« 吉野・京都桜紀行2 | トップページ | 東京チューリップめぐり »

2005.04.12

吉野・京都桜紀行3

楽しかった旅行もいよいよ最終日。

Yo1この日は出かけようとしたら、雨が降っていました。それ迄もったのが不思議な位なのですが、「最後にこれか」とショック。止む事を願いつつ、チェックアウトの時間ぎりぎりまで部屋でねばります。他の部屋の窓からも外を窺う人が見えました。皆考える事は同じみたい。しかし止む気配は全くありません。結局この日は一日降り続けたのです。波乱を予感させるような一日のスタートです……。

Yo2この日はまずホテルの目の前にあるインクラインへ行きました。
琵琶湖疎水の物質運搬に使われた鉄道跡だそうです。線路が残っています。
京都さくらマップという小冊子には「地元の人に嫉妬してしまうほどの美しさ」と書いてありました。嫉妬はしなかったけど(笑)、確かに素敵な場所でした。私は今回初めて知ったのですが、この日の夜、テレビ朝日の『都のかほり』というミニ番組で紹介されていました(これを書いているのは15日)。「わっ、今日見て来た所だ!!」とそのタイムリーさになんか嬉しくなっちゃった。
余談ですが、テレビ局って「リンクはお断り」とか、リンクOKでも「局のトップページのみ」なんて小うるさい事を謳っている所が多いのですが、テレビ朝日は「番組のトップページもリンクフリー」と記載されていました。いよっ、テレビ朝日さん、太っ腹!!♪

Yo3b_2Yo4bインクラインから10分程歩くと平安神宮に着きました。ここはその鮮やかな朱色の建物が美しくて好きなので桜が無くても寄りたい場所なのですが、あんなに素敵な桜があったとは!! いや〜、感動しました。驚きました。ソメイヨシノを見慣れた目には濃いピンクのしだれ桜は新鮮で、うっとり。もう、ほんっと、可愛い!! 「カワイイ、カワイイ、超カワイイ!!」(By北陽・虻川さん)
量もハンパじゃありませんでした。「花のカーテン」といった感じ。もしくは花の噴水? ちょっと藤っぽくもあります。あれなら拝観料600円は高くない!! ブラボー!!

Yo5

続いて、平野神社へ。
ここは桜の種類が多く、珍種もあるという事なのですが、一見した感じではどれが珍種かわかりませんでした(爆)。地元民と思われる人が「わ〜、こんな近くにこんな所があったなんて♪ 来年も絶対来よう!!」なんて言っていました。「こんな近く」ってどれ位近くかわかりませんが、もしや地元民よりも観光客の間で有名な場所とか?
和服の女性がプロのカメラマンらしき人に写真を撮られていました。私も桜を撮るフリをして、一緒にパチリ(^_^;)。
Yo7紅傘が似合うのも雨ならでは。しっとりした風情も良いし、雨も悪い事ばかりじゃありませんね♪

Yo6b平野神社のすぐ側が北野天満宮。ああ、京都って名所だらけだ。歩いてるとすぐ名所が現れる。軽く参拝した後はバスに乗って、二条城へ。
ここも色々な桜がありました。二条城桜マップというのを入口でもらったのですが、雨だったので、ゆっくり見比べる事はしませんでしたが(だってマップが濡れちゃうんだもん)、きれいで見応えありました。

さて、あとは帰るだけ。
Yo8この日はバスの一日乗車券を持っていたので、二条城からバスに乗る事にしました。バスはなかなか来ません。「まぁ、車だったら、二条城から京都駅なんてあっという間でしょ」とタカをくくって特に焦る事もありませんでした。バスに乗ってからも、何も心配はしていませんでした。しかし、バスの動きが妙に遅い。渋滞か? いや、停留所がやたら多いんですね。「これだけの距離にこんなにバス停を作る!?」と思う程多い。そして、必ずといっていいほど乗降客がいる。飛ばす停留所がありません。段々焦ってきました。

「も、もしや、飛行機に間に合わないのでは?」
いや〜、ホント、時間かかった。計っておかなかったのが悔やまれます。どこかのHPで「京都のバスは渋滞が多い」というのを目にしていたのですが、平日でもあんなに時間がかかるなんて。
バスから降りると猛ダッシュ。疲れてヘロヘロになりながら、ホームに辿り着くと各駅停車の電車が停まっていました。しかし駅員さんによると、その電車に乗るよりも十数分後に来る快速に乗った方が、早く大阪駅に付くとの事。うう、あの死に物狂いのダッシュはムダだったのか(涙)。
飛行機の出発時刻は17時ジャスト。ただし、チェックインは15分前迄と言われていました。16:45ですね。しかし、快速電車は15:47発。「た、確か、京都から伊丹空港迄1時間位かかったよなぁ」
顔面蒼白。

Yo9とりあえず、快速電車に乗り、緊急会議をしました。
「大阪からタクシーを使おうか?」
しかし、馴れない場所なので距離感が全くつかめません。大阪から伊丹空港まではどれ位なのか? 本当に電車よりも早く着くのか?
電車の場合、大阪駅から梅田駅まで歩いて、その後阪急線→モノレールという経路を考えていたのですが、「大阪駅から梅田駅までの間でタクシーがいたら、空港まで何分かかるか聞いて、15分以内と言われたらタクシーに乗ろう」と決めました。
果たして……タクシーはすぐに見つかりました。時間を聞くと「20分」と言うではありませんか。むぅ、30分と言われたら迷わず電車にするけれど、20分って微妙だよ!! 「16:45までに空港に着けますか?」と尋ねると「道の混み具合にもよるけれど難しい」という話。しかし、「17:00の飛行機に乗りたい」というと何とかなりそうな口調になりました。迷った挙げ句、乗り込む事に。これ、結構苦渋の選択でした。

もう心臓はバクバク。1分を争うので、「到着したら、一人がタクシーの支払をしているうちに一人が空港のチェックインカウンターに駆け込もう」という作戦を立てました。私が駆け込む役になりましたが、なにせ方向音痴なのでドキドキ。「迷ってたらアウトだなぁ」と緊張しまくり。タクシーの運転手さんも、「間違えないでね、ゲート確認して。迷ったら途中で人に聞いて。1人に聞くとウソ言われるかもしれないから、念の為に複数に聞いて」などとアドバイスをくれます。
空港に到着したのは16:47位だったでしょうか。「あぁ、もうダメか?」と思いつつ、私だけ先に飛び降りました。空港が狭いのが幸いでした。全日空のカウンターのまん前に車を停めてくれたので、カウンターまではあっという間。羽田ではああはいかなかったんじゃないかな? 駆け込むと、受付口は4つ位あって、うち3つは塞がっていました。残りの1つに行こうとすると「Close」の札が。「えっ、並んでたら間に合わないよ」と困っていると、見かねたのか(^^;)、カウンターのおねえさんが「お急ぎですか?」と声をかけてくれて「はいっ!!」と叫ぶと、開けてくれました。ありがとう(号泣)。
「今からでも大丈夫ですか?」と尋ねると、「急いで頂ければ」との返事。あぁ、良かった〜。
「お連れ様は?」と聞かれ、「もうすぐそこまで来ていて…」と答えながら振り向くと、友人の姿が。「あ、あれです、あれ!!」と指差す私(^_^;)。かくして、めでたく飛行機に乗り込む事が出来ました。チェックインは16:45までですが、搭乗は10分前迄との事だったのでなんとかOKだったみたい。ああ、良かった。本当に良かった。格安チケットだったから乗り遅れたら、買い直さなきゃならない所だったよ(汗)。全日空さん、ありがとう(泣)。タクシーの運転手さんもありがとう。無茶言ってごめんね。

こうして、華の余韻は消え、慌ただしく京の旅は終わりを告げたのでした。やれやれ。
戻ってみたら、私の住むマンションの前の桜も散っていました。桜の季節は終わったんですね。

※今日はクリックすると大きくなる写真が4つあります。

|

« 吉野・京都桜紀行2 | トップページ | 東京チューリップめぐり »

コメント

お、お疲れ様でした(汗)。
中学の修学旅行の最終日、同じように時間に遅れそうになってマジ焦った記憶があります(苦笑)。それなのに同じ班だった同級生たちはのんきにみやげ買ってて・・・で、集合時間に遅れました(涙)。

桜の写真も、毎日楽しませていただきました♪
私はお花見に行くと桜アレルギーで全身にじんましんが出てしまって(小3の時に実証済み)、お花見に行けない体質なので、こうして写真で「お花見」を楽しむ事ができてよかったです☆
でも見てるだけで目がかゆくなってくる錯覚も・・・(汗笑)

投稿: Natsumi | 2005.04.16 23:23

うわー、Natsumiさんって「桜アレルギー」だったのですか!! 何がイケナイんでしょうね。花粉症同様花粉なのか?
しかし、じんましんだなんて、桜怖くなっちゃいますね。写真楽しんでいただけて良かったです…っていうか、痒くしてゴメンナサイ〜。

修学旅行、班行動だったんですね。
「皆で遅れれば怖くない」と思ったのだろうか>のんびりしてた人。
あるいは「おみやげ命」とか?
う、「おみやげ命」といえば、私も卒業旅行(ヨーロッパ)で友達がおみやげ買うのを待っていて、集合時間に遅れた事ありました。
「おみやげどころじゃないってば!!」と、言いたかったけど、言えなかった。急かしはしたような気はするけど。

投稿: YAGI節 | 2005.04.17 23:25

お疲れ様でしたー!
タクシーを選択したのは正解だったと思います。電車じゃ絶対間に合わない!
最後に笑わせていただきました(^^)

投稿: ヒロ | 2005.04.18 10:02

おお、やはり!?

実は、
「乗り遅れた時は新幹線で帰ろうか、飛行機で帰ろうか」
なんていう恐ろしい話もしてました(>_<)。
「空港まで行っちゃったからには飛行機でしょう」ということになりましたが、飛行機の正規料金知らないもので、ドキドキしてました。
半分諦めかけてたけれど、最後まで頑張って良かったです(涙)。

投稿: YAGI節 | 2005.04.20 02:01

平野神社も思いでイッパイな場所です。
でも北野天満宮とか仁和寺とか妙心寺とかのほうが
自分にとってはなじみぶかいなぁ。。
本当に京都は大好きな場所です^^

昔友人が妙心寺の近くに下宿している人を題材にした
曲を作りました。
そのナも「near the strange mind temple」

投稿: rocker | 2005.05.28 03:22

どんな思い出なんだろうー?
…と突っ込むのは我慢して、と。

京都は何度でも行きたいです。
1泊の予定が2泊になったのにそれでも全く時間が足りなくて、
同行者と「何日いれば、満足出来るだろう?」という話になりました。
「1週間はいたい」
「1月でも飽きない」
なんて、言ってました。

>そのナも「near the strange mind temple」

きゃはは。myoshin-ji temple じゃ、ダメなんでしょうかね(笑)。

投稿: YAGI節 | 2005.05.29 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野・京都桜紀行3:

« 吉野・京都桜紀行2 | トップページ | 東京チューリップめぐり »