« 100年に一度の売りつくし夏 | トップページ | PSX購入 »

2004.08.07

情熱大陸 Special Live

「もう夏フェスは体力的にムリ」と思った筈が勢いでロック・オデッセイに行き、その暑さにやっぱり懲りて、「もうしばらくは遠慮しときます」と思った筈なのに……。

ロック・オデッセイで焼けた首の皮が剥け、その記憶も生々しい今日この頃、今度は情熱大陸 Special Live 「Summer Time Bonanza」に行って来ました。友人が招待券を貰ったそうで誘ってくれたのです。タダじゃ行っちゃうよ、そりゃ(^^;)。
情熱大陸〜葉加瀬太郎 SELECTION首にはロック・オデッセイの時の倍位日焼け止めを塗りたくり、いざ会場の昭和記念公園・みんなの原っぱへ。
この日はロック・オデッセイの時より体感気温は若干低かったのですが、公園内に入ると更に涼しくて感動。やはり照り返しのあるアスファルトとは大違いなんですね〜。

ブロック指定、芝生での観賞です。
早めに到着したので、ブロックの最前列をゲット出来ました。友人がかなり大きめのレジャー・シートを持って来てくれたので、もうゆったり余裕で快適♪ うちわを忘れて「一大事ーっ!!」と思っていたのですが、気持ち良い風も吹いてきて、うちわなんていらない状態。「いや〜、こんなに快適な夏フェスが存在するとは」と、すっかり機嫌良くなってしまいました。さすがに、買ったかき氷の溶けるスピードは高速なのですが、それが滅茶苦茶おいしく感じる環境でした(「ピーチのかき氷・バニラアイスのせ」なんていう変わった物があって嬉しかった)。

15:00開演となっていましたが、その30分前にはオープンニングアクトの「はじめにきよし」が登場。その後は

佐藤竹善→小曽根真→押尾コータロー→ジェイク・シマブクロ→小野リサ→ジョン・健・ヌッツォ→Char→山弦→大貫妙子

を観賞しました。正確な順序は覚えていないのですが、多分こんな感じだったと思います。

この中のどなたのCDも持っていないのですが、フェスだからでしょうか、有名な曲(しかも私の好きな曲が多かった!!)ばっかりやってくれるので、親しみやすかったです。

佐藤竹善&フレンズ/introducing CROSS YOUR FINGERS竹善さんはビートルズ、ビリー・ジョエル(あとは私は知らない曲だったのですが同行者によると小田和正さんの曲も歌ったらしい)を取り上げていました。竹善さんのビリー・ジョエル、「すごい熱唱だぁ」と思ったら、その後ジョン・健・ヌッツォさんがさらに朗々とビリー・ジョエルを歌い上げビックリ。それを聴いた葉加瀬太郎さんが、「こんなビリー・ジョエルは初めて聴きましたよね。♪おーねすてぃ〜」とヌッツォさんの物真似。これがかなり似ていてもう一度ビックリ。声楽もかじっているのかもしれませんね、芸大だし>葉加瀬さん。
ヌッツォさんは他にも"Maria"(『ウェスト・サイド・ストーリー』より)と"Time to Say Goodbye"と私の好きな歌ばかり歌ってくれて嬉し過ぎ。

小野リサ/Ono Lisa best 1997−2001小野リサさんは、『イパネマの娘』や『おいしい水』。
山弦はサイモン&ガーファンクルの"America"。
Charさんはジミヘンの"Purple Haze"にジェームス・ブラウンの"Feel So Good"だっ。
ジャズ(ボサノバ)、ポップス、ロックの定番ナンバーが勢揃い!!

ここでちょっと苦労話を(^^;)。
実は"Feel So Good"のタイトルがどうしてもわからなくて、でもジェームス・ブラウンが歌ってた事は確かだと思い、ネット検索したんです。"I Feel Good"とか"So Good"とかで検索すると山ほどヒットするんですが、試聴出来るサイトがそれ程多くありませんでした。ようやく試聴出来て「この曲だ〜っ!!」とわかった時は、本当に嬉しかったのです。これだけの為に随分時間かけちゃったよ。

Char/MR.70’S YOU SET ME FREE基本的に座っての観賞だったのですが(「大人の為のフェスティバル」ってHPには書いてあったしね)、Charさんの時は「みなさん、立ってみましょうか」なんてそそのかされて(笑)、8割位の人が立って聴いてました。「Hey, Hey…」とか「タチカワタチカワタチカワタチカワ…(=立川=会場最寄り駅)」とか合の手も求められ、いきなり別世界。CharさんはMCも面白かったなぁ。

押尾コータロー/STARTING POINT しかーし、一番私を喜ばせたのはギターの押尾コータローさん!!
一曲目は知らない曲でしたが、すごく明るくカッコいい曲で気に入ったのですが、二曲目がな・な・なんと『戦メリ』です。"Merry Christmas Mr.Lawrence"!!
ギター一本での演奏なんですが、雰囲気出てて良かったです。ネックの部分を弾いて高音を出してみたり、色々工夫してイイ感じに仕上げてました。そして三曲目はジェイクさんや小曽根さんとセッションで『スペイン』。きゃー!!
これ、以前トルヴェール・クヮルテット+本多俊之さんヴァージョン(サックス)をライブで聴いて、やっぱり大好きになってしまったんですが、前奏の『アランフェス協奏曲』はクラシック・ギターでもしばしば演奏される曲だし、このギター+ピアノ+ウクレレという組み合わせもなかなか魅力的でした。セッションは楽しそうなのも良い♪

あ、ジェイクさんって、ウクレレだったんですね。
「ウクレレにしては大きい気がするし、ギターにしては小さいし、どちらだろう?」と思っていたのですが、ウクレレでした(^^;)。
オロナミンCのCMで見た時から、その表現力に「おお」と思ったのですが、生で見て凄い早弾きにさらに「おお」と感動。チューヤンみたいな日本語のMCも愛嬌あって良かったです。「アロハございます〜」なんて挨拶していた(笑)。「おはようございます」みたいなノリかしらん?

が!! 好事魔多し。

山弦の時に雨が降ってきてしまったのです。ひえ〜。
そういえば、Charさんが『空模様のかげんが悪くなる前に』なんていうタイトルの歌を唄って、「自分の時だけ天気が持ってくれればいい」みたいな事を冗談ぽく言っていましたが、本当にその通りになっちゃったよ。

私、暑さ対策にばかり気を取られて、雨対策をしていませんでした(泣)。
朝、天気予報をチェックする暇が無かったのです。
過去3回の夏フェスで雨に降られた事が無かったので、降られる気がしなかったというのもあるなぁ。「今迄降られなかったから、確率的にはそろそろ降られる頃だったのかも」と、今なら思うけど、嗚呼……。
ん? そういえば、初めてのロック・フェスになる筈だった富士急ハイランドのフジ・ロック・フェスティバルは台風で中止だったっけ(爆)。

大貫妙子さんは傘をさして登場。綺麗なワンピースを着て、ふわふわソバージュでしたが歌う時は傘を閉じていたので、「ああ、あれじゃ服も髪も台無しだ〜、可哀想に」なんて歌とは関係ない事に気を取られ、伴奏の為に出てきた葉加瀬さんには「うわっ、バイオリンって高いっていうのに、濡れて大丈夫かな? 安物のサブとか用意してるかな?」と余計な心配をする有様で、今一演奏に集中出来ず。

私は友人の傘に入れてもらっていたのですが、そのうちレジャー・シートも水浸しになり、とてもガマン出来ない状況に。この後、中断があり、結局私達はそこで引き揚げる事にしました。雷が光っていたのもちょっと恐かったし。
広い公園の出口に近づいた頃、今井美樹さんの歌声が聞こえてきました。あと、鈴木雅之さんが出たらしい。

きっと葉加瀬太郎さんメインのコーナーもあったんだろうなぁ。
葉加瀬さんは色々なアーティストの時に脇で一緒に演奏していたので、見れた事は見れたんですが、どうせなら『エトピリカ』なんかも聴きたかった……。←セット・リストがわからないのですが、なんだか演っていそうな気はする

という事で、最後迄聴けなかったのは残念でしたが、それでもとても楽しいフェスでした。「ロック・フェスのようにジャンルを特定したフェスティバルは多いけれど、そういう垣根を取っ払ったイベントをやりたい」というのが葉加瀬さんの夢だったそうですが、まさにそういう感じの物でした。
4時間聴けたし、タダだったんですから濡れた元(?)は十分取れたかな。

駅ビルで「豆腐のドリア」なんていうちょっと変わった夕食を頂きながら友人と長話をして、立川から電車に乗ったのは22:00過ぎでした。最後までライブを観た人よりも遅かったかも(^^;)。その頃には既に雨は上がっていたよ。

|

« 100年に一度の売りつくし夏 | トップページ | PSX購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情熱大陸 Special Live:

« 100年に一度の売りつくし夏 | トップページ | PSX購入 »