2020.01.12

【語りたくなっちゃう曲】Teenage Wildlife

最近フジファブリックばかりを聴いてましたが、デヴィッド・ボウイの誕生日から命日にかけてはボウイの曲を聴いてました。
その中で妙に気になったのが"Teenage Wildlife"。

という事で、この曲について記事にしてボウイの命日にアップしようと思ったのですが、間に合わなかったー。無念。

気を取り直して。

今まで気にもとめていない曲でした。
イントロは平和な感じです。
「若い頃を懐かしんでる曲かなー」位に思ってました。
長いんで、途中で飛ばしちゃう事も多い曲です(ごめんなさい)。

でもこの曲のボウイは何だかすごいですね。
前半は「ちょっと変わった歌い方してるな」位なんですが、3分過ぎあたりからは「どうしちゃったの?」とびっくりする位の熱唱。何をそんなに一生懸命歌い上げているんだろう?
かと思えば、すっとトーンダウンします。

昔、CDに付いていた日本語訳は読みましたが、あまりピンと来ませんでした。
それ程好きな曲でもないから、詳しく調べようともせずに放置してました。
ボウイの歌詞は難解な物が多くて、わからない物はさっぱりわからないんです。自力解決は無理です。
でも、今回はあまりにも切実な歌声が耳についてしまったので調べてみました。
ネットが普及してから、この曲について調べるのは初めてです。

WEBをさまよっていたら、「Teenage Wildlife」を「破滅的ロックスター」という風に解釈している方を見つけて、すごく納得しました。
そして、この曲が収録されているアルバム『スケアリー・モンスターズ』の事を
「『自ら“カルトスター・ボウイ”を葬る』アルバム」と評していたのでした。

あの切羽詰まったような"I'm not some piece of teenage wildlife"という絶叫には、「teenage wildlife」と訣別する意思表明という側面もありつつ、淋しさやしがらみや不安など様々な要素が含まれているのかな。
あの曲が情緒不安定に聞こえるのは、複雑な思いが込められているからなのかな。
ジギーとは訣別した筈なのに、当時はまだその亡霊につきまとわれていたのかな。

"Well, David, what shall I do?"
という若者(破滅的なロックスターに憧れる青年?)の問いに、
"Don't ask me, I don't know any hallways"と突き放し、
"I'm not some piece of teenage wildlife!"
と叫んで逃げるような光景が目に浮かびました。
こんな風に感じる事は初めてだなぁ。

この曲はリアルタイムで聴いたわけではないので、初めて聴いた時はボウイの状況は全く知りませんでした。
ボウイがずっと過去の曲を歌いたがらない理由もわかってなかった(今も完全にわかってるとは言えないけど)。

かつての「破滅的なロックスター」は、次のアルバム『レッツ・ダンス』で「クリーンでみんなに愛されるロックスター」となりました。ボウイは確かに「piece of teenage wildlife」ではなくなりました。

『トゥナイト』の宣伝に「時代がボウイに追いついた」みたいな事が書いてあったような朧気な記憶があります。
80年代前半のボウイはまさに「時の人」でした。
そのせいで、また新たな問題が生じてしまうようですが、それはまた別のお話。

| | コメント (0)

2020.01.04

思い出のカセットテープ

  『世界ふれあい街歩き』のブリクストンの回の留守録失敗してました。早くも今年初失敗(>_<)。ちなみにブリクストンはデヴィッド・ボウイの出身地です。

さて、
年末最後に「さよならバラコン」という記事をアップしました。
カセットデッキを処分するならカセットテープも処分するべきなのかもしれないと思い眺めてはみたものの……なかなか踏ん切りがつきません。

写真を撮ってみました。

テープは必要な時に安売りしていた物を買っていたので結構バラバラ。並べた時にきれいなのでジャンルごとではなく、メーカー毎に並べていました。

多いのはSONY。

Tape01    Tape02  

SONYがよく安売りしていたというわけではなく、同じ値段の物が複数あったらSONYを選んでいたという感じ。

次に多いのはTDK。
色で合わせてTDKとSONYを並べている事もあります。

Tape03 Tape04 Tape06

maxellも好きだったなー。

 Tape07Tape09

AXIAはルックスに魅かれました。透明なボディ。ケースの角は丸くて当時は斬新でした。後に他社も角が丸いケースを出しますが、AXIAが最初だったんじゃないかな?

Tape08

あとはThat'sを使ってました。これもボディは斬新でした。

FM Station誌(以下FSと表記)を愛読していた私は、その記事を切り抜いてレーベルにする事も多かったです。あの雑誌はカセットテープを意識したサイズで写真や名前を印刷してくれていたように思います。

Tape05

驚いたのがリック・スプリングフィールド。
なんと彼のカセットレーベルが売っていたんです。当時、結構人気あったんですね~。

 Tape11 Tape10

5枚セットですが絵柄は2種類でした。
写真左から2番目と横向きの物ですね。残りはFSから切り抜いた写真です。
1番左は似顔絵ですね。FSではアーティストの似顔絵の連載もありました。

 Tape13  Tape14Tape12

ボウイはCDを揃えようと思っていましたが、レコード会社移籍に伴いRCA時代の日本版CDを買えない時期があったのでやっぱりカセットテープのお世話にもなってました。これじゃアルバム名がわかりませんが、「頭部は初期、首の辺りは中期」みたいな感じで当時は大体おぼえていました。

初めてレンタルショップから借りて録音したのはビートルズ。忘れもしないSONYのAHFでした。
微妙なコンピレーションアルバムですが、すり切れる程聴きました。ビートルズの歌で唯一歌詞を見ないで歌えるのが"Do You Want To Know A Secret" というちょっと珍しいパターンになったのは、このテープのせいです。
ワープロ専用機でためしに印字してみましたが、あんまりキレイじゃないのでインレタに戻りましたが、インレタは剥がれる事もあるのが玉にキズ。紙質にもよるんでしょうね。水色のレーベルのビートルズは悲惨な事になってます(汗)。この時、NHKFMで5日連続とかでビートルズの大規模な特集をやっていて、それを録音しました。使ったテープはバラバラだったので統一感を持たせる為にわざわざレーベル買ったのに、こんな汚い事になってしまい、「付属のレーベルを使った方がいいや」と思うようになったのでした。

ずっとインレタを使ってましたが、パソコンのプリンターを買ってからはパソコンで作るようになりました。簡単にはなったけれど、インレタのレーベルほどの思い入れはないかな。

とはいえ、いただき物もありますし……あ~、やはりもったいなくて捨てられない~。

1/11追記
SYUNJIさん宛のコメントに写真を入れようと思ったのですが、コメント欄には入れられなかったのでこちらに載せておきます。FS誌の番組表欄から曲名を切り抜いて貼った物です。

B

「次は『アビイ・ロード』のLPのB面を最後までかけます」的な事を言っていたような朧気な記憶が蘇ってきました。
インデックスのA面が微妙に謎。貼り間違いなのか、本当にこの順なのか……?
今となってはどうでも良い事ですが。

| | コメント (2)

2020.01.03

あけましておめでとうございます

紅白歌合戦のYOSHIKISSにはびっくりしました。
YOSHIKIさん、前年はサラ・ブライトマンと共演で今回はKISSとって、ギャップ凄すぎ♪
『芸能人格付けチェック』に出てくれなかったのは残念でしたが。おかげで鬼龍院さんが……気の毒というか面白かったというか(^^;;)。
その『格付け』、最初の50分位をGacktさんだけに使ってましたね(凄)。

という感じで、
今年は無事、元気にお正月を迎える事が出来ました。

年越しそばは、十割そば。
「小麦粉の入っていないおそばはマズイ」というイメージがありましたが、美味しかったです。
お雑煮とお汁粉も普通にいただきました。栗きんとんも食べました。
かまぼこ・伊達巻き・昆布巻きなどの魚料理は、人が食べるのを眺めるだけ。
大好きな数の子は今年は食卓に上がりませんでした。
そんなこんなで、残念な事もあったけれど、去年の事を思えば天国のようなお正月でした。

01_20200103231301 02_20200103231301

初詣が今年は夕方になってしまった~(並んでいるうちに暗くなってしまった~)。

今年は腹痛の事は書かないですむといいなぁ。
皆さまも健やかな1年を過ごせますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019.12.30

さよならバラコン

オーディオの「バラコン」という言葉は死語なのでしょうか?
WEBで検索したら、腰痛ベルトばかりヒットした……。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.12.28

あなたはジャンルにとらわれていません

今日のテレビは観たいものだらけで大変でした。
なんでこんなに集中したかな。
夕方に時代劇専門チャンネルの宝塚版『るろうに剣心』。
7:00からは迷った末に『ワイドナショー』を観て、その後は『ディープインパクトの遺志をのせて』『川崎宗則 再起への誓い』『野球レジェンドの目撃者~落合博満~』を観ました。『ジョブチューン プロ野球ぶっちゃけ祭り』と『戦国武将選挙』と『ドラえもん ひみつ道具と科学』は録画。……ビデオ消化出来るのかな?

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.12.24

かけがえの無いものでありつづけます

今日は志村正彦さんの命日です。十回忌です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.12.22

衝撃の4分間

今日のタイトルは、全日本フィギュアの実況から取りました。
鍵山優真選手が滑り終わった際に出た言葉です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«万歳!!