« 世界フィギュア | トップページ | そうだ京都へ行こう »

2005.03.21

伊藤みどりさん

世界フィギュアの記事にコメントを付けて下さったグランテスタさんの

「五輪本番の舞台などは時に痛々しいですよね。プレッシャーに押しつぶされた選手、この人はこんなもんじゃないはずだけどな〜という選手を何度見たことか」

というコメントを読んで、真っ先に連想したのは伊藤みどりさんでした。思い出したら気分が盛り上がってきちゃって、書かずにはいられなくなりました。
という事で今日は伊藤みどりさんについて。

オリンピック 栄光の軌跡「伊藤みどりさんは凄かった」

なんて書いても、「昔は良かった」みたいな年寄りの昔話に取られてしまいますか? それは困る。だって伊藤みどりさんの凄さは尋常じゃないんだもん。時代を超えて凄いんだもん、わかってくれます? いや、わかる人はわかるだろうけど、伊藤みどりさんの演技を見た事ない人にはわからないだろうなぁ。

伊藤みどりさんと同じ頃に活躍していた男子選手の中では、私はカート・ブラウニングという人が大好きでした。彼も凄かった。世界選手権で何度も優勝しました。そして、初めて公式戦で4回転ジャンプを決めた人でもあります。1988年の事だそうです。伊藤みどりさんが初めて公式戦でトリプル・アクセル決めたのも同じ年らしい。
男子は、今では4回転なんて珍しくもなんともありません。跳べないとお話にならない状況。すっかり時代が変わってしまったのです。現在は4回転を跳んで大騒ぎされる時代ではないのですね。
ところが女子は、いまだにトリプル・アクセルを飛べる人が希少です。今回の世界フィギュアでも誰もやっていないと思います(だよね?)。
恩田選手が跳べるという触れ込みですが、彼女のきれいなトリプル・アクセルを見た事はありません。中野選手も跳べるらしいですがテレビに出ないしなぁ。
先日浅田真央選手を見て、ようやく「うわー、ついにちゃんと跳べる子が出た」と思いましたが(ジュニアだよ、驚いたよ〜!!)、跳んでる図を見るとびっくりしてしまう位貴重なのです。
伊藤みどりさんが初めてトリプル・アクセルを跳んでから、もう15年以上の月日が流れているというのにこの有様。いかに伊藤みどりさんが凄いか伝わりましたでしょうか?

さらに凄いのはそのジャンプの高さです。
もう、すっごい跳んじゃうんだから!! あんな跳び上がる人は見たことありません。フェンス越えてカメラ席に突っ込んじゃった事もある位(笑い話みたいですが、実話です) 。ゴムまりのようにぴょーんと(?)跳ね上がるのです。あんなジャンプはこの先も見る事はないんじゃないかなぁ、少なくともフィギュアでは。うん、あれはフィギュアのジャンプじゃないよ(^^;)。

とにかく、そのジャンプに度肝を抜かれてしまった私ですが、忘れられないのはアルベールビル五輪。日本中の期待を一身に背負ってしまったみどりさんは強張った顔でリンクに登場しました。プレッシャーに押し潰されそうに見えました。コワイ程ひきつってたもん。一番美しくあってほしい晴れの舞台に、かつてない程、ひどい顔をして出てきたのです(失礼)。そしていきなり転倒。優勝は絶望、メダルすら難しく思えました。私は落胆しつつも、「もう、これ以上転ばないで」とだけ祈りながら見ていました。詳細は既に覚えていません。が、トリプル・アクセルを飛んだ時の事は覚えています。涙が溢れてきたから。当時は滅多に泣いた事のなかった私が泣きました。だって、跳んじゃったんですよ。跳ぶはずじゃない所で決めちゃったんですよ。嬉しかったよぉ♪ 執念のジャンプでした。自称・「オリンピックおたく」の私が挙げる、もっとも感動したオリンピックのシーンがあの瞬間です。
プレッシャーでガチガチになるみどりさんを出来れば見たくなかったけれど、ガチガチになっていたからこそ、その中で飛んだという事に感動してしまったのかも知れないなぁ。苦悩がひしひしと伝わってきました。

……と、伊藤みどりさんを絶賛しましたが、実は私が最初に好きになった女性スケーターってカタリナ・ビット選手なんですよね〜。あの美しさには憧れました。
「西洋人の美しさに対抗するには、日本人にはジャンプしかないでしょ」とずーっと思っていましたが、今の荒川選手には西洋人の美しさに対抗出来る美しさがありますね。日本から、スポーツタイプと芸術タイプの両方のチャンピオンが生まれたという事がとても嬉しい私です。なんだか誇らしい気分になっちゃうのです。

|

« 世界フィギュア | トップページ | そうだ京都へ行こう »

コメント

 YAGI節さんの熱い思い、痛いほど伝わってきます。
 「伊藤みどり伝承会」を作りましょうか(笑)
 「プレッシャー」の件は、僕も伊藤さんやデビ・トーマス選手などをイメージしてコメントしました。
 伊藤さんの凄さを知る者として声を大にして言いたいのは、アルベールビルの時点で、彼女にとってのトリプルアクセルは「降りられるかどうか」というレベルはとうに卒業していて、コンビネーションジャンプの一部としてかなり高い確率でものにしていたということ。13年前の段階で、です。
 それだけに、五輪本番でその本来の技を披露できなかったのは残念でしたが、それでも終盤でのトリプルアクセルの成功には僕も本当に感動しました。
 彼女のことはいくら語っても語り尽くせませんね(笑)

投稿: グランテスタ | 2005.03.22 00:16

>「伊藤みどり伝承会」を作りましょうか(笑)

いいですね!!(笑)
フィギュア好きの友人はいるのですが、「伊藤みどりさんが好き」って人がいないんですよ。気持ちをわかって下さる方がいて嬉しいです。

>彼女にとってのトリプルアクセルは「降りられるかどうか」というレベルは
>とうに卒業していて

そうそう。
それでも五輪でTアクセルを跳ぶのにあんなに苦しんだので、「たまに練習で成功するだけ」という状態だったソルトレーク五輪時の恩田選手に過剰な期待をかけるマスコミには首を傾げちゃいました。

みどりさん、コンビネーションジャンプの一部としてもTアクセルを跳べたんですか。それはすごいですね。
公式戦でもやったのでしょうか? 練習だけ?

私のハンドル名は鍵山選手に因んでいるのですが、彼がTアクセルがなかなか跳べない時にもらした「女子でも飛んでるのに…」という愚痴めいた言葉が印象に残ってます。

投稿: YAGI節 | 2005.03.23 02:45

>コンビネーションジャンプの一部としてもTアクセルを跳べたんですか

YAGI節さん、91年のNHK杯はご覧になっていませんか?
たった今ビデオで観ましたが、みどりさん、フリー演技(もちろん本番)で、Tアクセル→Tトゥループのコンビネーションを完璧&綺麗に決めています。
着氷後、解説の五十嵐さんが「きっれいですね〜〜」と感嘆の声を挙げていました。
これは無形文化財に指定すべきです(笑)
いっしょに観ていた妻が「他の人は一生懸命速く回転力でまわろうとしてるけど、伊藤みどりは高くて悠々と回ってるよね」と珍しく的を射た発言をしました。

投稿: グランテスタ | 2005.03.23 22:59

すみません。
「Tアクセル→ダブルトゥループのコンビネーション」の誤りでした。

アクセルジャンプって、あの半身の体勢からの踏み切りが何とも言えずカッコいいです。
芸術タイプの選手でも、アクセルジャンプ(伊藤さん以外はダブルアクセルだけど)を飛ぶときだけはスポーツ系の香りが発散される気がします。

投稿: グランテスタ | 2005.03.23 23:06

こんばんは
フィギュアスケート全然詳しくないんで
書こうかどうしようか迷ったんですが・・・書いちゃえ!(^^)

カタリナ・ビット選手なんですが 
昔 ピーターパンだかウイリアム・テルだか
そういうボーイッシュな演技をみた記憶があるのですが
誤記憶でしょうか・・・・
その記憶の中では彼女は 
みんながヒラヒラのドレスを着用してる中 
パンツルックの茶系の衣装で舞っていたんです
それが かわいくてかわいくて・・・・!!!!

あれが多分いわゆる「萌え」という感情なのではないかと
勝手に思って入る次第でございます
お目汚し失礼いたしました

投稿: ヒロ | 2005.03.24 00:26

そうでしたか!! さすがみどりさん。

しかし、91年のNHK杯なら多分見てる筈なのに………………
ああ、思い出せない。頭が、頭が〜っ。(爆)
ほんっと忘れっぽいんです。ううう(泣)。早くも伝承会脱落か。
また、色々教えて下さいね。

NHK杯、92年以降は10年連続で現地観戦していたので留守録してましたが、みどりさんが出ている物はリアルタイムで放送見てたから録画する必要ないと思ってたかも……。

他に何か無いかと家探しした所、貰い物の90年のスケートアメリカのテープが見付かりました。早速チェックしてみたのですが、みどりさん、調子悪そうでトリプル・アクセルで転んでました、ありゃ。
でも終盤にトリプル×トリプルのコンビネーションジャンプを決めてるあたりは流石。

投稿: YAGI節 | 2005.03.24 01:19

お? ヒロさんも書いて下さってる、わーい。
パンツルックというのは、多分カムバック後ですね。リレハンメル五輪の年?
あの衣装は斬新でしたね。女子シングルでパンツルックって、初めて見たかも。
「もう若くないから、脚出すのイヤなのかなぁ」とちょっと穿ってしまったけれど、似合ってましたよね。

ボーイッシュといえば、"BAD"(マイケル・ジャクソン)も印象に残ってます。
「へ〜、東ドイツでもマイケルは有名なんだ」と思いました。
当時のビットには「ボーイッシュ」なんていうイメージは全く無くて、ひたすら美しいイメージだったので皮ジャン着て滑る事に驚きました。

投稿: YAGI節 | 2005.03.24 01:48

迷ったけど書き込みを。
日本での伊藤みどりさんの評価がひくすぎるのが納得いきません。
外国に「100年に1人の天才」と言われた人に何という扱い、とかなり怒ってます。
フィギュアスケート好きとしては昨今のブームは歓迎なのですが、アイドル扱いして私生活まで追ったり、伊藤みどりさんと比較して容姿に対するコメントを入れたり(セクハラだ!)、方向性がかなり違ってるようで少々不安です。
最高の技術を持った誇るべき選手を正当に評価して欲しいです。

投稿: mat | 2005.03.30 22:44

matさん、はじめまして。
伊藤みどりさん、殿堂入りしましたもんね!! ホント、海外での評価は高いんでしょうね。
ただ、フィギュアの評価って難しいですよね。要素は色々あるし、好みもあるし。

若くてカワイイ選手が騒がれちゃうのは、フィギュアに限った事ではないし、ある程度は仕方ないと思いますが、昔はオリンピック強化選手って一般のテレビCMに出せなかったんですよね。
「出せばいいのに」なんて思っていましたが、こんな悪影響があるなら、「出さないままの方が良かったのかも」という気もしないでもありません。
テレビCMに出なかったら、こんな異質なブームにはならなかったかも?

投稿: YAGI節 | 2005.03.31 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9629/44759300

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤みどりさん:

« 世界フィギュア | トップページ | そうだ京都へ行こう »