2017.07.26

終わった……

毎回楽しみにしていた海外ドラマ『ダウントン・アビー』が、ついに終わってしまいました。淋しいー。
ダウントン・アビー ファイナル・シーズン DVD-BOX1つのシーズンは7~9話で成り立っていました。
第2シーズンと第3シーズンは続けて放送されましたが、他はシーズン毎にインターバルが入っていたので、ラストの第6シーズン放送終了まで3年以上かかりました。

私は第1シーズンの4話から見始めました。
当時の私は病み上がりでお金がなかったので、副業を増やしたばかりでした(今はもうやめてます)。
その新しい職場で「この人と気まずくなったら、一番困る」という人(以下Sさん)が『ダウントン・アビー』をススメてくれたので見たのが最初でした。
私、普段は他人の事をそれ程気にしない方だと思うんですが、その時は珍しく「この人だけは敵にしたくない」という打算めいたものがありました。

途中からだったので、観ても最初は何が何だかさっぱりわかりませんでした。登場人物多すぎるし、人物を把握出来ないのに色んなエピソードが同時進行で進むのでワケわからなかった。主人公が誰だかわからない事にも戸惑いました。
なのでSさんに感想を言う時には困りました。
たとえ気に入られたくても「面白かったです!」と調子を合わせるウソをつく事は出来ない性格なので、「ワケわからなかった」と正直に言いました。でも「イギリス好きだし先は気になるんで、観てたら面白くなるかも」とフォロー(?)も入れたのでした。

そして、それが現実になりました。
観てたら、面白くなっちゃったんです。ま、人気ドラマですもんね。本当に面白かった!
そして、ドラマの感想をSさんと言い合うのが楽しみになったのでした。
Sさんは良い方だったので、たとえ私が『ダウントン・アビー』を気に入らなくても仲悪くはならなかったと思いますが、『ダウントン・アビー』のおかげで、本当に楽しい時間を共有する事が出来ました。いや、お仕事に行ってたんですけどね、遊びに行ってたわけじゃないんですけどね。楽しかったなぁ……。

『ダウントン・アビー』、どこが良かったのかな。
「主人公が誰だかわからない事に戸惑った」と上述しましたが、皆が主役みたいだった所が良かったかも。脇役が丁寧に描かれてる作品って好きなんです。
オールタイムで一番好きな大河ドラマ『新選組!』も一応主役は近藤勇だったけれど、私は斎藤一が一番好きだったし、土方歳三も主役と見紛う活躍だったし、山南敬助なんて当時全く知らなかったけれど(汗)、堺雅人さんはあれでブレイクしたようなもんだし(普通は「『半沢直樹』でブレイクした」って言う?)……書き出したらキリがないからこれ位にしておきますが、とにかくキャラクターがしっかりしていると感情移入出来てハマっちゃうみたいです。
『ダウントン・アビー』は全52話。大河ドラマは1年ですけど50話程なんで、ボリューム的にはほぼ同じなんですね。

それだけ観てると、情も移ります。
ロバートには「3人の娘が無事に嫁に行って良かったね。パパ、よく頑張ったねー。色々あったよねー」なんて声をかけて一緒に喜び労ってあげたい気分になっちゃったり。
悪役だったトーマスにも最後は「色々あったけど……良かったね、やったね!!」と祝福したくなっちゃったり、
この「色々」をしみじみ振り返られるのが50話の重みなんですよねー。
「色々」あったけど、最終回ではほぼ全部丸くおさまったのも感慨深かった。
ここまでうまくゆくハッピーエンドは珍しいのでは? 現実がままならないから、「せめてドラマ位ハッピーエンドになってほしい」と思っちゃう私です。

名言が多かったのも、このドラマの魅力でした。
1度当ブログのタイトルにした事もありました。
「忘れて微笑んでいる方がはるかにいい」

やっぱり、ブログに載せとくと、すぐ調べられて便利だなぁ(笑)。
他にも印象的なセリフは色々あった筈ですが、ブログに載せてないと思い出せない(>_<)。

最終回にはスティングみたいなセリフが出てきました。

「つなぎとめたければ、解放しなきゃ」

'If you want to keep her, Robert, you must let her go'
と言ってたらしいです。
(ちなみにスティングは'If You Love Somebody Set Them Free')

最終回はイーディスの結婚式という事で、参列者として懐かしい人も出ていたのですが、なんとマーサがいませんでした。シャーリー・マクレーンはそう簡単に出せないのかな。
うーん、マーサの事、結構好きだったような気もするのですが、もはや殆どおぼえていない(汗)。他の方の記載を見るまですっかり忘れてました(爆)。

最後に、
大河ドラマでは毎年好きなキャラクターTOP10を選んでるんで、『ダウントン・アビー』でもやってみました。でも10人も選べない(クセのある人が多いかも)ので、TOP3に留めておきます。

1.バイオレット・クローリー
マギー・スミス演じるおばあちゃま。前述の「ワケわからない」期では「恐くて意地悪な姑?」と思いましたが、全然違ったー。恐いけど筋が通っていて、凜としたカッコいいおばあちゃまでした。『新選組!』を思い出したせいか、野際陽子さんを連想させる……

2.マシュー・クローリー
カッコ良かった……
亡くなった時は、寂しかったなぁ。「もう観る気も失せちゃうよ、つまらなくなっちゃうよ」と思いましたが、その後も引き続きドラマは面白かったのでした。

3.ロバート・クローリー
どうなるかと冷や冷やした時期もありましたが、基本的には良き夫で良き父でした。

次点.レディ・メアリー・クローリー
この人がやっぱり主役かな。初めは「こんな意地悪なヒロインありか?」と思いましたが、段々となぜだかメアリーを応援している自分がいて不思議でした。使用人に優しい所がいい。男性を自由自在に操って、狙った相手は必ず落とす所もいい(笑)。将来はバイオレットみたいな凜としたおばあちゃまになりそう。

テレビシリーズは終わってしまったけれど、映画が出来るそうですね。
楽しみです。

ちなみにSさんには、もう1年以上お会いしてません。元気でいらっしゃるかなぁ……。

| | コメント (0)

2017.07.23

『アーサー・フォーゲル ~ショービズ界の帝王~』

映画ネタ3連発、ラストは『アーサー・フォーゲル ~ショービズ界の帝王~』です。
これも借りて観ました。

2013年に製作されたドキュメンタリー映画で、昨年日本でも劇場公開されました。
終わった直後位に公開されていた事を知った私は、「なんであとちょっと早く気付かなかったかな」と地団駄踏んだっけ(^_^;)。

アーサー・フォーゲルというのは、コンサートのプロモーターです。
ローリング・ストーンズ、U2、マドンナ、ポリス、 レディー・ガガ、ラッシュなど超大物のコンサートを手掛けています。デヴィッド・ボウイの「リアリティ・ツアー」のプロモートもやっていたそうです。

ショー・ビジネスの裏側を描いた作品かと思い、「まばゆい光の影にはこんな闇が」みたいなドロドロの「金と薬と女とロックンロール」的な作品なのかと恐る恐る観たのですが、極めて健全な作品でした。
「帝王」なんていうから、ゴッドファーザーのマーロン・ブランドとかロバート・デニーロみたいな貫禄あるボスキャラ風ドンをイメージしていたら(古っ)、偉そうに見えない人出てきたし。今時の帝王はあんな感じなんですね。ちなみにスティングも「そんなエライ人だとは思わなかった」的な発言をしてました(笑)。

昔のロック本などでは、「プロモーターに騙された、着服された、逃げられた」という記載を目にする事もありましたが、それは一部の人なのか、あるいはそんな人ばかりだったから駆逐されてアーサー氏が一人勝ち出来るようになったのかもしれません(?)。
「アーサー氏は、アーティストの事を第一に考え親身になって働いたからアーティスト達の信頼を得て、努力したから偉くなれました」という内容の映画で、周囲の人がそれを証言しているといった感じでした。「アーサー氏を称える映画」といった趣。

レディー・ガガはアーサー氏の事を「尊敬している、崇拝している」とか言ってたかな。「そこまで言うんだ」とちょっとビックリ。

ボノもアーサー氏を褒めていたけれど、彼の場合は負い目もあったかもしれません。
なんと100万枚ものコンサートチケットが売れた後に椎間板ヘルニアでツアーを中止するというアクシデントを起こしていたのです。100万枚って、すごすぎ……。延期という形にしたら、ほとんどのファンがチケットを手放さなかったらしいですけど、もし100万人が「払い戻せ」って言ったらどうなるんだろう……(恐っ)。

アクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)はアーサー氏が手掛けていたコンサートに現れなかった事があって暴動になったのだとか。それでアーサー氏はガンズからは手を引いたそうです。
遅刻がよくあった事は知っていたけれど、「現れなかった事もあったの?」と確認しようとネットで調べていたら、アクセルがボウイを殴ったという記事を偶然見つけてビックリ(仲直りしたそうです)。

アーサー・フォーゲル ~ショービズ界の帝王~ [DVD]映画ではボウイのコンサート映像も流れたのですが、ボウイのインタビューは残念ながらなく、マネージャーが「次のコンサートもアーサーとやりたがっていた」というボウイの意思を代弁していました。でも、「次」はなかったんですよね……。「リアリティ・ツアー」がボウイ最後の世界ツアーになってしまったので(号泣)。
ん? あれもボウイの手術でキャンセルになった公演があった筈ですが、その事は触れてなかったなぁ。結構な損害はあったんだろうか? あるいはそこまでは成功していたツアーだったから、それ程大きな痛手ではなかったかな?

アーサー氏は真面目できちんとしたナイスガイらしいです。なので映画の主役としてはちょーっと地味で、タイトルから受けるイメージとは全く異なる作品でした。でも興味深かったです。

| | コメント (0)

2017.07.22

ガンスリンガーの復讐

前回記事にした『プレステージ』は、DAVID BOWIE is(ボウイ展)で知ったというボウイ・ファンとしてはダメダメな私ですが、『プレステージ』を借りる際に、他にも観ておくべき作品がある事を知りました。それが『ガンスリンガーの復讐』。

ガンスリンガーの復讐 HDマスター版 [DVD]1998年の作品で、日本では劇場公開されていません。ソフトもずっと発売されていなかったみたいなので知らなくても仕方ないといえば仕方ないのですが、なぜか2015年に発売されているので、ファンだったら、もう少し早く気付いていたかった気はします。

イタリア映画なんですが、観るまでイタリア映画という事を知りませんでした。しかも西部劇です。ボウイとはあまりにアンマッチな世界観に思えました。始まって数十分経ってもボウイは登場しないし、出る気配もないので、「間違えて全然関係ない作品を借りてしまったのでは?」と思ってしまいました(パッケージはレンタル時に付いてこなかった)。疑い過ぎて、途中で一時停止してWEBで調べちゃった程。
「どうやら、間違いではないらしい。本当にボウイは出てくるらしい」と確認した上で試聴再開。

登場後のインパクトはハンパではありませんでした。
絵に描いたような悪役なんですが、その悪さが恐かった。イカレちゃってる感、凄まじすぎ。「猟奇殺人の犯人役だったっけ?」と記憶が塗り変わっちゃいそうですがガンマン役です。
1998年はボウイのシングルでいうと"Little Wonder"や"I'm Afraid of Americans"が出た翌年。あの辺のPVの、「ちょっとイッちゃってるあの人が極悪になったような感じ」といえばわかる人にはわかるかな。
「ひょっとして、台本では普通の悪役なのに、ボウイがやるとサイコっぽくなっちゃうのか?」という感じがしないでもありません。西部劇ってほとんど観てないのでわからないのですが、サイコなガンマンなんて、ありなんでしょうか? ボウイのせいで西部劇感が思いっきり薄まってる気がしました。それが狙いだったのか失敗だったのかは、わかりません。でも、ボウイをキャスティングする時点で、普通の西部劇にする気はないですよね(かな?)。不思議な映像を観た気がします。
銃を撃つボウイはカッコいいです。ヒドイ役ですが、あの役をボウイは楽しんでいたかも?

ボウイの声がいつもと違ってました。
一瞬、「イタリア語を喋っているから?」と思いましたが、そんなワケはなく、他人の吹き替えでした(>_<)。
見終わってから、「特典映像」に英語版が入っている事を知り、再度ボウイの出ている所だけを英語版で見直しました。
イタリア版と英語版とでは日本語訳が微妙に違ってました。

DVDの制作者は、「英語版を観るのはボウイ・ファン」って思ってたんでしょうね、英語版のメニューの背景画像が主役でもないボウイになっていて、嬉しかったです。

Db1 Db2

っていうか、そもそもパッケージ写真もボウイが中央で主役と間違えるー。
もっとも、パッケージの写真を一目見てボウイと気付ける人は相当のボウイ・ファンだと思いますが。私はわからなかった(恥)。

と、前回の『プレステージ』とは対照的に、あらすじを書かずにボウイの事ばかりを書いてしまいました。それ程ボウイが印象に残る映画でした(『プレステージ』は面白かったけれど、ボウイの出番は少ない)。
ただ、「こんな残虐ボウイ、見たくなかった」という女性ファンもいるかもしれません。

調べてみたら、ボウイ出演映画の中で私がもっとも苦手な『エヴリバディ・ラブズ・サンシャイン』も1998年の作品でした。
作品全体で比べたら『エヴリバディ…』の方が圧倒的にダークです。20年近く前に観たきりなので(そんなに経っている事に愕然)、内容は殆どおぼえていないんですが、おぼえていたくない、忘れたい映画だったような気がします。
あんなダークな作品に出て、こちらではこんな恐ろしい役をやって、当時滅茶苦茶恐そうに(私には)見えたトレント・レズナー(ナイン・インチ・ネイルズ)とコラボしていたボウイ。
1998年のボウイしか知らなかったら、「怖ろしくて近づきたくない人」で終わったかも(汗)。

| | コメント (0)

2017.07.20

『プレステージ』

DAVID BOWIE is(ボウイ展)で流れていた映像は大体どこかで見たことある物ばかりだったのですが、数少ない未見の映像が映画『プレステージ』の物でした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.07.16

京都旅行2017夏 その4

続きです。
やっぱり7/9のお話です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.07.15

京都旅行2017夏 その3

続きです。
7/9のお話です。

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017.07.14

京都旅行2017夏 その2

続きです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«デヴィッド・ボウイ写真展ツアー その2