« ハウルの動く城・大サーカス展 | トップページ | 警察のお世話になりました… »

2005.07.05

新選組の足跡(市ヶ谷・板橋)

7月3日の日記の続きです。
実はあの日、ハウル展だけではなくもう一つスペシャルな事(?)がありました。

Si1私のウチから現代美術館はかなり遠かったりします。電車賃は往復で千円以上。そこで割引切符を使う事にしました。選んだのは「東京探索きっぷ」という物。自宅最寄り駅から新宿駅までの往復割引乗車券と都営地下鉄線(と都電・都バス)の一日乗車券がセットになった物です。1140円也。あぁ、なんか観光客気分♪
都営地下鉄って東京メトロと比べると運賃が高いイメージがあるし、路線も少ないので普段はあまり積極的には使わないのですが、今回素晴らしい事に気づきました。なんと、

都内の新選組ゆかりの地は都営地下鉄線の駅の近くが多かった!!

という事で、急遽新選組ゆかりの地めぐりを決行する事にしました。
14:00に友人と現代美術館の前で会う約束をしていたので、それ迄の予定を綿密に立てて動きました。

まずは都営大江戸線牛込柳町駅へ。
Si2←改札を抜けると、こんなポスターが♪ ああ、いまだにこんなポスターを貼ってあるとは(感動)。「新選組は終わらない!!」(by斎藤一の名言)って感じです。
香取局長、やっぱ口大きいですね〜。

◆試衛館跡地
6月2日の日記に、試衛館の跡地は「市谷甲良町1-20」と「市谷柳町25番地」の2つの説がある事を書きました。「実際歩いてどの位の距離なのか体感してみよう」なんて事も書きましたが、それを実践してみたわけです。

で、この2ヶ所、ホントにすぐ近くでした。「市谷甲良町1-20」から「市谷柳町25番地」迄全部試衛館の敷地だとしても、贅沢な道場という感じは全くしません。昔の家はあれ位の庭普通に持ってるだろうし。なので「市谷甲良町1-20でも市谷柳町25番地でもどっちでもいいじゃん」と思いました(爆)。ちなみに前者の方に「試衛館跡」という看板が立っていました。後者はマンションが建っていました。

Si3 Si4

↑試衛館跡地に隣接している稲荷神社。350年の歴史があるとの事ですから、試衛館のメンバーもお詣りしたのでしょう♪

Si5 Si6

次に都営三田線新板橋駅へ。

しかし、ここでいきなり計画が崩れました。当初の予定では寿徳寺に行く予定でした。近藤勇の菩提寺です。ここの場所はわかりにくいという話はネットで読んではいたのですが、本当にわからなかった〜(>_<)。ヤフーの一番詳細な倍率のマップをPHSに入れて携帯していたのですが、迷いまくり。もうワケわかりませんでした。迷ってるうちに、JRの板橋駅に出てしまったので、もう一つの目的地へ。それは……

◆板橋新選組墓所
板橋駅東口駅前にあります。実はここ、↑の寿徳寺の境外墓地なのだとか。
永倉新八のお墓が大きいのは、供養塔建立の発起人だからという事でしょうか。
お墓だけではなくて、近藤の像もありました。
駅前とは思えぬ静かな小さな一角。この時、私の他には誰もいませんでした。

Si7 Si8

近くの喫茶店の窓には「イサミあんみつ」の宣伝が。うう、食べてみたかった(でも一人だったので断念)。

Si9 Si10

この後、改めて寿徳寺を探しましたが見つからず。待ち合わせに遅れそうになってしまったので、やむなく現代美術館に向かいました。

本当はこの後都営三田線で春日に戻って、伝通院(浪士組結成の地)と斎藤一が晩年暮らした家があった場所に行くつもりだったんだけどなぁ。まぁ、その辺は東京ドームに行く時にでも寄ってみようと思います。コンサートかスポーツ観戦でそのうち行く事になるでしょうから。

しかし……普段縁の無い板橋、そして駅からかなり遠い上に場所がわかり辛い寿徳寺の方は……余程の事がない限り、もう行かないだろうなぁ……。

|

« ハウルの動く城・大サーカス展 | トップページ | 警察のお世話になりました… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハウルの動く城・大サーカス展 | トップページ | 警察のお世話になりました… »