« メキシカン・フライヤー | トップページ | ペコちゃん(オーバーオール) »

2005.01.09

義経

大河ドラマ『義経』が始まりました。

義経 (前編)源義経には結構思い入れがあります。
新選組にはそれ程思い入れが無かったので、『新選組!』はもう甘々で無条件に応援しちゃってました。視聴率が思った程伸びなくても、「こんなに面白いのにねぇ」と判官びいき。
が、『義経』には厳しくなると思います。あれ、元祖判官なのに(笑)。
うーん、好きな物には厳しくなっちゃうんですよね。もう自分のイメージが出来ていて、「イメージを壊さないで欲しい」なんて勝手な事を思ってしまう。作り手にとってはイヤな視聴者でしょう。
だったら見なければいいんですが、気になるので見ます。いつまで見るかはわかりませんが、初回はやっぱり見ます。

いきなり鵯越を見せちゃう所は、いきなり「御用改め」を見せちゃった『新選組!』と同じ手法でしょうか。(あの鳥がひよどり?)
そして、『新選組!』は多摩時代へと遡ったワケですが、『義経』は一気に乳児時代まで遡りました。

感想は……
子役がすごい。
まず、赤ちゃん。目がくりくりっとしていて、無茶苦茶かわいい。赤ちゃんなのに、なんか、ちゃんと演技しているようにさえ見えてしまうんですけど。
そして、ちょっと大きくなった牛若君が、な、なんと、神木隆之介くんだっ!!

『ハウルの動く城』で、マルクル君の声を担当した彼です。
いやー、マルクル君は実に良い味を出してましたが、本人もかわいいですね。映画『インストール』の宣伝でちらっと見た事はありましたが、ちゃんと演技をしている所を見るのは初めてです。清盛の事を「父上!!」なんて呼ぶシーンにはビックリ、どっきり。清盛と義経って、あんな仲良かったの?
うーむ、このドラマで清盛のイメージは変わりそうな気がするなぁ。っていうか、すでに極悪非道のイメージだったのが、「よく、殺さずに助けたよなぁ」とか思っちゃってるし(^^;)。
まぁ、清盛には思い入れは無いので、イメージが壊れても全然構わない。それにイメージ・ダウンは気分悪いけれど、イメージアップなら気持ち良いか。

常盤御前はほぼイメージ通り。きれいだけど、なんか幸薄そうな感じが稲森いずみさんピッタリです。あれ、これって誉めてる事にならないのかな? いや、稲森さん、着物が似合っていてとても素敵です。
他の女優さんもきれいな格好してるし、華やかなのは見てて嬉しいなぁ♪

義朝(加藤雅也さん)が死ぬのは仕方ないけれど、もう少し見たかったなぁ。清盛と袂を分かつ前の様子とかもね。(ちょっと保元の乱を復習したい気分)

あと気になるのは、静御前。
静にはすっごい、きれいなイメージを持っているんで、これは結構厳しく見ちゃうと思います。文句の付けようのない位美しくやって欲しいんですが、どうなるかな?

そして、気になるタッキー義経は如何に?
『オロナミンC』のCMは好きなんですけどねぇ。「オフコースなり」
あと、このブログに使っている写真の武者姿もなかなかだと思いますが、まだ彼の登場シーンは僅かしか見ていないので何とも言えません。とりあえず、来週も見てみよっと。

※追記
テーマ音楽の指揮がウラディーミル・アシュケナージと表記されていて不思議に思ったんですが、調べてみたら、な、なんとアシュケナージってば、NHK交響楽団の音楽監督に就任してました。びっくりしたよ〜っ!! 有名な話だったらすみません。
ちなみに、私、クラシック・ピアノにはあまり興味が無いのですが、唯一持っているクラシック・ピアニストのCDがアシュケナージだったりします。

|

« メキシカン・フライヤー | トップページ | ペコちゃん(オーバーオール) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義経:

» 常磐のあかちゃんと、神木隆之介くんで癒された? それとも… [源義経と、平清盛と、もう一つの平家物語]
はじめましてこんにちは♪大河ドラマ義経、キャスティング豪華ですよね。「義経」が盛りあがることを期待して、トラックバックさせていただきました。また遊びにきます。(^O^)/~ by とおりすがりのさすらい人 [続きを読む]

受信: 2005.01.11 11:17

« メキシカン・フライヤー | トップページ | ペコちゃん(オーバーオール) »