« アテネを振り返って(その他) | トップページ | 浜名湖花博 »

2004.09.07

晴れ、ときどきキルミー

雲が動くのを見るのが好きです。
雲はいつも動いているのかも知れないけれど、普段はあまりわかりません。
けれどもたまに大きく動いて見えることがあって、そういう時は見惚れてしまうのです。
今日久しぶりにそういう瞬間に遭遇出来ました。
9月なのに夏のような大きな入道雲があって、真っ青な空の海を力強く泳いでいるように見えた。ぐんぐんぐんぐん進んで行った。

「今日の雲は動いているなぁ」なんて思う時、頭に浮かぶのは、『晴れ、ときどき殺人』という歌(作詞・阿木燿子、作曲・宇崎竜童)。
♪雲の流れが早くて ぽかんと空いた青空に浮かぶパラダイス…
という歌詞が思い出されます。
私が知っている限り、動いている雲をこんな風に謳っている歌は他に無いので、ついついこれを頭の中でBGMとして鳴らしてしまいます。
そして、あの歌がヒットしてから、もう20年も経つらしい……。

当時は「変なタイトルの歌だな〜」と思っていたのですが、こんなに度々思い出す事になるなんて。特に好きな曲というワケでもないのに、1番の歌詞は9割位憶えている。カラオケにあったら歌ってみたいな。

今日は変な天気でした。あの動きの早い入道雲が去った後も、明るくなったり、暗くなったり、俄雨が降ったと思ったらすぐ止んだり……。地震や台風と関係あるのかな。

|

« アテネを振り返って(その他) | トップページ | 浜名湖花博 »

コメント

「晴れときどき殺人」……。コレって、角川映画の主題歌でしたっけ?そう言えば、「夢の途中」も角川映画で使われた時は「セーラー服と機関銃」に改題されてたような覚えが……。(汗)

投稿: ひむろまさき | 2004.09.10 21:41

ひむろまさきさん
そうそう、当時は角川映画、飛ぶ鳥落とす勢いでしたね〜。
ちなみにあの映画、監督は井筒さんなんですって。ゲロッパ!!

「夢の途中」を初めて聴いた時は、「薬師丸ひろ子さんが歌って売れたからって自分でも歌っちゃうのか>来生さん」と思ったのですが、「セーラー服…」の方が後だったんでしょうか?
それにしても、カバーはよくあるけれど、同じ日本語なのに歌詞が変わってタイトルも変わっちゃうって、珍しいパターンですね。

投稿: YAGI節 | 2004.09.11 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴れ、ときどきキルミー:

« アテネを振り返って(その他) | トップページ | 浜名湖花博 »