« 煌めきのガラス絵 | トップページ | 大河な日日 »

2005.01.21

時色の空

冬の空に私はしばしば見とれます。今年に入ってからも、もう何度もうっとりしています。「こんなに美しいのに、この空じゃダメなの?」と智恵子に問いたくなる。「阿多多羅山の空はそんなに美しいのか」と思ってみたり、「東京がそんなにキライだったのか」と思ってみたり……。故郷の空が一番という事なんでしょうか?

Jiku某約束の時間までに間があったので、時間潰しにふらりと入った田中達也さんの写真展。そこには様々な表情を持った空の写真がずらりと並んでいました。
オーロラの写真が目立っていました。

このブログのデザインを観て頂いてもわかる通り、私はオーロラに憧れています。前回、「ノルウェーが好き」と書きましたが、ノルウェーが好きな理由の一つに「オーロラが見える国である」という事も挙げられます。

子供の頃は「オーロラなんて南極大陸と北極大陸(というのもあると勘違いしていた)でしか観られない」と思っていました。ヨーロッパやカナダの一部も北極圏だなんて知らなかったし(^^;)。
南極や北極に行くのは不可能だと思っていたので、則ちオーロラを観る事も不可能だと思っていました。それこそマイナス何十度で、「バナナで釘が打てる世界」(若い方は意味わかりませんね、ごめんなさい)に行かなきゃ観られないと思っていたのです。
だから自分がオーロラを観るチャンスを得た時は(それだけで)興奮しました。夢のような事だと思いました。あ、リレハンメル五輪を見に行くと決まった時の話です。

それはオリンピック観戦の為の旅行ではありましたが、冬にノルウェーに行く事なんてそうそう無さそうなので、「この機会にオーロラも見に行こう」という事になりました。

本当だったらオーロラを観る為には予備日なんかも作って何日も滞在するのが望ましいのですが、なんせ「オリンピック観戦旅行」だったので、オーロラに何日も割く事は出来ず「1日勝負」となりました。
ガイドブックで調べると、「晴天時にオーロラが見れる確率」というのが載っていて、8割とか7割の地域が多かったのですが、トロムソという場所はなんと9割を越えていました。しかも他の都市は「オーロラ観るしかやる事ない」という所が多かったのですが、トロムソは「北極圏最大の街」とか、「北欧のパリ」などと楽しそうなことが記載されていたのが決め手になり、トロムソに行きました。結局雪のせいでオーロラは観られなかったのですが、トロムソを選んだ事は後悔していません。とても楽しかった!!
後に「『晴天時に見れる確率』じゃなくて、『見れる確率』をチェックしなきゃ」と笑われました。それはもっともなんだけど、当時はインターネットも無かったし、そんな事調べようがなかったんだってば。あれから十年も経った最近、「トロムソは降水量が多い」という事をようやく知りました。ははは、そうだったのか(虚しい笑い)。

そんな経験があるので、余計オーロラの事は気になっちゃって、いつかはリベンジしたいと思っています。写真展を観ていたら、余計にそんな気持ちが高まりました。
もう「こんなに様々な色(や形)のオーロラがあるんだなぁ」とうっとり。
あと、オーロラって「うまく写真に撮れない」というイメージがあったのですが、すっごくきれいでした。撮影に使ったというカメラも展示されていたので思わずチェックしてみると、キャノンEOSのデジカメでした。プロも今はデジカメなんですね。

オーロラの本ただ、撮影場所はノルウェーではなくてカナダでした。
「ん? カナダ? イエローナイフ?」とドラマ『ラストクリスマス』(たまにしか観てなかったけど)を思い出して、微妙に反応したのですが、あのドラマの最終回で使われた映像は田中達也さんが撮影した物だったのだそうです。

時間を気にしていたのであまりじっくり観られなかったのですが、この写真展、無料だったからまた見に行っちゃおうかな。
智恵子にも見せてあげたいような写真展でした(違)。

|

« 煌めきのガラス絵 | トップページ | 大河な日日 »

コメント

冬の空は本当にきれいだなと思っています。
家に帰る途中、空を見上げると、星がとってもきれいに見えるのです。
まあ「あ!オリオン座!」くらいしか分かりませんけれど。
寒いの我慢して、しばし見とれています。
オーロラの見えるところはもっとずっと想像以上に寒いでしょうね…。

投稿: ゆず | 2005.01.23 01:06

それを見れば人生観が変わってしまう風景があると言います。
きっとオーロラもそれなんでしょうね。
この話はグランドキャニオンを見たときに聞かされました。
私は怖い以外何もなかったな。セスナが揺れて揺れて。
ピラミッドを見ても変わるって言いますね。
そう思うとまだまだ見ておきたいものがたくさんあると思いました。
オーロラは寒い所が苦手な私には見る機会はないかな〜。見てみたいけど。

投稿: ミミりんご | 2005.01.23 12:04

ゆずさん
冬の青空が大好きなんですが、星が一番見えるのも冬ですよね〜♪
でも、マックホルツ彗星が見えません(涙)。東京は灯りが多すぎます……って、イルミネーションの写真を喜んで撮っている私が言うのは矛盾してますね、スミマセン。

ノルウェーは私が行った時は夜マイナス15度位でした。
厚着をすれば体は大丈夫なんですが、顔がヤバかったです。
あと息をした時に、冷たい空気が体に入り込む感じが妙にリアルに感じられて、なんとなく恐かったです。普通吸った空気の事なんてあまり考えないじゃないですか。でもその時は「うわ、今、肺に冷たい空気が流れ込んだ。私の肺はこの冷たい空気に耐えられるの?」なんて一瞬考えてしまいました。

ミミりんごさん
わー、私もピラミッド見たい〜っ!!
でも、私はミミりんごさんとは逆で暑い所が苦手なのです。虫がいる所とかも弱くて(^^;)。どこでもドアが欲しいです。長居せずに帰るの(笑)。

ホント、見たい物、色々ありますよね。
日本国内でもまだ見てない物一杯あるし。

投稿: YAGI節 | 2005.01.24 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時色の空:

« 煌めきのガラス絵 | トップページ | 大河な日日 »