2019.11.16

ありがとうランビエール

フィギュア・スケート大好きなんですが、最近のフィギュア界には気が滅入るような話が多いです(>_<)。

フィギュアって、シビアなスポーツですね。
勝負の世界は厳しいものだけれど、1人で戦う個人競技は、団体競技とは違った厳しさがあるような気がします。一見華やかな競技で光り輝いているように見えるけれど、その分影も気になる……。

以前、拒食症について書きました。
リプニツカヤ選手の報道に胸を痛めました。

かつての世界女王・メドベージェワ選手が苦しんでいるのを見るのも辛かった。後輩のザギトワ選手に負けたのは悔しかっただろうなぁ。

そのザギトワ選手に引退勧告というショッキングな見出(数ヶ月前の記事だったんですけど)を見かけてびっくり。

先日、「競走馬が活躍出来る期間は短い」という話を家でしてました。3年位? 武豊さんなんて30年以上も活躍しているのに。
馬と人間を一緒にしちゃいけないはずですが、15~16歳でデビューして20歳前に引退するパターンのロシア女子選手のなんと多い事か。競走馬並じゃん(>_<)。

男子選手はケガが多いですね。
羽生選手は金メダルを取れたから良いようなものの、五輪直前のケガは本当に大変そうだったし、彼の場合は震災を経験しています。苦労人です。

高橋選手もケガには泣かされてました。
本田武史さんも出場辞退する程ではないにせよ、なんかケガばかりしていたような。っていうか、当時は無理してでも出なくちゃいけないような状況だったかも。

そんな怒濤のフィギュア界で……
宇野選手は、一見順風満帆に見えました。なんだか、ぽわわーんと平和なイメージ。良くも悪くも勝負師の雰囲気がありませんでした。「全てを犠牲にして戦う」なんていうスポ根的な感じはなかったし、っていうかスケートよりゲームに夢中なんじゃないかと思った事もあったし(ごめん)、勝負に執着している感じは全くなかった。初めてのオリンピックで「緊張しない」とか言ってたし、銀メダル取っちゃったし、ニュータイプ?
が、そんな彼でさえ、もがき苦しむ日が来てしまうのでした。恐るべし、フィギュア。

オリンピックで銀メダルを取ってしまったら、いくら欲がない人でも「次は自分が世界一になってもいい」と思っちゃいそうです。それが、昇り調子の若い人なら尚のこと。
が、あれ以降、どうもペースが狂ってしまってる感もある宇野選手でした。
先日のフランス杯ではまさかの8位。
順位にも驚いたけれど、彼の涙にもびっくり。勝負に無頓着に見えた彼でも、やっぱりあの演技では悔しくて泣くのですね。
……と思いきや、あの涙は、「不調な演技だったにもかかわらず大歓声が送られたことへのうれしさからで、言葉では表現できない涙だった」と書かれた記事を後から見たんですけど。あれれ、勘違い?

私は宇野選手のファンというわけではないのですが、実力のある選手がその力を発揮出来ずに惨敗するという図を見るのは辛いです。コーチ不在というのも切ない気分を増長させました。

そして迎えたロシア杯。
フランス杯ほどではないにせよ、良いとはいえない状況。フリーではジャンプを一つ抜かす(タイミングが合わなかったのか飛ぶ体勢にすら入らなかった)という驚きの事態に。が、終盤に見事に付け足して(笑)、なんとか大惨事は免れました。

そしてランビエール(臨時コーチ)の笑顔。
「ジャンプ抜かしちゃったけど、よく最後に入れたねー」って笑ってるように見えた。
抜かした事を責めるんじゃなくて、フォローした事を褒めてくれたような気がした(全くわからないけど)。

選手時代からランビエールは大好きなので、そんな彼が笑顔で迎えてくれた事が本当に嬉しかったです。多分宇野選手、自分でも「最後なんとかジャンプ入れられて良かった」と思っていただろうけれど、誰かに受け入れてもらえると、きっと嬉しいだろうなと泣けてきた(^_^;)。一番苦しい時に、手をさしのべてくれたのがランビエール。

やっぱり一人のキスクラは寂しいかな。誰かがいてくれた方がいいと思う。それがランビエールだったらいう事なしっ! ホント、ランビエールがいてくれて良かった。というわけで、タイトルの「ありがとうランビエール」につながるわけです。
フィギュアを見ていて久しぶりに楽しい気分になれました。まさか、こんな事で自分が泣くとは思わなかったけど(苦笑)。

ランビエールはヴァシリエフス選手のコーチだし、島田高志郎選手も見てるし、忙しいとは思うんだけど……このまま宇野選手のコーチも続けてほしいなぁ。
あ、ヴァシリエフス選手のフリーのプログラム(ランビエール振付)、すごく好き♪

| | コメント (0)

2019.11.09

マリアとアマゾネス(ドラクエウォーク)

 かつてネットワークウォークマンを愛用していた私は、
「これさえあればスマホなんていらない。電話はガラケーでOK」と思っていました。
が、ネットワークウォークマンでは『ポケモンGO』ができませんでした。
あの時初めて、「スマホ欲しい……」と思ったっけ(ばか)。

その後、ポケモン目当てに……ではなく、
仕事でスマホを持っていた方が良い状況になった為、iPhoneを持つようになったのですが、その頃には『ポケモンGO』ブームは下火になっていて、「今更『ポケモンGO』でもないよね」という気分で結局手は出さず。それでも、位置ゲームには憧れを抱いていました。

なので、『ドラゴンクエストウォーク』が出た時は「待ってました」とばかりに飛び付きました。位置ゲームじゃなくてもドラクエ好きだし。

RPGの登場人物に付ける名前にはその時の私の趣味があらわれます。
ゲームの世界観を壊したくなくてデフォルトにしておく事もありますが、某野球チームの選手の名前ばかり付けて世界観を完全に壊してしまった事もありました。

一番多かったのは、魔法を使える人に「デヴィッド」、戦士や勇者に「ジョン」と名付けるパターン。
デヴィッドはもちろんデヴィッド・ボウイを意識してます。
ボウイは映画『ラビリンス』で魔法を使えるゴブリン・キング役を熱演していたので、お似合いだと思いました。
「ジョン」は、ジョン・ボン・ジョヴィから拝借。

主人公に自分の名前を付ける事もありましたが、大概ゲームでは戦士や勇者が主人公なので私の中では「ジョン」がほぼ主役を担ってきました。

が、『ドラクエウォーク』では異変が起きてしまった。というか起こしてしまった(^^;)。
主人公は戦士ですが、性別は選べたので女性にして、自分の名前を付けてしまいました。
魔法使いは当然「デヴィッド」。
武闘家は悩みました。「斎藤一」にしようかと思ったんですが、漢字は入れられない。「さいとうはじめ」じゃ長すぎるし、「さいとう」や「はじめ」だとなんか違う。なので鞍馬天狗にしようと思いました(野村萬斎版)。鞍馬天狗は「天狗」と呼ばれていたので「てんぐ」で決定。紫頭巾はないけれど、髪の毛を紫にしてみたっ!

そして、僧侶をなんと、「シムラ」と名付けてしまいました。きゃー(笑)。
志村正彦さんの「シムラ」です。私のゲームに登場するのは初めてです。大抜擢。
気付けば、長年主役をはってきた「ジョン」の出る幕がなくなっていたのでした……。ごめん、ジョン。

Walk1

武器は自分の意思では選べずガチャ(ふくびき)頼みです。
が、私は斬鉄丸という名前のステキな剣を持つ事が出来ました。もっと強い剣はあるみたいなんですが、日本刀なのがとにかく嬉しい。しかも斬鉄剣(『ルパン三世』の石川五ェ門の剣)みたい。やったー♪

  笑ったのは「シムラ」の武器。ペロリンステッキだって。まるでキャンディじゃないですか。かわいすぎる~。いや、「デヴィッド」に持たせてWalk2も良かったんですけどね、「シムラ」の方が似合ってると思いました。ぷぷぷ。

という感じで、3人の男性を引き連れる女戦士な私ですが、そろそろ転職を考えてます。アマゾネスってキャラでもないしー。どちらかといえば元々私は「僧侶」に近いのではないかと。癒し系になろうか? マリアみたいな? 今日のタイトルにした「マリアとアマゾネス」はフジファブリックの歌のタイトルでもあるのでした。
とかいいつつ、本当は「魔法使い」になりたい。でも、攻略サイトによると戦士は盗賊に転職すると何かと都合が良いらしい。うーん……盗賊にはあまり憧れないのですが……どうしよう……?

かつては自分が電車の中でゲームをするなんて考えられなかったのですが、ついにやってしまいました。移動速度が速過ぎると路上のデータを読み取らない仕様になっているみたいなんですが、停まると「チャンス!」と思ってスマホを開いてしまう自分がいます。呆れます。我ながら信じられません(>_<)。今までだったら電車が止まるとイライラしていたのですが、今は数分の遅れなら「ドラクエウォーク」があるからウェルカムです(^^;)。

かかりつけの病院にはバスで行くのですが、路線バスはいいですね。しょっちゅう停まるから丁度イイ感じでゲームを進める事が出来ました。バス嫌いなのに、今はバスに乗るのがちょっと楽しみ(^^;)。

ラグビーテレビ観戦の合間にもよくやりました。Walk3
日本戦の時はもちろん観戦に集中していたんですが、外国チーム同士の対戦だと試合中にもやっちゃってたかな(^^;)。

モンスターを入れて写真を撮る事が出来るので、こんな写真を撮ってみました。
ラグビーの観客とメタルスライムのボトルキャップと猫ピッチャーのフィギュアを背景にしたスライムです♪

これ、いつまでやるのかなー?
今までのドラクエだったらエンディングがあったけれど、この手の端末のゲームって終わりが見えないですね。飽きるまでやる感じ?

| | コメント (0)

2019.11.07

インフィニティ・ダイヤモンドヴェール

このタイトル見ても「何の事やら?」って感じですよね。

今日仕事帰りに見えた東京タワーが変わった色をしていました。
一瞬、「井上尚弥選手の試合に合わせてのライトアップ?」と思いましたが、そういうわけではないらしい。
井上選手の試合、無茶苦茶楽しみにしていたんですが、一応タイマー録画はしておいたので「間に合わなくなってもいっか」と寄り道。東京タワーに吸い寄せられてしまった私です。

数秒ごとに色が変わってた~。

07  08

03_20191107235301 01_2019110723540102_20191107235301

1004_2019110723540109          

写真撮っている外国人がたくさんいましたが、都民の私も撮りまくり。
あー、携帯じゃなくてデジカメ持ってきていれば。

このライトアップの事を「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」というんだそうです。
今日から始まったらしいです。

そして、井上選手の試合、凄かった! ホントにホントに凄かった!!
今まで当ブログでは井上選手に対して「凄い」という言葉を使いまくってきましたが、今回の「凄い」は今までとちょっと違いますね。壮絶な試合でした。

井上選手の体にも、赤い血が流れてたんですね(当たり前)。
「今まで試合で顔を傷つけられた事なかった」という事実もすごいけど、流血にびっくりどっきり。ドネア選手、強かったー。
一時は「まさか負けちゃうの!?」とハラハラしましたが、井上選手はやっぱりMonsterでした(血は緑とかじゃなかったけど)。

試合後に敵と味方が健闘を称え合って抱き合ったりするのはマナーというか形式化したもののように見える事もありますが、今日は本当に「お互いリスペクトしあっているんだろうなぁ」と思えました。いい試合だった!

随分早いラウンドで「ドラマの時間ですが、ボクシング中継を延長します」みたいなメッセージが流れたのには笑った。また秒殺だと思ってたのかなー>フジテレビの人。

| | コメント (0)

2019.11.04

ユーミン、フジファブリック、エルトン・ジョン

週末の『SONGS』、録画したものを今日観ました。
ゲストは槇原敬之さん。
カバー曲を歌うのが好きな事をお話しされ、3曲披露してました。ただ歌うだけではなく、それぞれの曲の良さを解説してから歌ってくれました。

この並びがすごすぎる。
フジファブリックが松任谷由実さんとエルトン・ジョンに挟まれるなんて。
偏らないように、バランスを考えたんでしょうけど、それにしても素晴らしい。
「若者のすべて」が"Hello, my friend"、"Your Song"と肩を並べているみたいで。なんだか感無量。

槇原さんが「若者のすべて」を絶賛している記事はWEBで読んだ事あるけれど、実際槇原さんの声で、しかもNHKで、
「この曲は……雷に打たれたような衝撃がありましたね」
などと語っているのを耳にするのは、とても嬉しい事でした。

「すごく後になってからこの曲を知ったんですよ」ともおっしゃっていて、
「同じ同じ!! 私も知るのはすごく遅かったけど、聴いた時に衝撃を受けました!」と共感しまくり。

槇原さんは「まぶた閉じて」という部分が特にお好きだそうで「普通ならそのコードいかなくない?」と聞き手の大泉洋さんにおっしゃってました。

ああ、そこも同感。いや、私の場合は「まぶた閉じて」の部分ではそれ程感じなかったのですが、志村さんの曲からはしょっちゅうそういう「普通じゃない感じ」を感じさせられるのがたまらなく好きなんです。

志村さんの曲のコード進行にしびれる事は多すぎ。
歌詞はあまり好きではない『茜色の夕日』もコード進行はとてつもなく好き。
普段コードの事なんてあまり考えないのに、フジファブリックを聴く時には気になる事が妙に多いんですよね~。メロディーも素晴らしいんだけど、「このコード進行ならもうイイに決まってる」みたいな。
っていうか、メロディーはそれ程でもないんだけど、コード進行がとてつもなく好きな曲もあって、いつかネタにしようと思っていたのに……どの曲の事だったか忘れた(^_^;)。また思い出したら書くかも。

とにかく、槇原さんに熱く語ってもらえて、ちょっと感動しちゃいました。
槇原さんがおっしゃれば説得力あるだろうし、志村さんの凄さが多くの人に伝わるよね(泣)。

別曲ですが、藤井フミヤさんがフジファブリックを従えて、「フジイファブリック」として"TAIFU"を歌っている動画を見つけたので、あの曲について語った過去記事にリンクを貼っておきました。

そうそう、入手に60日以上かかるといわれて打ちのめされた『アラカルト』ですが、無事手元に届きました(ほっ)。
その『アラカルト』と『アラモート』の、なんと12インチアナログ盤が数量限定で来月発売されるそうです。別にアナログ・ファンではないですけど、CD入手も難しいようなインディーズ時代の作品の12インチが出るとは。びっくり~。

12月は志村さんの命日があるので、「ひょっとしたら『東京、音楽、ロックンロール』の再発(2011年の新装版より新しいヤツ)が出たりして♪」と期待していたのですが、そういうニュースはない……ですよね。
がっ、知らぬ間に(汗)、最近ネット書店のあちこちで新品を売っているのを見かけるようになりました。再発じゃなくて、増刷? 重版?……なんだかよくわからないけど、中古に手を出さずに待ってて良かったです!(中古が結構な高値で出てたから怒ってました)

| | コメント (0)

2019.11.02

報告会(ラグビーW杯)

府中を本拠地とする
「東芝ブレイブルーパス」と「サントリーサンゴリアス」の選手のパレードを府中でやる、
というニュースを見ました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019.10.27

がんばれ! アーモンドアイ

京王線の新宿駅は、ついこの前までラグビー一色だったのに、既に天皇賞(競馬)一色になっちゃってました。もう東京スタジアムでの試合はないので、仕方ないか。

だからというわけではありませんが、競馬の天皇賞を見に行ってきました。
「第160回天皇賞(秋)」という文言の前に「天皇陛下御即位慶祝」と付いてました。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019.10.19

最近心に留まった「ないものねだり」

フジファブリックのアルバム『CHRONICLE』の中で、志村正彦さんが一番気に入っている曲は「ないものねだり」だと、何かで読んだ(聞いた?)事があります。なので「語りたくなっちゃう曲」として、これについて書こうと思ったんですが、他にも「ないものねだり」関連で書きたいタイムリーな事があるので、まとめて書くことにしました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«JAZZ IN FUCHU 2019