« 間違いだらけの京都旅行・前編 | トップページ | 新選組の足跡(京都Part1) »

2005.12.07

間違いだらけの京都旅行・後編

●京都・2日目
朝起きて、恐る恐るカーテンを開け絶望しました。雨。それも、かなり強い雨でした。
ああ、レンタサイクル屋さんの言った事は正しかった。もう予定狂いまくりです。あんなに綿密なスケジュールを立てたのに。どうしよう、どうしよう、どうしよう……?
最近お天気の良い日多かったじゃん。なんでこうなるの? 私って雨女? それとも京都に嫌われてる?(春も降られた)

Kyo1この日の午前中のハイライトは寺田屋になるはずでした。つまり伏見に行くつもりでした。
寺田屋って駅から徒歩20分らしい。痛む足で雨の中20分――往復40分歩かなければいけないのかぁ。他にも行かなければいけない所たくさんあるのに……。
決めた、寺田屋はパス。悔しいけど、パス。伏見なんて、新選組にはいい思い出ないじゃん。やめやめ。
実は寺田屋に行く途中、自転車だったら東寺・戒光寺・(余裕があったら今熊野観音寺と泉湧寺)・東福寺・銭取橋(勧進橋)・墨染に寄る予定だったけど、全部まとめてパスだよ(号泣)。

Kyo2それだけパスすると、行動開始はゆっくりで良い感じ。伏見以降のメインポイント・霊山歴史館は10:00にならないと開かないし。「じゃ、8時過ぎ迄寝よう」と思ったのですが……眠れない。そういえば、電車に乗る事なんて考えていなかったから、路線図を用意してないなぁ。持ってきたガイドブックといえば京都のサイクリング本と新選組本のみ(爆)。乗り換えとか全然わからない。霊山歴史館って、どうやって行けばいいんだろう?
Kyo3新選組のガイドブックには四条駅から行くコースが載っていましたが、地図を見ると蹴上も近そうだったので、蹴上から行く事にしました。これが惨事の引き金になるのですが、そんな事は知る由もない私であった……。

眠くもないのになんとなくゴロゴロして、8時過ぎにのそのそと支度をしました。朝食はホテルのレストランで頂く事に。本当は誠パンを食べる筈だったんだけどね(前回の日記を参照)。ブッフェスタイルの店って、一人だと何となく入り辛いですね。やむなく和食レストランへ。なんか、朝一人でホテルの和食定食を食べていると大人になった気分です(いや、もう十分過ぎるほど大人な齢なんですけど、精神的にね)。
しかし、朝食に2千円ってもったいないなぁ。しかも2日連続で鮭になっちゃったし。漬け物苦手なのに漬け物だらけ(梅干とたくあんは定番だから仕方ないにしても、キュウリも菜っぱもあった)、大根も苦手なのに沢庵だけじゃなくて切り干し大根まで出て来たよ、とほほ。改めて誠パンが無い事を恨めしく思いました……。

Kyo4蹴上といえば、春に泊まったウェスティン都ホテルがある所。
春には「ウェスティン」、秋は「新」という事で、春秋で都ホテル制覇したよ(笑)。
地図を見るとウェスティン都ホテルの横の道をまっすぐ進めば良いように見えました。さすがに今回は迷わないだろうと思ったのですが……。

10分程歩いたでしょうか? 途中で郵便局がありました。絵葉書を出すついでに尋ねてみると、全くの方角違いと言われました。げ、逆行していたのか? 止むなく戻ります。往復で20分のロス。
歩いていると南禅寺に着きました。

Kyo5「え、南禅寺に来る筈じゃなかったんだけど。これも、とんでもなく方角違いだよ。でも、まぁ、いいか。昨日来られなかったのでリベンジだ」

という感じで、南禅寺観光しました。かなり落葉しちゃってます。晴れてたら紅葉の絨毯がきれいだったのでしょうけれど、濡れてると今一。石川五右衛門のように「絶景かな」とは言えません。
橋は見てみたかったので、それが見られたのは嬉しかったです。雨は降っているけれど、なんだか初めて観光らしい観光をした気分……。
しかし、霊山歴史館はどこよ? また蹴上駅まで戻ってみよう(爆)。

三つ又っぽくなっていたので、もう残す所は一本なんですが、やっぱり駄目です。なんか明らかに違うような気がしました。人通りが全くなく、聞く人がなかなかいないのも不運でした。ようやく、現地の作業員のような青年を見つけ尋ねます……。
「この地図でいうと、私、今どこにいる事になるんでしょう?」

Kyo6「……地図に載ってない」

ガーン。
足ケガしてたって健脚ですよ、私。
そうですか、地図からはみ出しちゃってましたか。
その後に更に衝撃の一言が。

「そこ、道ないよ。山だし」

うそーん。
辿り着ける筈ないじゃん。
確かに地図上のその道のような線って、すっごく薄くて他の道とは違う感じはしたんだけど。
「ここから行くの、難しいなぁ」とつなぎ姿のお兄ちゃん。

Kyo7そもそも蹴上駅で降りた事が全ての間違いだったらしい。
「南禅寺に行きたい」という、自分でも意識していない執念のような物に引っ張られて、蹴上に来てしまったのだろうか? ガイドブックに逆らわず四条から行けばよかったよぉ。
このお兄ちゃん、キングコングの梶原さんを長身にしたような感じでした。そのせいか芸人さんの口調のように聞こえてしまった。柔らかい感じだったから京都弁だと思うんですが。

また、蹴上駅に戻りました。電車で四条へ行きました。はぁ、何やってんだろ、私。一人旅、向いてないかもね……(溜息)。

四条界隈では特に迷う事はありませんでしたが、ホテルでのんびりし過ぎ&蹴上での時間のロスが大きく、また時間がなくなってきました。目的地の一つ・巽橋をやむなくパス。ああ、絶対すぐ近くまで行ってたと思う。悔しいよぉ。

次の目的地は島原。
まずは角屋。

Kyo8角屋もてなしの文化美術館の2階見学の予約を入れてありました。2階は予約してないと見せてもらえないんです。予約時間は15:15でした。
角屋の最寄り駅は丹波口駅。四条の駅員さんに行き方を教わり(阪急の職員さんですが、JRの事まで教えてくれました)、乗り換え地の二条へ行ってみると……。丹波口に行く電車って1時間に3本しかないっ!! 二条から丹波口ってたったの1駅なのに。

丹波口からはまたしても迷い(ああ、どうして私はこうなんだ。でも途中で、またちゃんと訊いて、「こっちの方角で合ってる」って言われたんだよ。でも違ったんだよぉ)、間に合いませんでした。大ショック。
「2階は駄目だけど、せめて1階だけでも」と角屋に向かいましたが、どうやっても辿り着けません。また地図を見せて、「ここ、どこでしょう?」と尋ねると……

「載ってない」

だって。またか!!
全然方角違いの所にいたらしい。もう、泣きたい。一体どうしたらこんなに迷えるんだ!?

Kyo9壬生の方が近くなっていたようだったので、そちらに先に行く事にしました。
っていうか、そしたら、もう角屋に行けないかもしれない……。

時刻は16:00を過ぎていました。
ここで、究極の選択。
八木邸も壬生寺内の壬生塚も16:30までだと思っていました(後で八木邸は17:00迄だったと知りました)。
どちらを優先しようか迷いました。壬生塚には入れなくても、壬生寺には16:30を過ぎても入れるので、八木邸を優先しました。ここではお話を聞かされたので、結構時間を取られます。壬生寺に行った時は壬生塚は閉まっていました。くぅ、壬生寺を先にするべきだった!! という訳で、近藤の像も隊士の墓も見れてないよ。へっぽこ過ぎるよ、自分。八木邸がすごく良かったのがせめてもの救いです。ぐすん。
そして壬生塚ショックの動揺のせいか、光縁寺の存在を忘れました。山南さんに合わせる顔がありません。もともと合わせる予定もありませんが。

Kyo10ダメ押しというべきか、帰りもまた迷いました。丹波口の駅に行けません。迷っているときの時間の経つ事の速い事といったら!! 電車の本数少ないからぐずぐずしてると帰りの新幹線にも影響してくるんだけど。
道を聞こうにも人があまりいないし、暗くなるとますます方向がわからない。諦めました。ついに、タクシー使いました。「丹波口まで」というのが何となく申し訳なく思えて(絶対近いから)、京都駅まで行ってもらう事にしました。角屋で払う筈だった料金がそっくりタクシー代に化けました。ああ、なんて無駄な使い方。

そのまま帰るのがシャクだったので、時間があったら寄る予定だったロームのイルミネーションがある五条通りを走ってもらうようリクエストしました。イルミネーションはとーっても綺麗でした。「東京でも有名なんですか?」と聞かれた時は答えに窮してしまったけど。インターネットで知ったんだもん(^^;)。

てな感じで、激動の2日間は終わりました。
天気に恵まれなかった事が最大の誤算でしたが、方向音痴であるせいでどれ程損をした事か。悲しいやら悔しいやら情けないやら……。碁盤の目の京都で迷うとは思わなかった。昔は迷わなかったし。
次回はコンパスを持って行こうかな。一度コンパス持って行って初日になくした事あるけどね(爆)。

|

« 間違いだらけの京都旅行・前編 | トップページ | 新選組の足跡(京都Part1) »

コメント

まさに おつかれさまでしたー!
写真ではとてもきれいな紅葉に見えますよ
‥‥関西なまりってやはり芸人っぽく聞こえるんでしょうか?(^^;)

投稿: ヒロ | 2005.12.08 06:30

うわーん、またライブドア調子悪くて、記事の訂正(とコメントの書き込み)が出来ませんでした。というわけで、直す前に読まれてしまいましたね(^^;)。
伏見にあるのは池田屋じゃなくて、寺田屋です(恥)。これから直します。誤字もあったなぁ(汗)。

ここにアップしている写真では紅葉盛りみたいですね。写真はウソつきみたいです。
というか、赤い所だけ切り抜いている私が詐欺師みたいなもんなのか。

>関西なまりってやはり芸人っぽく聞こえるんでしょうか?

うーん、どうだろう? 人によるかな?
蹴上のお兄ちゃんの場合は梶原さんに似ていたのがやはり大きかったです。
普通の事を言っていても、面白い事言ってるように聞こえちゃいました。
あ、女性の場合は芸人さんを連想する事はないです〜。

投稿: YAGI節 | 2005.12.08 20:26

お疲れさまでした。
雨で大変でしたね。
毎回YAGI節さんの旅行記、アドベンチャー映画のようにドキドキしながら拝見してるのですが、今回も思わず拳を握りしめたりしてしまいました。
霊山歴史館、思わず自分も地図で確認してしまいました。
途中立ち寄られたという郵便局を地図上で見つけ、「えっここから歴史館まで?これは遠いよ・・」とうなりました。
YAGI節さんの苦労や心境が少しわかったような気がします。
京都市内と言えば碁盤の目のような通りでわかりやすいようにも思えますが、山に近いところは道もまがってますし(当たり前か)、観光客には難しいのかもしれませんね。

今更ですが、実は自分、地図を作る仕事をしています。
商売柄、適切な地図があれば日本中どこでも行ける自信があります。
次回どこかへご旅行の際は、何かお役に立てることがあればと思いますんで、遠慮なくお申し付け下さいまし。

投稿: SYUNJI | 2005.12.10 09:28

ア、アドベンチャー映画ですか。
そ、そういえば、スリルに満ちた体験を毎回しているような(汗)。
一緒にドキドキして頂いてありがたい限りです。

>「えっここから歴史館まで?これは遠いよ・・」

そうなんですよ、郵便局の方にも「時間かかりますよ」とか言われて、「時間はあるんで」とか答えてしまった愚かな私でした。最後とんでもなく足りなくなってるっていうのに!!
私も今ヤフーの地図を見てみたんですが、私が寄ったのって知恩院の前の郵便局だったんですね。蹴上駅戻るよりも、その後の目的地の一つである八坂神社の方が近かった事に気付き愕然としました。戻って何度も道に迷う位だったら知恩院の観光してれば良かった……。

SYUNJIさんって、地図を作っていらしたんですか!!
私はほんっと方向音痴なんで、尊敬しちゃいます〜。
ひどい時には、今どっちから来たのかわからなくなる事も……(恥)。

投稿: YAGI節 | 2005.12.10 19:43

おお、一人旅!すごいなー。
と思ったら、迷いまくっちゃったみたいですね。
私も相当方向音痴なのでごく自然のことと受け止めましたが。(笑)

足の薬指を打ったって?
私はヒビを入れちゃいましたが、YAGI節さんは大丈夫だったの?
案外ヒビが入っているかもしれないので無理しないでくださいよー。
と思ったら、地図からはみ出るほど歩いてたかぁ。。。
その後どうですか?私はギブスをしてたのにも拘らず、指が曲がりました。
ヒビなのか打ち身なのかは、その後の指の曲がり具合で確かめられそうです。

お写真はとても綺麗でした。ありがとう。(^-^)

投稿: りこ | 2005.12.15 08:49

わー、わー、どうしよう!!
実は気になってるんですよ。指の事。
もう2週間以上経つんですが、まだ痛みが引きません。
もともとそれ程痛くないので、すぐ治ると思ったんですが、この長引き方は不気味です。
りこさんヒビ入っちゃってたんですか!? ひぃ〜、恐い〜。
今は痛みはないですか?

で、でもね、私は腫れてないんですよ。青くなっただけで。
骨に異常があったら、すっごい腫れません?
でも、そういえば、手の小指を突き指した時、大した事ないと思って放っといたら曲がっちゃったっけ(泣)。
今からでも医者行った方がいいのかな? でも、もうある程度固まってるような…?

ちなみに今はそれ程曲がってるようには見えません。
むしろ、他の指の方が微妙に曲がっているような。スニーカー履く事が多いのにおかしいなぁ(苦笑)。

投稿: YAGI節 | 2005.12.16 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけの京都旅行・後編:

« 間違いだらけの京都旅行・前編 | トップページ | 新選組の足跡(京都Part1) »