……「終わりました、4時半に来てください」と言われました。
呆然。
ランチタイムとディナータイムしか営業してなかったのですね。
暑さに負け、「ま、お昼は混んでるかもしれないから、ピーク時すぎてから行く位が丁度いいよね
」なんて思ってしまった私はバカでした……。
千綿に続き、またしてもカレーミッション失敗。

それから、とぼとぼと「『スラムダンク』の踏切」を目指しました。
学校が見えてきました。「あれが鎌倉高校かなー」

Si01Si02

と思ったら、
七里ガ浜高校だった。
逆方向に歩いていたらしい。
信じられないー! いや、私らしい(爆)。

スマホの電池切れが心配で、地図アプリを見ずに歩いてしまったのでした。
モバイルバッテリーを持って行ったので安心してドラクエウォークやりまくっていたのですが、端子の違う充電ケーブルを持ってきてしまった事に気づいたのでした。
信じられないー! いや、私らしい(恥)。

七里ガ浜高等学校は、映画『ピンポン』のロケ地になっているそうです。
ドラマ『とめはねっ! 鈴里高校書道部』のロケ地にもなってるそうです。(今、調べた)

実は、あれが七里ガ浜高だと気付いたのは、稲村ヶ崎に近づいてからなんですけどね(呆)。
稲村ヶ崎公園は、アジサイと海の両方が楽しめるというので、興味はあったんです(ホント)。
桑田佳祐さんの所縁の地っぽいし。行けてラッキー(強がり)。

Ina02 Ina11

♪江ノ島が見えてきた 俺の家も近い

Ina06 Ina09

Ina08 Ina05

Ina04 Ina03

そうこうしているうちに、行こうと思っていた満福寺の拝観終了時間が迫ってきました。
もう、「『スラムダンク』の踏切」は諦めよう……。

Ma01_20220618013701 Ma02_20220618000201

源義経が腰越状を書いたと伝えられる満福寺は踏切のすぐ近くにありました。

Ma03 Ma05

諦めた筈の「『スラムダンク』の踏切」ですが……なんとなく後ろ髪はひかれていました。
夕方5時をすぎても、まだ余裕で明るかった。
単線の腰越駅のホームで電車を待ちながら「『藤沢行き』が先に来たらこのまま家に帰ろう、『鎌倉行き』が先に来たら『スラムダンクの踏切』に行こう」と考えました。すると……
鎌倉行の電車が来ました! また鎌倉高校駅を目指しちゃった。フリーパス万歳。

Sl01 Sl05

K03_20220618022201

「『スラムダンク』の踏切」とは、アニメ『スラムダンク』のオープニングに出てくる踏切なのでした。
カメラを準備して、江ノ電が通るのを待つ人が結構いました。
『スラムダンク』は海外でも人気なのだとか。
っていうか、あそこにいたのは、ほとんど外国人だったかもしれない。日本人の熱心なファンだったら、もうとっくに訪れてそう(^_^;)。

結局お腹すきまくりのまま藤沢に到着し、うっかり『京橋千疋屋フルーツパーラー』を見かけてしまい、チョコバナナパフェの誘惑に勝てず、『珊瑚礁』のカレーより高いパフェセットを食べてしまいました……。

あと、こんな物(ジャガイモのお菓子)が、鎌倉ではなく自分の地元に売っていたので、買っちゃいました 。

| | コメント (0)

2022.06.14

好酸球性副鼻腔炎について

かなり時間があいてしまいましたが、4月7日の記事の続きです。

好酸球性の病気は治療が難しいようで、好酸球性胃腸炎同様、好酸球性副鼻腔炎も難病に指定されています。
以前は、「なかなか治らない場合は手術をする」というのが一般的だったようです。
ただ、手術してもしばらく経つと戻ってしまう事が多いそうで、私がお世話になっていた病院の先生は、「手術した方がいいかも……」とは言いつつも、強制する事はありませんでした。

私の場合は、一番気になる症状が嗅覚障害でした。鼻が詰まって眠れないようなことも一時期ありましたが、そこまで酷い事は滅多になく、生活に支障をきたすという事はさほどありませんでした。なので、好酸球性胃腸炎で入院して(同じ病院ではあったけど)耳鼻科に通えなくなってからは、耳鼻科に復帰する事なく、時が過ぎていたのでした。

いや、正確にいうと、別の医院にも行った事はあるんです。
「好酸球性副鼻腔炎に関しては日本で○本の指に入る名医」といわれるX先生に診てもらいに行きました。
「好酸球性副鼻腔炎にお詳しい先生なんだろう」としか考えず、色々相談させてもらおうと思っていたのですが、今思えば、「手術が上手い」という意味の名医だったのかもしれません。
X先生に執刀してもらいたくて、わざわざ新幹線に乗ってまで訪れる人もいたらしい。
けれども、当時の私は手術に消極的でした。手術しても治るとは限らないらしいし、手術しても戻ってしまう人が多いらしいし、「どうせ手術をするなら名医にやってもらいたいけれど、出来れば手術は避けたい」と迷っていたのでした。
そんな姿勢が「治す気がない、やる気がない」と取られてしまったのかもしれません。X先生が苛立っているのがわかりました。すごく厳しい口調で色々言われて恐かった。手術を避ける後進の先生達がいる事にも怒っているようでした。きっと偉い先生なのでしょう。

山ほど手術をやっているX先生にしてみれば、手術なんて大した事ではないのでしょうが、手術した事のない人間にとっては、恐ろしいものです。大きな手術ではないのに、血栓がどうとかで手術後に亡くなった親戚もいます。少しでも安心させてほしいのに、そんな気遣いはしてもらえそうにありませんでした。
受診中は、恐さと「なんでここまでキツイ事言われなきゃいけないんだろう」という悔しさとで、涙が出そうでした。半泣きでした。帰り道、人がいない通りでは、本泣きしました。
自分が悪いのかもしれないし、恥ずかしいので、今迄記事にはしませんでしたが、本当にイヤな思いをしました。

アプローチを変えてみようと思い、さらに別の某医院、アレルギー科に行った事もあります。
そこでは「好酸球性副鼻腔炎については提携しているいい先生がいるので紹介します」みたいな事を言われたのですが、なんとそれが前述のX先生で愕然。
「診てもらった事あります」とは言えず、丁重にお断りしたのでした。あれにはビックリした……。

あれから何年経っただろう?
そんな苦い思い出があるので、今回のアレルギーセンター(?)でも「また手術をすすめられるのかな……」とハラハラしていましたが、なんと、
「今は、あまり手術はしないですね」
と言うではありませんか!
「手術しても治るとは限らないし、しばらく経つと戻ってしまう事も多いし」
というような事を言ったような気がしますが、都合の良いように解釈してるかもしれない(笑)。
いや、正確な言葉は既に忘れてしまったのですが、お話を聴きながら、
「そうでしょ、そうでしょ!! 私、間違ってなかったよね!!!」
と心の中で叫んでいたのでした。
前述のX先生が鬼なら、今回の先生は仏に思えました。
仏先生とのやりとりをX先生が見たら、「何言ってんだ!」と怒るかも?
時代が変わったのか先生による見解の違いなのか、どちらかわかりませんが、X先生に泣かされた事を、ようやくブログに書ける心境になれたのでした。

ちなみに、以前、

「デュピクセントって、鼻にも効く筈ですよね。それとも同時に何かしなくちゃダメなんですか?」
なんていう相談に乗ってくれる人がいません。

と書きましたが、
今回相談してみたら、「デュピクセントを打っていれば、同時に他に何かする必要はない」と、教えていただけました。
デュピクセントは従来の薬とは段違いな程、良い薬なのだそうです。
3か月位で嗅覚が復活する人もいるけれど、1年位経って復活する人もいるのだとか。
もっとも、薬をやめて戻っちゃう人もいるらしいんですけどね……。
手術やって戻る人もいるので、それに比べればましだと思います。

というわけで、デュピクセントを打っている私は、耳鼻科に通う必要はなさそうです。

ちなみに、今日はホウレンソウの香りがわかりました。
デュピクセントを打つ前よりは、匂いを感じる機会が増えてます。まだまだ、たまにしか感じられないのですが。
そして、鼻が詰まった時に稀に使っていた点鼻薬は全く必要なくなりました。
アレロック(オロパタジン)は、逆に鼻が出すぎる時に使っているのですが、週に1回位で大丈夫かな。
咳も抑えられていて、以前は朝と晩に使っていたシムビコートが、今は出かける前のみの使用で問題ないです。肺の影も小さいままで安定しているようです。デュピクセントのせいで一時的に上がった血中の好酸球値も落ち着きました。

これで、嗅覚が戻ってくれたら言うことなし、なんですが。

| | コメント (2)

2022.06.07

My death waits to allow my friends

今日のタイトルは「My death」という曲の歌詞から取りました。
オリジナルはジャック・ブレルですが、デヴィッド・ボウイがカバーしています。
"My death waits ○○" というフレーズがたくさん出てきて、「死」は色々な所で待ち構えているというか、身近なところにあると思わされる曲です。

» 続きを読む

| | コメント (4)

2022.05.29

ロッテ vs 阪神 交流戦

佐々木朗希投手、絶好調ですね。
私も160キロの速球、生で見たいー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022.05.17

長崎旅行4

ようやく気分が乗ってきましたが、
時間がなくなってきたので、後ろ髪を引かれる思いで駅に向かいました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022.05.16

長崎旅行3(バラ祭)

朝起きて、部屋のカーテンを開けると、海が広がっていました。
素晴らしすぎる……晴れていれば。
朝食はホテルのレストランでいただきましたが、やはり目の前は海です。
ああ、晴れていれば。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022.05.15

長崎旅行2(20年ぶりのハウステンボス)

今回の長崎旅行の一番の目的は恐竜博物館ですが、二番目の目的は千綿駅でした。(理由を知りたい方はここをご覧ください)。

恐竜博物館の最寄り駅(というには遠すぎ)の長崎駅から千綿駅はシーサイドライナーという電車で移動するつもりでしたが、その電車にそのまま乗ってるとハウステンボスに着くんですよね。
ちょっと気になって調べてみたら、なんとバラ祭の真っ最中じゃないですか!  2,000品種100万本のバラがあるそうで、その規模はアジア最大級なのだとか。
実は20年前、ハウステンボスのチューリップ祭を見に行きましたが、バラ祭は見た事がない……。
今回行っちゃう事にしました。たった1泊で、しかも長崎入りするのは夜なのに。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«長崎旅行1(はじめてのLCC)