« 時期はずれなお話 | トップページ | グランプラス »

2005.10.15

土曜スタジオパーク

新選組ファンの皆様、こんにちは。
きょ、今日の土曜スタジオパークご覧になりましたかっ!?
『新選組!!』情報、第二弾やってくれましたね!! しかも今回は結構長かった♪

いや〜、私ヤバイです。
もう、おかしいです。

不思議なドラマです。
今迄こんな熱い思いをテレビドラマに対して抱いた事はなかったように思います。
以前ブログで『新選組!』の事を、「今迄の大河ドラマの中では3本の指に入る位好き」と書いたような気がします。それが3本の指どころかナンバーワンになりましたが、今では大河のみならず、「今迄観た全てのドラマの中で一番好き」と言えてしまう存在になってしまいました。

今日は「誠」のボロボロの旗を観ただけで、泣きそうになってしまった。どうしよう(汗)。でも、山本耕史さんの目も潤んでいたように見えたのは私だけではないでしょう。

衣装を付けての新隊士紹介は良かったですね〜。ちょっとワザとらしい感じがしないでもないけれど、面白かった!!
相馬&市村、良さそうじゃないですか。相馬役の小橋賢児さんにはちょっと頼りなさそうなイメージを持っていたのですが、時代劇モードになって目ばり(?)を入れると見違える程凛々しくなるんですね。イイ感じです。
市村役の少年は……ほんっと「少年」「子供」って感じ。実際の市村さんもあんな感じだったのかも知れませんね。がんばれ、少年!!

山本さんのインタビューも興味深かったなぁ。
特に「鬼の土方が変わった」という話。
近藤がいた時は鬼になれたけれど、近藤がいなくなった後はそうはいかなくなった。
今迄私は「(箱館時代の土方は)歳を取って丸くなったのかなぁ」と漠然と思っていたのですが、近藤が亡くなってしまったから表面上優しくなったのかもしれませんね。本質が変わったわけではないのかもしれない。
ふと、ドラマでの近藤と土方の対立シーンを思い出しました。冷たい土方の処置に対して、近藤が「こんなやり方では誰もついて来ない!!」と怒るシーンの事です。その時土方は「普通は誰もついて来ないが、あんたにならついて行く」というような事を言っていたっけ。
近藤亡き後では、土方が近藤役もやらなければいけなくなったんですね。近藤=アメ、土方=ムチだったのが、土方一人でアメとムチを使い分けなければならなくなった……。いや、ちょっと違うかな。なんかうまく表現出来ないけれど、とにかく近藤の死が土方に大きな影響を与えた事だけは間違いないですよね。

尾関役の方(名前忘れました、ごめんなさい)が「最後まで諦めず頑張りましょう!!」と言うのに、MCのビビる大木さんが「僕はもう諦めました」と答えたのには爆笑。そう、忘れかけてましたが、彼は菜葉隊だったんですよね〜。あまりにも自然な受け答えがサイコーでした。

山本さんが「今日もこれからスタジオで撮影」と言った時には、思わず今から渋谷に行こうかと思ってしまいましたよ。前回行って、スタジオパークの勝手はわかりましたしね(^^;)。辛うじて、思いとどまりましたけど。

あー、楽しかった。
また、特集組んでくださーい>土スタ様。

そうそう、友人からDVD借りて、『新選組!』の第29話「長州を討て」から第32話「山南脱走」までの4話をまとめて観ました。やっぱり、面白い。一度観た物なのに、とーっても面白い。4話それぞれ面白い。
返却したら上書きして別の物を録ると言っていますが、そんなの勿体ないよ。……買い取らせてもらおうかしらん。

|

« 時期はずれなお話 | トップページ | グランプラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜スタジオパーク:

« 時期はずれなお話 | トップページ | グランプラス »