« 新選組大全史 | トップページ | 歴史を変えました »

2005.09.02

壬生菜

2〜3ヶ月に一度、『先斗入ル』という京風スパゲッティ屋さんに行きます。チェーン店なので、ご存知の方も多いかもしれませんが、「ポントイル」と読みます。そういえば今年の春の京都桜めぐり旅行の計画をこの店で練ったっけ、「京都楽しみだね〜」なんて話しながら。その後も1回行っています。そして、今迄は特に何も感じなかった。それなのに……

今回初めて、メニューを見てドキドキしてしまいました。

壬生義士伝「壬生菜漬のスパゲッティだって!!」

「壬生」という地名だけで大喜びなのです(汗)。
前回はこんな風にならなかった。
まぁ、もともと京都好きだし、このお店のメニューを見ながらいつも「どれも美味しそうで、何頼むか迷う〜」という状態になる私ではあります。「九条ねぎとたらこバターの京風スパゲッティ」なんていうメニューを見ても、「九条ねぎだって」と意味も無く心惹かれてしまう。←九条ねぎがおいしいのか否かはよくわかっていない
しかし、「九条ねぎ」という響きの数十倍も「壬生菜」という響きにやられました。どうやら私の新選組熱病は悪化の一途をたどっているらしい……。

ところで壬生菜ってご存知ですか?
水菜の親戚らしいです。
水菜といえば、「関西では水菜、関東では京菜と呼ばれる」との説もありましたが、本当かな? 東京では「水菜」という呼称の方が一般的な気がします。
「京都の人は壬生菜と水菜をあまり区別しない」という説もネットで見かけました。「ミブナ」と「ミズナ」って発音も似てる……。

あ、壬生菜漬(ときのことベーコン)のスパゲッティはおいしかったです。
壬生菜そのものもおいしかった。
山南「京の野菜はこんなにも美味なのか」
土方「何言ってやがるんだ、多摩の野菜の方がうまいだろ」
……なんていう会話を連想してみたり(重症)。

「入ル」という地名は京都には幾つかあるようですが、ずっと「何て読むんだろう?」と気になってました(^^;)。『先斗入ル』のおかげで「イルって読むんだ!!」とわかったのは嬉しいのですが(遅っ)、常に「イル」って読んじゃって大丈夫なのでしょうか?

……映画『壬生義士伝』を見た時は、こんな事になるとは夢にも思わなかった……。

|

« 新選組大全史 | トップページ | 歴史を変えました »

コメント

こんにちは。
京都に対してはタダの観光客ですが、地名を取り扱う仕事をしてるSYUNJIです。
「入ル」という地名ですが、厳密には地名ではなく、京都固有の住所表現のようです。
ご存じのとおり京都は東西南北に通りが走っていて、その全てに名前がついています。
通りの交差点からどっちに曲がったところにあるかを、「入ル」という言葉で表すのだそうです。
南北に走る通りに対し、東側にある地点は「東入ル」、西側は「西入ル」になります。
南北の場合、北側は「上ル」、南側は「下ル」です。
観光客にとっては慣れるまでは難しいですね。

関東で無理矢理当てはめてみると、例えば府中の大國魂神社の場合、
「甲州街道・府中街道東入ル宮町」
「府中街道・甲州街道下ル宮町」
なんて感じでしょうか。(全然わかんない・・)

壬生菜というのは自分も知りませんでした。

投稿: SYUNJI | 2005.09.04 09:38

YAGI節さん、こんにちは。
壬生菜といえば、京都旅行で八木邸に行った時に、抹茶と一緒に屯所餅を頂きました。
壬生菜を混ぜ込んだ餅を粒餡で包んだもので、甘ったるくなくて美味しかったですよ。
生ものなのでお土産用ではなく、自分用に屯所餅を一箱買って、ホテルとかで食べてました。
壬生菜そのものの味は分からなかったですけど・・

投稿: yoo | 2005.09.04 11:12

SYUNJIさん、こんにちは。
いや〜、とってもわかりやすいたとえです。ありがとうございました。
大國魂神社が新選組ゆかりの地とご存知で挙げてくださったのだとしたら、尚素晴らしい(笑)。
↑近藤勇の天然理心流跡継襲名記念野試合が行なわれた場所。
っていうか、ほとんど競馬場辺りとも言われてるみたいですが。
あと、『燃えよ剣』では土方がナンパをしに行った場所という設定で……(汗)。

「上ル」「下ル」の読み方がいまだにわかりません(ばか)。

投稿: YAGI節 | 2005.09.04 23:48

yooさん、こんにちは。
屯所餅!! 本当に屯所の人が食べていた物だったら、無茶苦茶食べたいです。
後からブームに乗っかって作られた物だとしても、それでもやっぱり食べたい。

斎藤さんは甘い物あまり食べそうにありませんが、島田さんは好きなんですよね。
某ゲームでは近藤さんも甘い物好き設定になってましたが、実際どうだっけ?
あぅ、ゲームと史実が混乱してるぅ〜(>_<)。「お酒弱い人=甘党」とも限らないですよね。土方さんが餅を焼いてくれるイメージもこびりついているけれど、あれはどうだっけ???
……こういう時の為に「新選組大全史」買った筈なのに。

投稿: YAGI節 | 2005.09.04 23:48

こんにちは。
大國魂神社ですが、このあたりの物件で表せばわかりやすいかと思っただけで、残念ながら新撰組についての知識はありませんでした。(笑)

「上ル」「下ル」の読み方は「あがる」「さがる」です。
やっかいなことに京都の人は「○○通」の「通」や「東入ル」の「入ル」を省略することもあって、余計に混乱することがあります。
「丸太町川端東東丸太」なんてさらっと書かれたりしますが、正確には「丸太町通川端東入ル東丸太」だそうで。(結局どっちでもわかんないけど)

投稿: SYUNJI | 2005.09.10 12:08

SYUNJIさん、こんにちは。
わー、「あがる」「さがる」って読むんですか。
わかってホントに嬉しい〜。ありがとうございました!!
でも記憶力の悪い私は絶対忘れそうだから、このページ、何度も読み返しそうです(笑)。

投稿: YAGI節 | 2005.09.11 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壬生菜:

« 新選組大全史 | トップページ | 歴史を変えました »