« イルミネーション(京都) | トップページ | 間違いだらけの京都旅行・後編 »

2005.12.07

間違いだらけの京都旅行・前編

月曜・火曜と京都へ行ってきました。もう大変でした(疲)。

Ma1●出発前
まず、行く1週間位前に足の薬指を打ちました。

「足の小指をタンスの角にぶつける」という話はよく聞きますが、あんな感じですね。正確にはマガジンラックの木の部分。
まぁ、そんな事はよくやる事なので、大した事ないと思っていたんですが、電話が鳴って走った時だっただけに勢いが付いて強く打ったのか、痛みが引きません。青くなっているだけで、腫れはそれほどなかったので骨に異常は無さそうですが、翌日普通に歩けませんでした。引きずってしまう感じ。今はもう引きずらずに歩けるようになりましたが、体重をかけるとまだちょっと痛みます……。
ドラマの中でしょっちゅう足をぶつけている彰君(『野ブタをプロデュース。』)は大丈夫かな? 踊りに支障をきたすから、打ち所には注意してね(余計なお世話)。

出発日を月曜日にしたのもいけなかった。

訪れる予定だった寺田屋・角屋・霊山歴史館がどれも月曜休館でした。ガーン。
月曜日に京都観光をするのは間違いのようです。
火曜一日でこの三つを廻るとなるとスケジュール調整が難しい。パズルに取り組む気分。しかも今って日が短いんですよね。夕方5時で暗くなってしまう事に気付き愕然。しまった。どうやったら見たい所全部回れるんだろう……?

悩んだ末に2日間とも自転車で巡る事に決めました。
自転車だと効率良く回れそうです。足も痛いので、駅から長時間歩くより自転車の方が好都合だと思いました。
綿密なスケジュールを立てました。すごい詰め込みました。「初日回り切れなかったら、翌日その分早起きするぞ」という感じ。気合入りまくりです。

●出発後〜京都
朝起きると快晴でした。素晴らしい秋晴れ。いや、冬晴れか?
余裕をもって起き、余裕をもって予定の電車に乗りました。
快調な滑り出しかと思いきや……出鼻を挫くように電車が遅れました。
東京駅には新幹線の出発時間の15分前に着く筈だったのに、2分前位に着く有様。顔面蒼白。ケガ以来、初めてダッシュしました。迷ったらアウトだ〜(ドキドキ)。

走って走って息も絶え絶えに新幹線のホームに辿り着くと、いかにも速そうな顔した新幹線が停まっていました。イヤな予感……「のぞみ」です。私の切符は「こだま」の物なのに。恐る恐る駅員さんに尋ねると、ダイヤが乱れているとの事でした。助かった。線路点検のせいで、「こだま」は15分遅れでのスタートとなりました。

Ma2無事「こだま」に乗り込み、i-Podの電源をオン。『新選組!』のテーマ曲からランダム再生してみたら、2曲目がグリーン・デイの"Warning"でした。今思えば、今回の旅にぴったりのタイトルですが、あの時は車窓の景色も美しく、とにかくいい気分だったので、ノッてました。あんなタイトルですが、曲調は楽しいし。

3曲目A-HAの"THE SUN ALWAYS SHINES ON TV"。「テレビだけじゃなくて、現実にも晴れて太陽が輝いてるよ」と浮かれ気分な私。雲一つありません。車窓からは富士山が見えます。まだ都内なのにあんなにくっきり見えるとは。
富士山の美しさは新富士駅でピークを迎えました。富士山の写真ばかり6枚も撮ってしまった(ばか)。
しかし、あれ程輝いていた太陽が翳り出します。名古屋で曇り、米原ではなんと雪。そ、そんなぁ……。
京都に着く頃雪は止みましたが、太陽は見えません。そして、寒い!!

●京都・初日
新都ホテルのチェックイン開始時刻は13:00でした。
当初は観光後にチェックインする予定だったのですが、京都着が遅れたので、先にチェックインを済ませる事にしました。

新・都ホテル案内された部屋は新館サウスウィングの一室。
今回はJRの切符とセットになった安いプラン(JR東海ツアーズ)なので、新館に泊まれるとは思っていませんでした。嬉しい誤算です。禁煙室をリクエストしたのが良かったのかな? それとも12月にしたのが良かったのか(11月は超混みらしいので)、はたまたJR東海さんが素晴らしいのか、新都ホテルさんが親切なのか……、わからないけど大感激♪
テレビは薄型の壁掛けタイプ! 窓からは美しい中庭が見えて、気持ちいい! 洗面所のシンクは深くて、文字通り洗面しやすそう。
部屋も広かった。ダブルのシングル利用をさせてくれたのかな?

しかし、チェックインに思いのほか時間がかかり(開始時刻直後だったので混んでた)、レンタサイクル店まで行くのに迷い、時間をかなりロスしてしまいました。

レンタサイクル店で「一日利用で良いですか?」と尋ねられました。
二日借りる場合は初日は返さなくても良いという話を聞いていたので、新都ホテルに駐輪する所があるか確認してありました。なので「二日お願いします」と言うと……
「明日は朝から降水確率40〜50%ですよ、キャンセルしてもお金は返せませんよ」との事。自転車でホテル入りするっていうの、ちょっとやってみたかったのにぃ……。
打ちひしがれながら、一日だけ借りる事にしておきました。

Ma3自転車に乗ってからも迷い、最初の目的地・三条大橋に着いた頃には3時過ぎていたような(涙)。天気が悪かった事もあり、すぐ暗くなってしまいました。その為、予定に入れていた南禅寺・真如堂・金戒光明寺の3ヶ所を急遽パス。紅葉とは無縁な一日となってしまいました。そ、そういえば会津に行った時も「日本の音フェスティバル」に合わせて行ったのに、その関連のイベントは何一つ体験出来なかったっけ。同じ事の繰り返しか……?

痛めた薬指を無意識のうちに庇っていたのか、走り過ぎが原因なのか、夕方6:00を過ぎた頃になると膝やふくらはぎが痛くなってきました。「もう走れなくなっちゃうかも」と弱気になりました。自転車を引き取りに来てもらう事は出来るんだろうか?
しかも、無茶苦茶寒い。今年一番の厚着をしたのに寒い。その上時々小雨、一瞬小雪。道には迷いまくり。
「罰が当たったのかな?」と真面目に思いました。東京へ帰りたい……。
泣きそうになりながらも、なんとか7時過ぎに無事返却出来ました。

Ma4誤算だらけの初日でしたが、この日最後の誤算はリーガロイヤルホテルのパン屋さん。
新選組に因んだ「誠パン」を売っているという情報をネットで見つけたので、それを翌日の朝食にしようと思っていました。が、行って「誠パン、ありますか?」と尋ねると、「あー、そんなのもありましたねぇ」だって。昔話でも語るような口調。どんなに前でも1年前後だと思うんだけど。
時間が遅かったせいで売れ残っているパンも少なく、食べたい物はなし。結局何も買わずに退散しました。ああ、朝御飯どうしよう?

ホテルではシャワーだけで済ませてしまう事も多いんですが、この日は寒かったし、疲れた足を温めたかったので、バスタブにお湯を張って浸かりました。極楽でした〜。
9月に出来たばかりと新しいだけあって、どこもきれいなのが嬉しい。散々な一日でしたが、癒されました。新都ホテル・サウスウィング万歳。

|

« イルミネーション(京都) | トップページ | 間違いだらけの京都旅行・後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけの京都旅行・前編:

« イルミネーション(京都) | トップページ | 間違いだらけの京都旅行・後編 »