« 早わかり新選組 | トップページ | 風雲 幕末伝 »

2005.07.27

新選組剣客伝

今日はレアルマドリードが勝って良かった。ラウルのシュートは見事でしたね。いや、日本選手達に頑張って欲しいのはもちろんなんですが、はるばる来て良い所なしで帰ってしまうというのは寂しいので。

新選組剣客伝レアルが世界一の健脚軍団だったら、日本一の剣客軍団は新選組でしょうか(こじつけ)。という事で、図書館で借りた13冊目の新選組本を読み終わりました。タイトルは、『新選組剣客伝』。

前回書いた『早わかり新選組』と同じ作者(山村竜也さん)による物です。新選組幹部8人(近藤・土方・沖田・山南・永倉・原田・藤堂・斎藤)のエピソード集。新選組とは関係無い事も取り上げられていて面白いです。京都時代の近藤の女性関係が派手だった事は知っていましたが、江戸にいる時も若い頃は派手に遊んでいた事や、つねさんを妻に選んだ理由などは知らなかったのでビックリしました。山南&近藤の泥棒退治の話も興味深かった。

……でも、段々知らないエピソードが減ってきて寂しいなぁ。
さすがに12冊も読んじゃうと、どこかで見たエピソードが多かったりするんですよね〜。

|

« 早わかり新選組 | トップページ | 風雲 幕末伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組剣客伝:

» レアルがジュビロに勝ち面目を保つ [芸能&スポーツ瓦版]
27日に味の素スタジアムでレアル対ジュビロ磐田の 親善試合が行われレアルが開始早々にラウルがゴールを決め ジュビロがその21分後に追いついたがロナウドがPKを決め 後半もロナウドがゴールを決め3対1で勝利した(-^○^-) しかしヴェルディ戦よりは動きもあった [続きを読む]

受信: 2005.07.28 22:23

« 早わかり新選組 | トップページ | 風雲 幕末伝 »