« 近鉄最終戦終了 | トップページ | 今夜の月もきれいだね »

2004.09.29

グランドハイアット東京でのランチ

先日は母親の誕生日でした。
「六本木ヒルズに行ってみたい」と言っていたので、六本木ヒルズでのランチをプレゼントする事にしました(メインのプレゼントは他にあげましたが)。

グランドハイアット東京六本木ヒルズと一言で言ってもレストランはたくさんあって、選ぶのは一苦労。迷った末に、グランドハイアット東京の中にある日本料理店『旬房』に決めました。

六本木ヒルズはまだ2度目。そしてグランドハイアット東京は初めてなので、わくわくドキドキして行きました。
同じフロアの『チャイナルーム』(中華料理)や『オークドア』(バー)は暗めの照明で入るのに勇気がいるような雰囲気でしたが、『旬房』は自然光が採り入れられた明るく爽やかな雰囲気で、高級感はあるものの幾分入りやすい感じでした。あ、私はお酒が苦手でバーなどに滅多に行かないので、暗いお店って慣れなくて、どうも敷居が高く思えちゃうんですよ。

注文したのはまつたけのセットランチ、5250円。
まつたけの和え物、まつたけの土瓶蒸し、まつたけ御飯、まつたけの天ぷら……と、まつたけ尽くしですよ♪

Dora面白いと思ったのは、日本料理なのに大皿で出て来る物があった事。
お刺身と焼物が大皿でした。鯛のお刺身なんてたったの2人前だから量はちょっとなのに、氷がたくさん載った大きなお皿で取り箸と共に出てきました。つまも凝っていた。あれが4〜5人前だったら、もっとお刺身がたくさん載って、つまも多くて更にきれいなんだろうなぁ。焼物の大皿は(食器の事はよくわからないけど)なんか趣のある高そうな物でした。モミジとイチョウの本物の葉が飾られていて、季節感抜群。土の香りがするような素朴な感じがありつつも、上品な素敵な雰囲気でした。「日本に生まれて良かった」って思っちゃいます。

土瓶蒸しの食べ方はわからなくて、母に聞いちゃいました(^^;)。うーむ、母で良かったよ。他人との会食で食べ方がわからない物が出てきたらプレッシャーだもん。まぁ、相手の食べ方真似すれば良いんだろうけど。

普段は漬け物は食べない私ですが、自腹だと思うと残すのも悔しく(笑)、食べてみました。まつたけ御飯が薄味だったので、漬け物と食べるとすごく合いましたね。大根の漬け物は特に苦手な筈なのですが、これはゆずの香りがして良かった。ミョウガの漬け物も一風変わっていて、美味しく頂けました。

母曰く「サービスも満点」との事。料理が出て来るタイミングが絶妙で、「よく見てるなぁ」という印象。勿論、「じろじろ見られている」という嫌な感じではありませんでした。驚いたのは、途中で手荷物に布をかけてくれた事。あれはなんだったんでしょう? 料理の香りがつくのを防ぐ為? それとも途中で寄った恵比寿ガーデンプレイスの買い物袋が目障りだった? あるいは他に何か意味が……? うーむ、謎だ……。

飲み物とサービス料入れて2人で12705円というのは貧乏な私にとっては大出費ですが、満足出来る内容でした。普段は外食してもケチを付ける事の多い母(^^;)が、「おいしい」を連発していたのが何より嬉しかったです。あんなに「おいしい」と言う母を初めて見たなぁ。驚きました。

※右のドラえもんは、六本木ヒルズ内にあるテレビ朝日の1Fにいました。
 一緒に映っている子供(赤の他人)と比べるとその大きさがわかりますよね。結構大きい。

|

« 近鉄最終戦終了 | トップページ | 今夜の月もきれいだね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランドハイアット東京でのランチ:

« 近鉄最終戦終了 | トップページ | 今夜の月もきれいだね »