« ペコちゃん(オーバーオール) | トップページ | 上位VAIOを触ってみた »

2005.01.11

サムライ

お正月は他の時期と比べると和物を目にする機会が圧倒的に多いですね。
お店のディスプレイも和テイスト。わわわわ〜♪(クールファイブ風)
街にあふれた和物の中で私の心を奪ったのは、なんといってもサムライ・シリーズです。
サムライ スクエアプレ−ト20cmサムライといっても、近藤勇は関係なくて(まだ『新選組!』が抜けきらない)、食器の話です。でも完全な「侍」にはなりきれない所が勇と似ているでしょうか?
「え〜、おまえなんか侍じゃねぇよ」なんて言われたりして(思い出し涙)。WEDGWOOD ウエッジウッドSamurai サムライ20cmプレート(アクセント)
そして、沢田研二さんの話でもありません、あしからず。でも片手にピストル、心に花束の気分で書き進めてみよう。(意味不明ですね、すみません)

食器に興味のない方には唐突な展開に思えるかもしれませんが……

私はイギリスが大好きです。
初めてイギリスに行けると決まった時は嬉しかったなぁ。
で、親のお土産にはぜひ記念になる物を買って帰りたいと思ったのですが、イギリス好きな割には名物で特に心魅かれる物がなく悩みました。悩んだ末にウェッジウッドの食器を買う事にしましたが、当時食器には全く興味が無くて、どれを選んだら良いかわかりませんでした。結局「ワイルドストロベリー・シリーズは定番で今も昔も人気がある」と本に書いてあったので、それを鵜呑みにして善し悪しもわからずワイルドストロベリーのカップ&ソーサーを買いました(写真右)。ウェッジウッド<ワイルドストロベリー>ティーカップ&ソーサー(ピオニー)今でも食器の善し悪しなんてあんまりよくわかりませんが、当時は好みさえもなかったのです。どれが好きかもわからなかった(^^;)。食器の事なんか考えた事なかったんです。WEDGWOOD ウエッジウッドSamurai サムライ18cmプレート(アクセント)

しかし、帰国後はウェッジウッドに反応しまくる体質となってしまいました。
デパートに行けば食器売り場が気になり、喫茶店で出されたティーカップがウェッジウッドっぽいとひっくり返したくなってみたり(カップの裏にブランド名が入っているから)、人の結婚祝いにあげてみたり……。ウェッジウッド サムライライスボウル(蓋なし)
「気になる存在」が「憧れの存在」に変わるのに、それほど時間はかかりませんでした。今は「ウェッジウッドが好きだぁ!!」と声高に言いたい(言わないけど)。
安い物じゃないので「買い集める」なんて事も出来ず、あいにく「好き度」は形で表せませんが。ウェッジウッド サムライ ボウル 16.5cm

そんな「憧れのイギリス」を象徴する「憧れのウェッジウッド」が、なんと「サムライ」なんていうシリーズを出しちゃったから、ビックリ。
最初(数年前かな?)「サムライ」のカップを見た時は特に何とも思わなかったのですが、今年お正月のデパートのディスプレイ(テーブル・コーディネイト)を見て、惚れ直しました。スッテキだったんですよぉ!!ウェッジウッドサムライ ティーカップ&ソーサー
下に和風のマットなんかひいちゃったりしてね。色々飾られていたんですが、特にプレートが素敵でした。どんな食材が載っても美味しそうに見えちゃいそう。ああ、あんなセットで食事がしたい。あんなセットが似合う部屋に住みたい(今の私の部屋じゃ似合わないだろう)。
これを使うイギリス人は、日本に憧れるんじゃないかな。って、イギリス人の美的感覚と私の感覚は違うかもしれませんが。いや、逆に日本人以上に「イイ」って思っちゃったりして?ウェッジウッド サムライ ジャパニーズティーカップ

和風とはいえ、イギリスっぽさも感じさせる和洋折衷のサムライ・シリーズ。そういえば私、カリフォルニア・ロールも大好き(アボカドは除く)。和と洋のコラボレーションって素晴らしいかも♪ウェッジウッドストロベリーブルーマグカップ

という事で、今日はサムライ・シリーズの写真を散りばめてみました。楽天からの写真なので、写真をクリックすると楽天のページに行っちゃいます。お気を付け下さい。
(右の物は私が普段使いにしているマグカップで、サムライではありません)

|

« ペコちゃん(オーバーオール) | トップページ | 上位VAIOを触ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムライ:

« ペコちゃん(オーバーオール) | トップページ | 上位VAIOを触ってみた »