2018.05.23

栄光のエンブレム

悪質タックル問題、胸が痛みます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018.05.22

Pretty Pink Rose

退院祝いに、いただいた……
わけではなく、自分で買いました(^_^;)。

R1 R2

赤いバラもきれいで、どちらにしようか随分迷ったんですが、買ってから、「かわいいなぁ。prettyだなぁ……」と思い、「はっ、"Pretty Pink Rose"!」と思い出した次第(遅っ)。
デヴィッド・ボウイのファンの方なら、わかりますよね。

まったく憶えていなかったのですが、"Pretty Pink Rose"って、Sound + Vision Tour 東京公演で披露してたんですね。ちょっとびっくり。
当時はエイドリアン・ブリューまでは追いかけていなかったので、この曲やられてもわからなかったかもしれない。なんの感慨もなく聞いていたのかもしれないなぁ、もったいない。

イギリスからこんなエアメールが届きました。

Wed1

ヘンリー王子結婚記念切手の案内です。
以前ボウイの切手を買ったからなんでしょうけれど、ちょっぴりイギリス王室を身近に感じたりして。

| | コメント (0)

2018.05.21

おそるべしステロイド

今、当ブログでもっとも読まれているのは『好酸球性胃腸炎その後』という記事です。
2年以上前の記事なのですが、常時コンスタントに読んでいただけてるようです。
好酸球性胃腸炎に興味のある方が、当ブログに来て下さってるという事なんですね。
今回再発した事もあり、好酸球性疾患についてのページを作ってみました。
過去記事を順を追って読めるようにしたINDEXページです。
興味のある方はこちらからどうぞ。
サイドバーの「Pick Up」の欄からも飛べるようにしておきました。

では本題。

好酸球性胃腸炎にはステロイドが有効らしいです。
が、ステロイドには副作用もあります。
喘息で使っている吸入薬のレベルなら大した事はないようなのですが、一定量を飲むとなると、胃潰瘍や骨粗鬆症、感染症ほか、様々なリスクがあるそうです。

5年前に好酸球性胃腸炎になった際も、ステロイド治療は提案されました。
その時は胃潰瘍のリスクしか教えてもらわなかったのですが、胃薬と一緒に飲む必要があると言われ、
「胃腸炎なのに、更に胃を悪くしちゃう薬を飲むの?」
と驚いたっけ。
実際飲んで三日目位にお腹が痛くなりました。
当時はしょっちゅうお腹が痛くなっていたのでステロイドのせいとは限らないのですが、吐く事も多く、「薬飲んでも吐いたら意味ないのでは?」とも思ったっけ。

その頃はまだ好酸球性胃腸炎は珍しく、先生もあまり詳しくないようで、さらに大きな病院や大学病院で相談してみる事も提案されたので、ステロイド治療は一旦中断してそれきりになりました。
が、大きな病院を訪れてみても画期的な治療法があるわけではなく、結局「病院で出来る治療はステロイド投与のみ」という事がわかりました。
あれから5年経っても、その状況に変わりはないようです。

5年前は普通に物が食べられるようになる迄、半年程かかりました。
救急車を呼びたい程の痛みに何度襲われた事か……。
「今回もステロイドを使わなかったらそれ位かかるのかも」と思ったら、萎えました。「無理!」と思いました。
「苦しい期間は少しでも短くしたい」と感じ、「ステロイド使用やむなし」と思えたのでした。

とはいえ、いきなり「一日五錠(25ミリグラム)」と言われた時は怯みました。
5年前はもっと少なかったのでその旨言ってみると、通院と入院では違ってくるのだそうです。通院だと心配だけど、入院だと何かあってもフォローがしやすいので安心して多目の投与が出来るという事っぽい。

改訂第3版ステロイドの選び方・使い方ハンドブックステロイド服用後、好酸球値はすぐに下がったそうです。
なのに症状は改善せず、「なんだよ、好酸球が下がってもダメなんじゃん……」とやさぐれかけました。が、1週間経った頃から痛みは激減しました。

そして10日経った頃、驚くべき事に、石鹸の香りがわかったのです。
あ、私は好酸球性副鼻腔炎になってから、嗅覚がなくなってしまいました。耳鼻科の先生はもう諦めてるっぽい程のダメダメっぷりなので、これにはびっくり。
鼻声も治りました!

さらに、耳の聞こえが良くなりました。
あ、私は好酸球性中耳炎になってから、プールの後のように耳に水が入っているような感覚になって耳の聞こえが悪くなってしまっていたのです。その水が抜けたような気分になりました。

さらにさらに、咳も止まりました。
一時は、好酸球性肺炎も疑われていました。入院後は昼間はなんともないんですが、夜横になると咳が出る事が多かった。それがピタリと止まったのです。

私の場合、胃以外にも鼻・耳・気管支・肺、どれも好酸球の影響を受けていると頭ではわかっていたけれど、ステロイドを使ってそれらが全て治ったので、改めて「好酸球の影響だったんだー」と体で実感し、「ステロイド凄っ!」と震撼した次第。

ステロイドは長く飲み続けて良い物ではないので、これから徐々に減らしてゆきます。
早く減らしたい気分と、「でも減らしたら、全部元に戻っちゃうの?」という不安が同居している今日この頃でした。

ちなみに、今の所はまだステロイドの悪い影響は感じません。
しいて挙げれば、口の中がなんかすぐ薬っぽい感じになる事位。
これ、シムビコート(ステロイドを含む喘息吸入薬)を使った時も感じたんですよねー。
使った直後とかではなく、いつまでもなんともいえない薬っぽさが口に残っているような感覚……。うがいをしたくなるような感じです。

| | コメント (0)

2018.05.19

入院中にテレビで観て印象的だったコトや番組

◆大谷翔平選手Number(ナンバー)950号 [特製“二刀流”表紙] MLB 2018 DREAM OPENING 大谷翔平夢の始まり。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))
彼の活躍に元気を頂きました!
バッティング練習ばかりを5分程流し続ける番組があったんですが、打球が面白い程飛ぶので無茶苦茶楽しい気分になりました。テレビで練習見るだけであんなに楽しいとは、びっくり。

◆TOKIO
反対に、見ていて元気が失われたのがTOKIOの会見。痛々しくて見てられない…と思いつつ最後まで見てしまった。
TOKIOファンではないけれど、ジャニーズの曲で好きな曲を3曲挙げるとしたら、『青春アミーゴ』『AMBITIOUS JAPAN!』『宙舟』な私。3曲中2曲がTOKIOでした…

◆羽生選手パレード
NHKで一時間も生中継してました。凄っ。

西郷どん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)幕末もの
意外とたくさん放送されてました。
『Qさま』の幕末特集とか『英雄たちの選択』とか『新選組150年目の真実』とか、ちょっと変わった物では『百年名家』。そして、レギュラーの『西郷どん』。
『Qさま』のビビる大木さん、序盤は「何やってんだー!」とカツを入れたい感じでしたが、野球の問題で息を吹き返し(笑)、結果的にはナイスファイトでした♪ ビビるさんとは微妙に好きな志士が異なるのですが、同じ幕末ファンという事で親近感はあって、なんとなく応援してしまう私です。

『英雄たちの選択』の磯田道史さんのお話は面白いですねー。視点が独特で、ハッとさせられる事が多いです。少年時代は刀鍛冶になりたいと思っていたというお話にも魅かれました。

『百年名家』で取り上げられたのは国立市にある本田家住宅。
土方歳三や近藤勇が訪れている場所です。私も以前行っており、その時の事はここに書いていますが、住居は非公開なので外から門や壁だけ見て帰ってきました。中を見る事は諦めていたのに、まさかテレビで取り上げられるとは。びっくりした~。
武田観柳斎役だった八嶋智人さんが新選組所縁の地を訪れるというのも『新選組!』ファンとしては嬉しかったです。

◆『コンフィデンスマンJP』
初回から観てます。入院中は結局4回も観る事になりました(^_^;)。
『リーガル・ハイ』大好きでした。同じ脚本家さんなんですね。『デート~恋とはどんなものかしら~』も面白かったし、古沢良太さん、いいなあ。
これからは好きな脚本家を訊かれたら、「三谷幸喜さんと古沢良太さん」と答えようと思います(そんな事はきかれない)。
役者さん達も素晴らしい。
長澤まさみさん、見直しました。

Peanuts Portraits: Peanuts 60th Anniversaryアナザーストーリーズ 運命の分岐点
観たことなかったんですが、いい番組ですね。
チェ・ゲバラの回を途中からとスヌーピーの回を観ました。
現在NHKで放送中のスヌーピーのショートアニメは欠かさず観ているのですが、いわれてみれば確かにPeanutsの世界はうまくいかない事だらけなんですよね。スヌーピーの見た目があまりにかわいいので忘れがちだけれど、アクの強いキャラが多く、結構辛口なストーリーです。ハッピーエンド好きな私の好みではない……筈なのですが、やっぱりスヌーピーかわいいので虜な私です(^_^;)。

◆紀行番組
『2度目の旅』シリーズのロンドンやベルリン、『地球絶景紀行』の夏のヨーロッパ絶景ガイド、「一本の道『イギリス コーンウォール“地の果て”をゆく』」、『チョイ住み』のプラハ編、『王室のチョコレート ヨーロッパ御用達紀行』、『ワールドツアー完璧MAP ハンガリー』、「駅ピアノ『アムステルダムの夜』」、「鉄道・ 絶景の旅 『仙台~三春~いわき みちのく桜紀行』」、『洋上の楽園クルーズ』などを観ました。
楽しいんですが、途中で絶対美味しそうな食べ物が出て来るのが、食べられない身にはツラかった(^_^;)。

『チョイ住み』はどんどん佐藤寛太さんに影響されていく伊藤一朗さん(Every Little Thing)が面白かった。朱に交われば赤くなる?
一見ぼーっとした感じの伊藤さんですが、楽器店でギターを弾く姿はカッコ良く、お店の人の見る目も弾く前と後では違うように見えました。「一芸がある人はいいなぁ」と羨ましく思いました。プラハは行った事ありますが、あんなに街に音楽溢れてませんでした。タイミングが悪かったのか? また行きたいなぁ……。

「日本の話芸 三遊亭円楽 落語『一文笛』
「盗人にも三分の理」といいますが、その三分が覆ってしまう衝撃作。
すごい話ですね……。聴き入ってしまったのですが、いい所で看護師さんがやってきて一部聞き逃しました(^_^;)。

◆映画
十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション[AmazonDVDコレクション]『十戒』と『泥棒成金』を観ました。
『十戒』はずっと興味はありつつも、勝手に「長くて重厚で難しそう」というイメージを持っていました。実際観たら全然違うんですね。思っていた以上にエンタメ要素があり、見やすかったです。でも、有名な海が割れるシーンで看護師さんがやってきて、その後も薬剤師さんが来たりして最後まで見られませんでした(^^;;;;)。

『泥棒成金』のグレース・ケリー、きれいだったー。

『メジャー セカンド』
斎藤佑樹投手のお気に入りときいて影響されて、初めてアニメを観たのが12年前(そんなに経つか……)。
一旦終了して寂しく思っていたのですが、かつての主人公の息子君が新たな主人公となって「セカンド」が始まりました♪
主人公が変わってしまう漫画って、あまり好きではなかったのですが、これは好き!

| | コメント (0)

2018.05.18

行けなくて悔しかったチケット

入院期間中に2つのお芝居のチケットを持ってました。
タイミング悪すぎ(泣)。

» 続きを読む

| | コメント (0)

入院中の暇つぶし

入院中は退屈でした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

恐怖の点滴とおかしな薬

今回の入院期間中、何も食べなかった日が12日あり、その為20日間という結構長きにわたって点滴のお世話になりました。

» 続きを読む

| | コメント (2)

«入院生活(後半)