2023.01.25

32回目のデュピクセント

喘息やアトピーの薬であり、好酸球の疾患にも効果があるといわれるデュピクセントを打ち続けています。今年は早くも2度打ちました。病院が新年1月4日からやっていたのには驚きました。

2週に1回打つのが正しい使い方、の筈のデュピクセントですが、昨年の6月からは3週に1回に減らしてもらいました。
早いもので、半年経ちました。

「徐々に薬を減らして、いつかは卒業したい」と思っているのですが、「減らして大丈夫なんだろうか?」という不安もありました。ちょっとお腹が痛くなると「好酸球性胃腸炎再発!?」と怯えてしまうのでした。

「7/9 夜中0時過ぎ痛くなる」
「8/10 久々に吐く。熱中症?」
「10/8 出勤中の電車の中でちょっと痛くなる」
「10/14 夜10:00頃、痛くなる ポテチ食べちゃったのがいけないかも」
「12/17 通勤途中痛くなる」
「12/21 勤務時最初の30分位ちょっと痛かった」

などの、メモが残ってます。
8/10以外は、長時間にわたった痛みではなく、以前の私だったら「たまにはそんな日もあるよね」とスルーする程度の軽いものです。
「何かあった時のために」と過度に用心して、ちょっとした異変もメモしているだけで、健康体といっていい状態だと思ってます。

なので、思い切って「もうちょっと(注射の)回数減らすというのは、どうでしょう?」と相談してみました。
あっさり了承されました。
血中の好酸球値は普通の人より相変わらず高いけれど、好酸球性胃腸炎になる前と同じようなレベルで、大きな動きはないようでした。
肺の影(喘息の影響)も、許容範囲内で、大きな変化はないとの事。
今後は4週に1回となりました。
どれ位おきになったら「打っても打たなくても変わらない」というレベルになるのか訊いてみたところ、「半年に1度くらいかな」との事。
早く「注射打たなくても大丈夫な体」になりたいのですが、「注射打ってるから大丈夫」という安心感も捨て難い微妙な気分です。

デュピクセントは鼻にも効くはずなので、鼻に関するメモも書いてはいるのですが、6月以降は、

「11/20 最近オロパタジンがいらなかったのに久々に服用」
「1/8 夜、鼻水がひどい」

これだけでした。もうちょっと何かあったような気はしますが、胃ほど敏感になってないんですよね。
またずっとオロパタジン使っていないので、調子はいいという事だと思いますが、嗅覚障害は諦めモードです……。

そろそろ花粉が飛び始めて気になるところではありますが、私の花粉症のピークは毎年ゴールデンウィークの頃なので、まだしばらく大丈夫かな。
多くの人と同様、私もスギ花粉症の筈なのに、なぜか人より遅いのです。
検査ではヒノキには反応しなかったのに。謎です。

| | コメント (0)

2023.01.19

パソコン買っちゃった 2022

2007年に「パソコン買っちゃった」というタイトルの記事をアップしています。
2012年は「パソコン買っちゃった 2012」、
2020年には「パソコン買っちゃった 2020」というタイトルの記事をアップしました。

そして今回、ブログを始めてから4度目のパソコン買い替えです。
先月なので、タイトルは2022となってます。
2年で買い替えというのは(3年に近いけど)、自分史上最速です。

バッテリー交換メッセージが出るようになったんです。
こんな事は初めて。
交換するように教えてくれる、というのは、ある意味親切なのですか?
屋内でコンセントは抜かずに使うから、「まだ交換しなくてもいいよ」という気はするのですけどね。ある日いきなり電源が入らなくなっちゃったりしたらコワイから、交換した方がいいのかな?

今迄バッテリー交換なんて、したことありません。
「3年足らずでバッテリー交換しろだなんて、おかしくない?」と思いかけたのですが、WEBで検索してみたら、いくつものサイトで「ノートパソコンのバッテリー寿命は2年ほど」と書いてあってビックリ。過去機種で交換しないで済んできたのはラッキーだったのか、最近のパソコンの寿命が短いという事なのか?
ただ、今使っているパソコンはとにかく気に入らないので、このパソコンのために余計なお金をかける気にはなれず、買い替える事にしたのでした。

前回は、「1.CDドライブ付き、2.テンキー付、3.SSD」という条件で選びましたが、今回はそれに加えて、「4.Intel、5.日本製」という条件も加えました。
AMD Ryzenは悪くなかったんですが、トラブルがあってネットで調べたい時は、Intelがいいと思いました。やっぱり使ってる人が多いと情報も多いんですよね。画面が黄色くなった時につくづく思い知らされました。AMD Ryzenの情報探すの、大変だったー。

「日本製がいい」というのは、かつて使ってきたNECやVAIOに不満が少なかったから。
hpも「値段の高い製品は良くて、安い製品はそれなり」なのかもしれないので、安い物を選んでしまった私がイケナイのですが、液晶以外のスペックは良かったんです~。まさか、あんな液晶が存在するとは……。どこに落とし穴があるかわからない。余程の知識がないと、いい物を選ぶのは難しいですね。NECやVAIOだったら「あの液晶はない」という信頼感があるし、大きな失敗はしないですみそうな気はするのでした。
あ、キーボードのファンクションキーの初期設定がイヤな感じだったのも海外仕様のせいかな? F7(カタカナ)とか海外では必要ないですもんね。「F」の文字も無茶苦茶小さかったなぁ。

VAIOに戻そうかと思ったのですが、一時期よりは買いやすくなったような気がするものの、まだちょっとお高い。
初心に帰ってNECにしました。
私のPCデビューはNECでしたが据置型でした。NECのノートPCは初めてです。

一か月程使っての感想は……
画面がキレイ!
写真が美しく見える!! AbemaTV(サッカーW杯)もキレイだった!!

今迄のPCの液晶が汚くて、当ブログでもさんざん愚痴りましたが、ストレスでした。
画面がキレイだと、こんなにも嬉しいものか。
「パソコン買っちゃった 2020」の記事の中で

「きれいなのが当たり前だと思ってしまっていた。当たり前じゃなかったんですね。
♪なんでもないような事が 幸せだったと思う~
ありがたみを忘れていたようです」

なんて、歌の歌詞をまじえて書いてましたが、今は本当にありがたいと感じています。
幸せです。

びっくりしたのはマウスがついていた事。
そういえば、昔は、「マックってマウス別売りなの!? あこぎ」なんて失礼な事を思ったっけ。いつのまにか別売りが当たり前だと思うようになってました。
しかも、何も差し込まなくていいの!? USBじゃないんですね。 Bluetoothマウス、初めて使う~♪

残念だったのはSDカードスロットがなかった事。
まぁ、SDカード用のアダプタが千円以下で買えたし、マウス用のUSBポートは使わないで済んでるから、プラマイゼロな感じ? しかも、購入後一ヶ月経ったけれど、このアダプタまだ使ってないんですよね。SDカードスロット、そんなに必要でもないのかな。
でも、今度発売されるNECの新しいノートPCには付くらしい。やっぱり、必要とされてるのか?

あと、嬉しかったのが付属ソフト。

「筆ぐるめ」がついてました。
VAIO時代にずっと使っていたのですがhpには付いていなかったので、年賀状作る時だけVAIO引っ張り出してました。今後はVAIO引っ張り出さなくても大丈夫そう。データの引継ぎも無事出来ました♪

そして、なんとベジェ曲線が使えます!(笑)
当ブログを昔からご覧になってる方は、ひょっとしたらおぼえていらっしゃるでしょうか? 詳しくはこちら
InDesignやIllustratorなど、Adobe製品で使える物ですが、今回付属していたCorel PaintShopでも使えるんです。
以前、「今は役に立たないと思うかもしれないけれど、(使えれば)そのうちきっと役に立つ」と言われた旨を書きました。あれから、7年、いまだに役に立った事はありません(っていうか、そもそも上達していない)。その後、練習する機会もなかったんですが、一時期は「もっと練習したい、家のPCで使えれば」と夢見ていたのでした。Illustratorは遊びで買うには高価過ぎるし、スムーズに動かすにはハイスペックのPCでないと難しいと思っていたのですが、Corel PaintShopで練習出来ちゃいそうです。
まだやってないけど。
一ヶ月経ってもやってないという事は、今後もあまりやりそうな気はしないけど。
でも、なんか嬉しいです。
もっと実用的(?)な事もPaintShopでは色々出来ます。Photoshopと間違えそうな名前は、バッタ物みたいで如何なものかと思いますが、すごく便利です。これがあるので、今度のPCは長く使いたいと思っちゃう♪

前回は「かつてないほど、ときめかない新パソコンでした。」と書いてましたが、今回は「とっても、ときめく新パソコン」という感じです。
買い替えるには、ちょっと早すぎてもったいないと思ったけれど、買い替えて本当に良かった。
毎日使う物だから、満足出来ないとツライですもん。

【追記】
もう一つイイ事あった!!
それはキーボードカバー。前回の機種にはピッタリのカバーがなく、汎用タイプの物を使っていました。不安定だったし不透明でした。
今回はピッタリのカバーが見つかりました。付けてる事に気づかない程なので、忘れてました。
「キーボードウェア」と呼ばれるVAIOのカバーも色がかわいくて好きだったけれど、「付けてる事を忘れられる」というのも素晴らしい!!

| | コメント (0)

2023.01.12

新春名作狂言の会 2023

コロナ禍以降、すっかり舞台鑑賞から遠ざかってしまいました。
毎年観に行っていた1月の「新春名作狂言の会」も随分ご無沙汰してしまいました。
興行はやっていても、観に行くのがイケナイ事のような気がした事もあったっけ。

0112_01 ようやく終息してきたと思ったので、今回のチケットは昨年のうちに購入したのですが、年明けから、また新規感染者増えているようですね。
人混みイヤですが……行っちゃいました。

今年も、茂山千五郎さんと野村萬斎さんのトークからスタートしました。
大河ドラマ『どうする家康』の話、出ましたよー!
初回のタイトルが「どうする桶狭間」だからイヤな予感はしたのですが、萬斎さん演じる今川義元、早くも亡くなってしまったんですよね。千五郎さんも同じように感じたらしい(笑)。いや、正確には「いきなり桶狭間じゃ、退場は近いんだろうな」と予想はできたけれど、初回だけとは思ってなかった私です(泣)。カッコ良かったのに残念。
しかも萬斎さんのシーン、結構カットされたらしい。実際は舞はもっと長かったし、セリフも多かったのだとか。「五分の一になってた」とか言ってたかな(うろ覚え)。

そして、「同じ曲を同時に舞って、和泉流と大蔵流の違いを見る」といういつものお楽しみ企画、今回は『兎』でした。
『兎』、前にもやってるよ。
と思い、当ブログの過去記事を確認してみたところ、2011年でした。12年前かー(汗)。
うさぎ年の年始めは『兎』を舞うのですね。
ちなみに、12年前は同時に舞ったようですが、今回は「テンポが全く違うから」ということで、初めに萬斎さんがゆっくりとしたテンポで舞い、次に千五郎さんが早いテンポで舞ったのでした。大蔵流の方が早いらしい。

その後は、茂山家の『佐渡狐』、野村家の『二人袴』を楽しみました。
『佐渡狐』は2009年にやってます。ちなみに、私が初めて「新春名作狂言の会」を観たのが2009年でした。私が観に行く前からやっていたわけで、会場の新宿文化センターも古くなるわけです。今年の秋から長期の改修工事を行うそうです。
ホームページには「数年間の休眠期間に入ります。」と書いてありました。
パンフレットには「また会えるその日まで、いまひとたびのさようならを」と書いてあります。
「さようなら」なんて寂しいなぁ。改修終わったら、すぐ再開してね。

0112_02 0112_03b

ロビーには出演者のサインや色紙が飾ってありました。

| | コメント (0)

2023.01.05

ビルボード1983~2022

テレビ神奈川で放送中の「Billboard TOP40」は、2022年で放送回数2000回を迎えたそうです。
それを記念した年末特番が放送されました。なんと4時間半!! さすがテレビ神奈川。

私が育ったのは東京の西部でした。
隣県のテレビ埼玉は、かろうじて映ったのですがテレビ神奈川は映りませんでした。
テレビ神奈川には洋楽の番組がとても多いイメージがあって、憧れていました。
東京のテレビ局は標準的で全国向けだけれど、テレビ神奈川は横浜や横須賀に住む人が見るハイカラな局だと思っていた事もありました。

のちに環境が変わってテレビ神奈川を見られるようになったのですが、同時にMTVも見られるようになり、洋楽の番組を見たい時はMTVを見るようになりました。結局テレビ神奈川とは縁が薄いまま月日が過ぎたのでした。
が、MTVを見ないようになり、JCOM TVを解約してしまった今、テレビ神奈川の4時間半特番に震撼している私です。

録画したものを見てみました。

1983年から2022年までの年間チャート1位のミュージックビデオを流していました。
権利の関係でかけられないという曲が2曲あり、
2021年"Levitating"のビデオは事情によりアニメヴァージョンにかわってましたが、全部で28曲かかったのかな。見ごたえありました。
よく知ってる曲は飛ばしてしまったけれど、未見のビデオは、苦手なラップ・ヒップホップ系以外、しっかり見ました("Thrift Shop"はラップだけど、ちょっと好きかも)。

Mv01 Mv02

マイケル・ジャクソンもマドンナもボン・ジョヴィもレディー・ガガもテイラー・スウィフトも登場しなかったのはちょっと意外。年間1位にはなっていないのですね。

「戦争が起こると、おバカな曲は流行らなくなる、バラードが売れる」という話には納得。
世相によって売れる曲はかわってくるのですね。
解説も興味深かったです。

この中から私が好きな10曲を選んで好きな順に並べると、

1 "(Everything I Do) I Do It for You"/Bryan Adams 91年
2 "Every Breath You Take"/The Police 83年
3 "Walk Like an Egyptian"/The Bangles 87年
4 "When Doves Cry"/Prince 84年
5 "Believe"/Cher 99年
6 "The Sign"/Ace of Base 94年
7 "Happy"/Pharrell Williams 14年
8 "Macarena" (Bayside Boys Mix)/Los del Río 96年
9 "Faith"/George Michael 88年
10 "Irreplaceable"/Beyoncé 07年

という感じでしょうか。意外と90年代が多かった。

"When Doves Cry"は曲は好きだけどビデオが苦手。

2000年代は知らない曲が多くて、もはや洋楽ファンを名乗れないけれど(泣)、Ed Sheeranとか嫌いじゃないです。
Beyoncé、あんなにキレイだったんですね、いや、今もキレイだけど。
キレイといえば、2000年の"Breathe"/Faith Hillのビデオもキレイで、中村真理さんも言っていたけれど、化粧品のCMモデルさんのようでした。

20年の"Blinding Lights"はa-haかと思った(笑)。

| | コメント (0)

2022.12.29

日本の男子は世界トップレベル!!

昔、当ブログで、「日本の女子は世界トップレベル!!」(フィギュア・スケート)という記事を書きました。
荒川・安藤・恩田・村主選手らがシノギを削っていた頃です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022.12.22

THE FIRST SLAM DUNK

『スラムダンク』が大好きです。
野球ファンで『ドカベン』が好きだった私ですが、週刊少年ジャンプに連載されていた頃から『スラムダンク』の方が好きになってしまいました。
ちなみに、『スラムダンク』の作者・井上雄彦さんは『ドカベン』をきっかけに漫画家を目指すようになったのだとか。井上さん、私と趣味が近いのです♪

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022.12.19

面白かったー! 面白かったー!!

サッカー・ファンになりそう(笑)。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ついにアイスダンスでデヴィッド・ボウイ!!