« テレビで観るオリンピック | トップページ | 色々山場 »

2004.08.21

『冬ソナ』最終回

オリンピックが始まる迄の退屈な日々(?)を楽しくしてくれた『冬のソナタ』がとうとう終わってしまいました。20週、長いようで短かった……。

冬のソナタ(DVD-BOX2)「ヨン様のどこがいいんだろう?」という素朴な疑問から見始めた『冬ソナ』。初めのうちは「ヨン様、そんなにカッコいいか?」と魅力が今一わからなかったのですが、なんか続きは気になって毎週欠かさず見てしまいました。「なんとなく見てる」から「好んで見てる」に変わったのは8週目位からだったかな? 10週目位にはご多分に漏れず、私もすっかりヨン様に夢中になってました。しかし、ここ2〜3週は停滞気味。「ユジン(チェ・ジウ)に秘密を隠して1人で悩んでは泣き、バレては2人で泣き…」の繰り返しに「いちいち隠すな!!」とイライラ。ヨン様の最初の涙には心を打たれたけれど、泣いてばっかりいると、「また泣いてるよ」と鼻白んでしまいました。

しかーし!! 最終回には泣かされてしまった。
ラスト20分前位までは、「あぁ、こんな最終回か、ちぇっ」なんて思っていたのに、その後が……よよよ(;_;)。

ラストを知らないで良かった。知っている人がいても「言わないで、教えないで!!」と頑張ってきた甲斐(?)があったというもの。
「ヨン様、ひょっとして死んじゃうんじゃないの?」なんて思ったりしたので、まんまと驚く事が出来ました。子供が出てきた時は、「ひゃ〜、結局サンヒョク(パク・ヨンハ)を選んで子供も授かって幸せに暮らしてるのね」と思ったよ(^^;)。

「『冬ソナ』好きはおばさんの証拠」なんて言います。特に否定する気はないけれど、年齢云々よりも結局自分が古いタイプの人間だということなんだと思います。ずっと1人の人を好きでいるって事にリアリティを感じるし。あ、別にそれが良いことだとは思ってません。すぐ切り換えて別の人を好きになれる人が羨ましい。ただ、一途な人にはシンパシィを感じるのです。
一部の人には「気が多い人」って思われてるみたいですけどね>自分。

|

« テレビで観るオリンピック | トップページ | 色々山場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『冬ソナ』最終回:

« テレビで観るオリンピック | トップページ | 色々山場 »