« ロック・オデッセイ(熱闘編) | トップページ | ロック・オデッセイ(本編2) »

2004.07.24

ロック・オデッセイ(本編1)

ロック・オデッセイ・シリーズ・第2弾です。
前回は「熱闘編」と題して、暑さとの戦いに絞って書いてみましたが、今回はそれ以外の事について。

Ody311:00少し過ぎに会場に入ると、トップ・バッターのラブ・サイケデリコの演奏が既に始まっていました。ボーカリストの顔、初めて見たよ。あんな顔してたんだ。見た目は日本人ですね。でもMC英語でした。帰国子女? それとも何か意図があって?
いずれにせよ、あの手の音楽は好きです。
ドラムが女の子だったのに(ですよね?)ビックリ。

次がジョシュ・トッド。
あまりに暑いので、セット・チェンジの間だけ避難しようと思って出口に向かったら大混雑でちっとも外に出られません。気付いたら後ろにもぎっしり列が出来て、進むことも戻る事も出来なくなってしまいました。満員電車状態。ラッシュ時は乗るのも降りるのも一苦労ですよね。あんな感じです。列の進みは牛の歩みより遅く、人が密集しているので暑さには拍車がかかり、もうどうにかなりそう。「こんな事しているうちに、ジョシュ・トッドの演奏が始まっちゃったらどうしよう」と思ったら……うわーん、案の定始まっちゃったよ〜。
やっとの事で外に出ましたが、暑さでぐったり。再びあの炎天下のアリーナに戻る気力・体力は無く、そのままジョシュ・トッドは見送る事に。

「じゃあ、昼食にしよう」という事になりました。
世界中の料理の屋台が出ていて、それはとてもそそられるものではあったのですが、どこも長蛇の列。しかも暑い。会場の外で食べる事にしました。私はどうしてもポール・ウェラーが見たかったので(同行者はそうでも無かったみたいですが、ごめんね)、ポール・ウェラーの開始予定時刻14:00まで昼食&休憩タイムに。

新横浜駅近辺まで戻って、クーラーの効いた店でゆっくりグリーン・カレーをいただきました。店ではB'zのビデオが流れていました。「ロック・オデッセイ出演アーティストのビデオを色々流すのかな」と思いましたが、私達がいた間はB'zだけでした。B'zファンにとってはたまらない店だと思うのですが、なぜかお店はガラガラ。

|

« ロック・オデッセイ(熱闘編) | トップページ | ロック・オデッセイ(本編2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロック・オデッセイ(本編1):

« ロック・オデッセイ(熱闘編) | トップページ | ロック・オデッセイ(本編2) »