« デメル原宿店 | トップページ | 青春18きっぷの旅・常磐線編 »

2005.03.11

ハウル再び

ブログを読み返してみました。『ハウルの動く城』を見たのは昨年の11月だったようです。もう3ヶ月以上経っていたのか。早いなぁ……。
え、なんで、そんな事を今さら言い出したかって? ふふふ、また見に行っちゃったのです。

ハウルの動く城徹底ガイド―ハウルとソフィーふたりの約束同じ映画を2度見に行った事って、実は生まれて初めて。『セント・エルモス・ファイヤー』は2度見たけれど、その時は映画館から出ずに座ったままで続けて見ました。お金払って2度見るというのは今回が初めてです。
そもそも、ビデオだってあまり見返さないタイプなのです。2度以上見た映画って、数える程しかありません。結末がわかっていると、「もういいや」って思っちゃう事が多い私なのに……(ミュージカルは別)。

公開から3ヶ月以上も経つと、さすがに客はまばら。しかし、その数少ない客の中に男子高校生のグループがいました。「今迄の宮崎作品と比べると、男性ウケが悪いのでは?」と勝手に思っていたので、ちょっとびっくり。しかし、上映前にちらっと聞こえた「ハウルってギャル男みたいでイヤだなぁ。今時っていうか」という発言は聞き捨てならなかったよ。まぁ、CMのハウルしか見ていなかったら、「金髪のチャラチャラしたヤツ」と思われても仕方ないか。……既に見ていての感想だったらどうしよう(汗)。
あと、見終わった後に同行者が私の顔を見て「なるほど」と言ったのにもビックリ。「ハウル、ナルちゃんだもんね」だって。私の事をナルちゃん好きだと思っているのです。
「私、ナルシストなんて好きじゃないよ〜」
と反論してみたものの、デヴィッド・ボウイ好きではそう疑われても仕方ないのか。
そういえば、Natsumiさんがブログにハウルの格好をしたボウイのイラストを載せて、「ハウルが50代くらいになったら今のボウイみたいなルックスになっていそう」というような事を書いていたっけ。うーん、通じるところはあるかも知れないなぁ……。

ヒロさんのブログのおかげで謎は結構解けたような気になっていましたが、やっぱり引っ越しシーンはわかりづらいですね。あと悪魔の話もよくわからないです。ハウルの世界における悪魔って実体あるんですかね? 魔法使いが好きな時に簡単に召喚出来て、「こういう状況だから、取引したいんだけど。契約しようよ」って呼びかけるものなのか? まぁ、元々、デビルとかルシファーとかデーモンとかの違いはよくわかってないんですけど(^^;)。H
カルシファーは「火の悪魔」なんて言ってましたが、星の子で堕天使みたいなものなんですかね??? うーん、やっぱり原作読まないとダメかな?(^^;)。

それにしても、2度目なのに全く飽きませんでした。楽しかった〜♪ 相変わらずハウルはカッコ良くて、カルシファーはかわいくて、マルクル君も魅力的。そして、風景の描写がまた美しいんですよねぇ。ずっと見ていたい感じ。
思わず、ハウルの京ぽん用壁紙も作ってしまいました。ああ、心臓取られてるよ。

|

« デメル原宿店 | トップページ | 青春18きっぷの旅・常磐線編 »

コメント

TBおおきにどすえー
いいなー2回観られていいなー
正月に実家帰ったとき弟がバッタもんの
ハウルDVDを屋台にて500円で購入してきましたが
意地でも観ませんでした
誰が観るか!海賊版なんか!!

・・・そんなかっこつけたがる自分が嫌いです

投稿: ヒロ | 2005.03.12 09:02

トラックバックありがとうございます♪
なっていそうというか、なって欲しいです(ヲイ)。
ハウルは「映画はビデオ/DVD派」の母が、DVD化したら間違いなく買うだろうと思っています(笑)。
ちなみに、私は「となりのトトロ」は2度以上どころか、ビデオが擦り切れるまで見てました♪
他には、好きなシーンだけをリピートして何度も見てるとか(笑)。

カルシファー・・・火の悪魔・・・・・・火ルシファー(笑)?

投稿: Natsumi | 2005.03.12 23:02

ヒロさん
うう、かっこいい。
私だったら誘惑に負けて見てしまいそうです……。自分では買わないけど。

原作本、ハリーポッター・シリーズみたいに大きい物を勝手に想像していたのですが、意外とコンパクトですね。あれなら、買ってもいいかな。
あと、続編を本屋でチェックしてみたら、最初の登場人物紹介の欄でソフィーが「ハウルの妻」と記載されていたのが妙に嬉しかったです。結婚するんだ、あの2人♪

Natsumiさん
ボウイのビデオさえ、あまり見返さない私です〜。
曲は擦り切れる程聴くのですが……って、前にもそんなコト書いたっけ(^^;)。
私の場合、視覚より聴覚の方が勝っているんだと思います。美術苦手だったし(涙)。

私も「火のルシファー」っていう覚え方をしましたが、原作はイギリスなんですよ〜。
あと、ルシファーで悪魔を連想してしまいましたが、今調べてみたら「明けの明星」という意味もあるそうです。ラテン語では「光をおびたもの」だって。星の子に相応しい名前だぁ。「カ」にもラテン語で何か意味あるのかなぁ?
ボウイじゃないけど、言葉遊びというかダブル(トリプル?)ミーニングかも。

投稿: YAGI節 | 2005.03.14 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハウル再び:

« デメル原宿店 | トップページ | 青春18きっぷの旅・常磐線編 »