« 笑顔のイチロー | トップページ | 牛島和彦さん »

2004.10.05

新井宏昌さん

父親と私の唯一(?)の共通の話題は野球です。
先日はイチロー選手の話をしました。

私「今のイチローがあるのは新井さんのおかげだよね〜」

実はこれ、半分冗談です。新井さんの事が好きな私は何でも新井さんの手柄にしたいので、こういう事を言ってみるのです。
父はきょとんとしていました。私が的はずれな事を言ったせいだと思い「いや、そりゃ、イチロー本人が偉いんだけどさぁ」などとフォローしました。しかし、なんだか話が通じていない様子。
恐る恐る聞いてみました。
私「あの……まさか、新井さんを知らないなんて事はないよね?」
父「新井???」
私「えーーーーっ、知らないの!?(ショック)」

「この私」の父親が新井さんを知らないとは。
あ、私はかつて近鉄ファンだったのですが、当時投手では阿波野投手、野手では新井選手(とオグリビー選手)を最も応援していたのです。新井さんの話を家でしていない筈はない。それなのに覚えていないとは〜。
父は野球が好きで、巨人の視聴率が暴落している今でもナイター中継は毎晩見ている筈。そんな人が知らないという事は、ひょっとして新井さんの知名度ってかなり低いのかもしれません。これはイケナイ。せめてこのブログを読んでいる方(わずかでしょうが)にだけは新井さんの偉大さを伝えたい!!

というワケで、今日は新井さんについて書いてみます。

新井さん、フルネームは新井宏昌さん。
私が一番野球に燃えていた時期に、シーズン最多安打記録を樹立しました。今回イチロー選手が作った記録の国内版ですね。(もっとも、その日本記録を塗り替えたのもイチロー選手なのですが。イチロー選手は日米両国で記録を破ったというわけですね。つまり新井さんは日本のシスラーか)

当時の近鉄の1番バッターは大石大二郎選手(父は大石選手の事はよく覚えている)で、1番大石・2番新井のコンビはそりゃ他チームを恐れさせたものでした。そして2番の宿命か犠打も多く、通算犠打300というかつてのパ・リーグ記録を持っていました。
首位打者1回、ベストナイン4回と受賞歴も豊富。2000本安打も達成してます。大卒で2000本安打を達成出来た人って5人しかいないらしいですよ。すごいじゃないですか。
打撃のみならず守備も素晴らしく、ゴールデングラブ賞を取った事もある名選手でした。こんな非の打ち所のない選手なのに地味な印象なんですかね〜。

引退後はオリックスのバッティング・コーチになりました。イチロー選手がまだ無名な頃です。そこで新井さんが偉いと思うのは、イチロー選手の振り子打法を潰さなかった事。一昔前の頭の固いコーチだったら、あんな変わったフォームは認めないんじゃないかなぁ。でも新井さんは良い所を伸ばそうとしたらしい。今はまたちょっとフォーム違いますけど、日本ではあの独特の打法でヒット量産したんですもんね。新井さんが芽を摘む事なく、良い水を与えたのだと思います。
登録名を「イチロー」にしたのは新井さんの発案によるものという説もあるようです。私はてっきり仰木監督だと思っていたのですが、2人の相談の上という事なのかな。時期を併せるように、佐藤選手の登録名も「パンチ」になったっけ。当時は「鈴木一朗」より「パンチ佐藤」の知名度の方が上だったのになぁ。

ちなみに私、かつてはオリックスには特に興味なかったのですが、新井さんが入団したのを機に一度だけ試合を見に行った事があります。東京ドームの日本ハムvsオリックス戦だったかな。イチロー選手が打席に立つと凄い数のフラッシュが焚かれて驚いたっけ。その光だけを見て「ああ、イチロー選手の打席だ」と判る程でした。客席からフラッシュ焚いても、バッターボックスまでは届かないのにね(当時はデジカメなんて無かったし)。

現在、新井さんはダイエーのバッティングコーチを務めています。
「ダイエーの成績が好調なのは新井さんのおかげだよね〜」
何でも新井さんの手柄にしたい私は、今日もこんな事を口走ってしまいそうです。

あ、巨人が優勝を逃したのは阿波野投手コーチのせいじゃないよ。
……と、こちらは逆に責任回避な発言をしてみたりして(^^;)。

|

« 笑顔のイチロー | トップページ | 牛島和彦さん »

コメント

トラックバックありがとうございます。
確かに、新井さんの所属したチームには好打者が育ちますね。
イチローの振り子打法を潰さなかった功績というのは本当に頭が下がります。ダイエーにいたときの村松選手も新井さんとの出会いで開眼した選手の一人ですね。相当な打撃理論と、その選手の特性を見抜く力が高いのだと思います。そして、その選手の求めるバッティングを実現させていくんでしょうね。

投稿: k_saga | 2004.10.06 05:34

おお、新井!!!新井の話題をブログで目にするとは!!!
イチローを育てたのは、仰木&新井のコンビですね。間違いないですねー。因みに、野茂を育てたのは仰木&権藤のコンビですね。そして、最大の功労者は野茂をいじめて「海外に行く」と言わしめた鈴木啓二(当時の監督)なのですが(笑)
阿波野は大丈夫!きっと仰木さんが新球団のピッチングコーチに招聘してくれて、そこでいかんなく力を発揮して・・・くれるといいなあ(涙)

今後も近鉄がいかにすごいチームだったか、語り続けてくださいな。

投稿: さいもん | 2004.10.06 12:20

さいもんさん
おお、権藤さん!!
実は私が小学生時代、最初に好きになった野球選手が牛島投手でして、彼が中日入りすると同時に中日ファンになったんです。だから権藤さんには親近感がありましたね〜。牛島投手のトレードに伴い中日ファンは卒業し(主力4人がいなくなっちゃったんだもん)、後に近鉄ファンとなるワケですが、権藤さんが近鉄入りした時は不思議な縁を感じました。だから、さいもんさんのコメントに刺激を受けて、今日のブログねたは権藤さんにしようと思ったのですが、牛島さん監督就任の噂が飛び込んで来たので、予定変更です。今日はもう遅いのでアップ出来ませんが、次回のブログは牛島さんについて書くことに決定(笑)。

「新井さんの事をネタにしたい」と思った時にブログ検索してみたのですが、新井さんの事を書いているブログってわずかしか見つかりませんでした。その数少ないブログの中で新井さんの事を評価してくれていて「うんうん」と納得させてくれたのがk_sagaさんのブログで、思わずトラックバックさせていただいちゃいました。

という事で、k_sagaさん、はじめまして。
コメント&トラックバック返しもありがとうございます。
「選手の求めるバッティングを実現させていく」って素晴らしいですよね。
「コーチはそうでなくっちゃ!!」と思います。

投稿: YAGI節 | 2004.10.07 01:46

そういえば、5日に発売された「ビッグコミックオリジナル」の「あぶさん」で、新井さん出て来ました。1コマだけでしたけど(笑)

投稿: さいもん | 2004.10.07 11:34

「あぶさん」ってまだやっているんですか。長いですね〜。1コマでもちょっと嬉しい。

投稿: YAGI節 | 2004.10.07 23:51

新井さんがオリックス・バッファローズの打撃コーチへ就任することが内定したようです。梨田さんがヘッドコーチを固辞したため「総合コーチ」というなのヘッドコーチ役になるとか。いいことです。ただ、記事の内容に一部イチロー君本人のインタビュー内容と違う点が見られますので、お知らせしておきます。
イチローの振り子打法を直さなかったのは、当時の2軍監督・福本豊氏です。
1年目の後の秋季練習で、当時の2軍打撃コーチの大熊忠義氏が福本監督に「鈴木の打撃フォーム治したほうがいいかな?」という話を持ち出したとき「ちゃんと当たってるんだからええやん。打てんようになったら相談来いってゆうーときや」という会話があり、イチローにも同様のアドバイスがあったそうです。そのまま、ウエスタンでも活躍。当時のジュニアオールスターで活躍して100万円もらったとき、試合後の談話で「自由にやらせてくれたおふたり(福本&大熊)のおかげで花開きそうです」と、この逸話を語ってます。新井さんもミートの神様。南海時代にはレギュラーで1or2番を打ち125試合(当時は全試合)出場しながら年間8三振しかしなかったこともありました。その後の指導者としての実績もよくお分かりと思います。ただ、イチローのバッティングフォーム完成物語は、元阪急の1・2番コンビの功績が確かであるということを曲げてほしくありません。イチローが振り子を完成させるのは確かに1軍昇格後です。でも、未完成ながら振り子打法を始めてたのは、1年目の秋季練習からです。本人も語ってるのですから、最初に口を出さなかったのは福本氏の判断です。

投稿: ブレービー | 2004.10.17 03:48

ブレービーさん、はじめまして。
私は東京生まれの東京育ちなのですが、わざわざ野球見るためだけに西宮球場に行った事あるんですよ。(球場にいた)ブレービーに手を振ったっけ。懐かしいなぁ。
近鉄ファンだったけれど、マスコットではブレービーが一番好きでした!!

新井さんは福本さんの方針を引き継いだような形だったんですね。フォローありがとうございます。イチロー選手、ジュニアオールスターで100万円取ってましたか。
少ないチャンス(普通のオールスターと違って、一流選手がそうそう何度も出るもんじゃないので)をきっちりモノにしているんですね。さすが。

投稿: YAGI節 | 2004.10.18 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新井宏昌さん:

» 出会いの重要性 [駄文駄画]
人の出会いとは数奇なものだ。 人生を左右する出会いがこの世の中には多々ある。特に [続きを読む]

受信: 2004.10.06 05:29

« 笑顔のイチロー | トップページ | 牛島和彦さん »