« 間違いだらけの京都旅行・後編 | トップページ | 新選組の足跡(京都Part2) »

2005.12.09

新選組の足跡(京都Part1)

今回の京都旅行の最大の目的は……やっぱり新選組ですかね(^^;)。
という事で、今日は新選組(と幕末関連)で訪れた所について書いてみます。

◆三条大橋

K1 K2


隊士達はこの橋から入京したそうです。京で活躍しようと、希望を胸に渡ったんだろうなぁ。
という事で、私もこの橋を新選組ゆかりの地を巡る旅のスタート地点にしたいと思った次第です。
近藤勇の京都は三条大橋で始まり三条大橋で終わったといえるでしょう。皮肉にも最期はこの河原にその首が晒されました(涙)。K3
「橋に刀傷がある」という事なので、探してみたんですが見つける事は出来ませんでした。今インターネットでチェックしてみたら、傷の正確な位置を記したページがありました。先にそれチェックしておけば良かった……。
三条大橋高札事件があった場所でもあります。
東海道の終始発点との事なので、新選組ファン以外にとっても重要な場所なんですね。弥冶さん喜多さんの像がありました。

◆三条大橋高札場跡
三条大橋のすぐ脇。今はスターバックスになっています。

◆酢屋

K4 K5

坂本龍馬の海援隊の本拠地となっていたそうです。
写真撮ろうとしている時に、車が来ました。通り過ぎたら撮ろうと思ったら、建物のまん前で止まっちゃった。よりによってそこへ駐めるか。少し離れて様子を見る私(アヤしい)。酢屋目当てで来た人かと思いきや、車から降りると別の建物の中へと消えて行きました。えええっ!?
という訳で、車を入れずに写真を撮るのに苦労しました。碑は「車上荒らしと間違えられたらどうしよう」とドキドキしながらも車に密接しながら撮影しました。

◆四国屋跡(丹虎)K6
池田屋騒動の時に土方隊が向かった旅籠ですけど……って事は斎藤さんも来たという事ですね♪
武市半平太が仮住まいしていた事もあったそうです。現在は金茶寮という料亭になっています。

◆池田屋跡
「現在はパチンコ屋」という事は知っていたのに、あまりにも目立たないので2度も気付かずに通過してしまいました(爆)。

◆土佐藩邸跡
偶然見つけたので撮っておきました。

◆佐久間象山・大村益次郎遭難の碑
共にこの辺で襲われているようですが、それ以外にこの2人に関連性ってあるんでしょうか??
Seki2 Seki1 Seki2 Seki4

◆桂小五郎幾松寓居跡……と噂されてる所
現在は料亭旅館。

◆桂小五郎像
ホテルオークラの敷地内にありました。
長州藩邸の跡にはオークラ、新選組屯所の跡にはリーガロイヤルと、今も昔もライバル関係にある物が建っているというのが面白いですね。

Katsu1 Katsu2

◆蛤御門
京都御所には今春行ったんですが、蛤御門はスルーしてました。今回は蛤御門だけの為に京都御所に行きました。

K7 K8

◆京都守護職跡
この碑は京都府庁の敷地内にありました。
京都守護職の長官に任ぜられた会津藩主・松平容保は最初は金戒光明寺に入りましたが、後にこの場所に移ったそうです。金戒光明寺は今回行きそびれました。紅葉もきれいらしいから、ぜひとも行きたかったんだけどなぁ。

◆新選組不動堂村屯所跡
不動堂村屯所跡といえば、リーガロイヤルホテルが真っ先に思い浮かぶ所ですが、ハトヤ瑞鳳閣の前にも屯所跡という立て札がありました。
リーガロイヤルホテル前の碑は普段も夜はライトアップされているようですが、今はクリスマス前のせいか一段とピカピカでした。

K9b K10 K11

◆不動堂
不動堂村の由来となっている明王院。この提灯にはドッキリ。

K12 K13

|

« 間違いだらけの京都旅行・後編 | トップページ | 新選組の足跡(京都Part2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組の足跡(京都Part1):

« 間違いだらけの京都旅行・後編 | トップページ | 新選組の足跡(京都Part2) »