好酸球性胃腸炎の方へ(固定記事)

いつからか、当ブログで一番読まれるのは好酸球性胃腸炎関連の記事となりました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.06.22

【語りたくなっちゃう曲】Strawberry Shortcakes

相変わらず、フジファブリックを聴きまくってます。

先日「志村さんのここが好き」というタイトルの記事を書きました。
そこで「ヘンなんだけどオーソドックスな事も出来る」と書き、「オーソドックスな名曲」として『若者のすべて』を挙げたんですが、「ヘン(?)な名曲」の中で私が好きなのが『Strawberry Shortcakes』なんです。

全体的には、すっとぼけた雰囲気。
キーボードがそんな空気を作ってます。
私、キーボードがメインの曲で好きな物ってあんまり思いつきません。つまり、キーボード・メインの曲の中ではこれが相当上位に入る位好きという事になりそう。

イントロから楽しくて、泳ぐ真似をしたくなっちゃう。踊り出すというよりも、なんだか水を掻きたい気分になるのです(笑)。

歌詞も心ひかれます。
「準備万端万端」
「ドンパンドンパンドンパン」
などの語感が良くて、歌い方が良くて、そのリズムに合わせたキーボードも面白い。

舞台は「皇居沿いの道」です。ランナー(マラソン?)が並んでスタートする所から始まります。
「始まるね」とワクワクさせておいて、「ところ変わって」とか言い出します。
ええっ、これからいい所かと思ったら、ところ変わっちゃうの?

「変わって」とはいいつつも、場所はランナーを見下ろせるレストランです。
望遠レンズでランナーを撮っていたカメラがぐぐーっと引いて、ビルの窓からレストラン内を映す様が目に浮かびます。うん、すごくハッキリ目に浮かぶ。こんなに光景をまざまざとイメージ出来る事は私にとっては珍しい。これは志村さんが見事というべきなのか?

が、その後はランナーの事には全く触れず、「僕」が「君」に見とれてデレデレしてる歌と化します。この2人、競技を見おろせるレストランを意図的に選んだのか、たまたま下で競技をやっていただけなのか、どちらかわかりません。が、たとえ前者だったとしても、もう「僕」は競技なんてどーでも良くなっちゃってるんだろうなぁ(^_^;)。

「君」がフォークを持つのを見て、「左利きー!?」と素っ頓狂に歌う志村さん。
「いや、そんな驚く事じゃないでしょ」という気もしますが。あ、そんなに驚いてないのかな。語尾が上がる歌い方がツボすぎて、自分の中でデフォルメして聴いてしまうみたい。私の脳内で勝手に強調しておいて、「そんなに驚かなくても」とツッコミを入れたくなるというおかしな状況。そんな事も楽しい。

その後は……

「残しておいたイチゴ食べて
クスリと笑う ずるいね
片目をつぶる君 さすがだよ
上目使いでこちら見たら
まつげのカールが奇麗ね」

だって。

「志村ー、その人危険! 逃げてー!」と叫びたくなる私。
気分は、富士吉田(志村さんの出身地)の元同級生(笑)。

富士吉田には、こんな女性はいないんじゃないでしょうか(偏見?)。
『茜色の夕日』の「君のその小さな目から大粒の涙が溢れてきたんだ」という歌詞を思い出しました。あちらは目の小さな女の子でした。こちらは「まつげのカールが奇麗」できっと目の大きい垢抜けた美人さん。
なんだろう、「富士吉田を忘れないでー」という気分になっちゃうんです。
「東京の女性にたぶらかされないでー」という気分になっちゃうんです。
私、東京生まれの東京育ちなのに。

もっとも、東京でもこんな女性見た事ありませんけど。
志村さんはこういう女性を見た事があるのか、それとも妄想なのか?
志村さんってば、こういう人が好きなの?

「こんな女性、いないよね」と思いかけましたが、「類は友を呼ぶ」というから、私の周りにはいないだけで、芸能界とか水商売とか華やかな世界にはいるんでしょうか?
イチゴを食べるというと、『ふるなび』のCMの中条あやみさんが思い出されます。ああ、あんな人だったら、イチゴを食べながらクスリと笑って片目をつぶったり上目づかいも出来るかも。そんな事されたら、やっぱり男性はデレデレになっちゃうか。

などと、色々妄想させられてしまう歌なのでした。
ちなみに、私はまつげが無茶苦茶短いです。奇麗なカールなんて、夢のまた夢(泣)。

「この曲の動画ないかな~」と思い検索してみたら、トライセラトップスの和田唱さんが歌っているヴァージョンしか見つけられませんでした。
邦楽をあまり聴かない私が最後に買った邦楽CDってトライセラトップスだったかも。「やっぱり好きな物ってリンクしてるんだなぁ」と、びっくり。

| | コメント (0)

2019.06.18

洪庵先生の十年後

その昔、ドラマ『浪花の華』が好きでした。

最終回の後、私は当ブログにこんな事を書いていました。

栗山千明さん扮する左近が良かった。
最後まで凛々しく強く格好いい女剣士でした。
そして「野暮天・本の虫」、窪田正孝さん扮する緒方章(後の緒方洪庵)も、良かったな~。侍好きな私ですが、医者もカッコいいよ!!
やっぱり何かを極めようとする人はステキですね。それが剣の道であれ、医学の道であれ。
この2人が互いに魅かれ合いつつも、結局何もない所も好き。

あれから十年、窪田さんが医者役としてドラマに戻ってきました(正確には医師免許を持つ技師)。
『ラジエーションハウス』です。

昨日が最終回でしたが、私の感想は↑と似ています。ヒロインは栗山千秋さんではなく、本田翼さんですけどね。
『浪花の華』は幕末のお話、『ラジエーションハウス』は現代のお話(漫画が原作)ですけどね。

ちなみに、ドラマ『JIN-仁-』には年を取った洪庵先生が登場するのですが、あの洪庵先生(武田鉄矢さん)も素敵で、なんか『浪花の華』→『ラジエーションハウス』→『JIN-仁-』が続き物のように思えてしまったのでした。窪田さんが武田さんになるのはどうかと思いますが(笑)、とにかく偉大な医師(技師?)になるって事で。

10年前の窪田さんは20歳ですから初々しくてかわいい部分があったのは当然ですが、30歳の窪田さんがヒロインの前でデレ~っと子供みたいなかわいい笑顔になるのにはちょっと感動。なのに、ヒロインを助けるために(手術を)「代わります」とキリリと言うシーンは無茶苦茶カッコ良くて、そのギャップにもうっとり。窪田さんって、普段は地味目な感じなんですが、劇中では時々すっごく輝く瞬間があるんですよね~。大河『平清盛』の演技も忘れられないなぁ。
来年のNHKの朝ドラの主役に抜擢されたみたいですし、まだまだ勢いは止まりそうにないですね。

『ラジエーションハウス』は、ちょっぴり群像劇っぽくもあり、登場人物がイイ人ばかりというのもストレスなく見られて良かったです♪ 悪役に見えた浅野和之さんが意外とイイ人というのは嬉しかった。
終わってしまってとても寂しいんですが、なんと来週は2時間スペシャルが放送されるそうで嬉しい! 楽しみ!

窪田さん演じる五十嵐の子供時代の事をヒロインが憶えていないというのが不思議で、WEBで調べてしまいました。あんな事があったのかー! 結構重要なエピソードなので、もしスペシャルでも取り上げられなかったら続編があると期待しちゃいます。

 

しかし……
私、結構な頻度で同じ病院でレントゲン撮ってもらってるんですが、技師さんの顔も名前も誰一人憶えてないなぁ……。

| | コメント (0)

2019.06.14

志村さんのここが好き

体調不良の為一時期聴くのを(自主的に)禁止していたフジファブリック、
体調回復に伴い解禁しました(^^;)。

「フジファブリック大好きになっちゃった」と言いたいところですが、志村正彦さん死後の作品にはあまりときめきません。クオリティは高いと思うんですが、なんか「違う」と思ってしまう。どうも、私には爽やか過ぎるみたい……。
そこで、志村さんのどこが好きか考えてみました。

1.歌がうますぎない

プロとしては特別上手い方じゃないのかもしれません。
でも私、歌がうますぎる人苦手なんで。
自分の歌に酔ってるようなタイプは苦手なんで。

「自信があるわけじゃないけど、なんとかして伝えたい」という感じの人が好きで、その為の創意工夫をしている人が好きです。
音痴は苦手ですが、「声量がない」とか「声域が狭い」とか「テクニックが足りない」とかは気にしない。

志村さんからは「伝えたい」という気持が伝わってきます。淡々と歌っているようでいて、曲によって表情が違うし、なんかニュアンスがいいんですよね。表現力が(無さそうで)ある!

"Bye Bye"の「手はもう離してしまった」という歌い方には、胸を締め付けられます(>_<)。
この曲はもともとPUFFYの為に書かれたそうで、PUFFYが歌っているのも雰囲気は全然違うけれど、いいですね♪

 

2.ヘンなんだけどオーソドックスな事も出来る

これ、デヴィッド・ボウイにも通じる部分だと思います。
私、基本的にはヘン(oddity)なのが好きな気がする……。
でも、あからさまにヘンなのは困る。変態までいっちゃうのはイヤ(笑)。
いざとなったら普通のフリが出来て、しっかり普通の名曲も書けるんだけど、なんか引っかかる「ヘン」な部分があるのが理想です。

オーソドックスな名曲といえば、「若者のすべて」。
↓はMr.Childrenによるカバーですが、桜井さんってば途中で観客に歌わせてます。ミスチル・ファンはこの曲を歌えるのか! そんなに定番になってるのか!!(驚)

「共感できるのは志村さんのオリジナル・ヴァージョン、でも、なりたいのは桜井さん」みたいな事を書いてる人がいて納得。

3.曲がいい

「テンポは早いけどマイナー調」というのが私の好みなんですが、志村さんの曲にはそういうの多いです。
あと私、転調好きなんですが、それも多い。

4.引き出しが豊富で飽きさせない

アルバム単位で一番好きなのは今のところ『CHRONICLE』なんですが、たとえば「All Right」と「タイムマシン」のギャップは凄すぎ。

「All Right」のイントロとサビはヘヴィすぎます。志村さんはAC/DCがお好きとの事なので、納得。周りは轟音でも志村さんのボーカルはいつも通りでそこが面白くもあるんですが、シャウトは一転、「誰これーっ!?」という感じ。あれ、志村さんなんですか? びっくりびっくり。
続く「タイムマシン」は真逆の静かなバラードです。

ストーン・テンプル・パイロッツの『Tiny Music...Songs From The Vatican Gift Shop』を聴いた時の感動を思い出しました。って、わかりづらいたとえですみません。どちらも、一枚のアルバムの中で起伏が激しいという意味です。どちらも、バラバラなようでいてまとまっているようにも思えるのですが、賛否両論あるところも共通点かな。そしてボーカルのスコット・ウェイランドは志村さん程ではないけれど夭逝(泣)。

5.コーラス・アレンジも好き

といっても、私が好きなのは爽やかコーラスではなくて、一部の曲に使われている低音コーラス。本当は低音ボイスが好きなので、ああいうコーラスはたまりません。

6.興味をひかれる歌詞

歌詞に関しては、面白い部分もありツッコミ入れたくなっちゃう部分もあり……

歌詞について語ると自分の内面についてもうっかりさらけ出しちゃいそうなので、
「なるべくしませんが それもどうだか分からないんです」

なぜか、タイトルはありきたりですね。
どこかで誰かが使ってそうな物ばかり。
シングル曲のタイトルを並べてみると、「桜の季節」「陽炎」「銀河」「虹」「若者のすべて」「Sugar!!」って……。
「もっとひねってこい!」と、誰かに言われないのかな。逆に何かこだわりがあるのかな。わざとなんでしょうね。
ありふれたタイトルでも後ろに「フジファブリック」って付くと一気に個性的には見えてくるので、バランスが取れてるといえなくもない。

「夜明けのBEAT」も、どこにでもありそうなタイトル。でもPVの森山未來さんのダンスはありえない位すごい!

| | コメント (0)

2019.06.12

CRP

前々回の記事(5月22日)に、左胸に激痛が走った話を書きました。
翌日には「無事普通に吸入出来るようになりました!」なんて追記も書いて、「めでたしめでたし」な感じでしめてますが、あれで終わってくれませんでした。

「治ってきたな~」と思った頃にぶり返した(汗)。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019.06.04

音楽さえあればいい

SpotifyのCM、ひどいですね(笑)。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.05.22

ステロイドとの再会

といっても、好酸球性胃腸炎ではありません。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«MANSAI◎解体新書その弐拾九「発酵」