« コアラのマーチ | トップページ | 1月3日に備える(?)NHK »

2005.12.16

東京に一番熱い冬がやってくる

というコピーに惹かれたわけではありませんが、見て来ました、フィギュア・スケートのグランプリ・ファイナル!!

日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック2006かつては毎年NHK杯を見に行っていた程のフィギュア・ファンの私ですが、最近は熱が冷めつつあります。ここ数年はテレビ観戦。今年に関してはそのテレビ観戦さえ初日をうっかり見逃すという体たらくでした。
しかし、
オリンピック、世界選手権と共にフィギュア3大イベントの一つと言えそうなグランプリ・ファイナルが東京で開催されるとあらば、やっぱり生で見たくなりました。前日に慌ててチケット確保に乗り出し、入手したのは6種類あるうちの下から2番目という安いチケットでしたが、なんと1階席の前から5列目。端ではありますが、値段のわりにはとんでもなく良席です(嬉)。早く買えばいいとも限らないんですね。ラッキー!!

では、見た順に感想行ってみます。

★アイスダンス
ナフカ/コストマロフ組がトップに着けました。
なんかこのペア飛び抜けてるように私には見えました。長身のカップルなので見映えもいい。特にナフカ選手。アイスダンスの選手にはスタイルの良い人が多いけれど、彼女はその中でも目立ってます。ほんっと手足が長くてきれい。あのスタイルは人間とは思えない。CGみたい(^^;)。

★男子シングル
第一滑走は世界チャンピオン・ランビエール。
どうもこの人が世界チャンピオンという実感が沸かない私でしたが、確かにいい演技しますね。相変わらずスピンは見事。

そして織田選手。
NHK杯程の出来では無かったけれど、まずまずって感じでしょうか。

高橋選手は素晴らしかった!! なんかパキッパキッ、シャキッシャキッと動きがいちいち決まってます。あ、擬音が変ですかね、すみません。キレがあって、見てて気持ちの良い演技でした。彼はNHK杯もショートは良かったんですよね〜。明日はフリーもビシッと決めて頂きたい所。

その高橋選手を抑えて2位につけたのがバトル選手。
高橋選手の方が劣っていたとは全く思いません。点差もごく僅かです。だったら日本人としては悔しがるべきなのかもしれませんが、この人好きなんです(笑)。現在の外国人現役勢の中では一番好きかも。初めて見た時に「なんて楽しそうな笑顔をするんだろう」と感じたのですが、相変わらずの楽しそうな笑顔を見れて嬉しかった。でも、テレビでは放送されなかったんですね、ちぇっ。
大技や目立つような個性は無いのですが、一つ一つが安定しているという感じでしょうか。正統派ですね。

驚いたのはサンデュ選手。
えーっ、この人、いつのまにファイナルに出てくるような選手になったの!?
しかも、ポイントトップだっていうではありませんか。びっくりした〜。
バレエを習うフィギュア選手は多いけれど、この人はバレエ団に所属していた本格派なんですよね。そのせいか動きは以前から圧倒的に美しくて気になる選手ではあったんですが、以前はジャンプがダメでした。カナダはレベルが高いし、バトル選手も出てきちゃったから、サンデュ選手の台頭は難しいと思っていたのに……おみそれしました。
でも「ファイナルに出てくるんだから、どれ程上達したんだろう?」とわくわくしながら見たのに今日はミス連発でした。一体どうやって勝ち上がってきたのか……気になる。

★ペア
6組のうち、ロシア3組・中国2組と偏りがありました。思わず孤軍奮闘のドイツ・ペアを応援してしまった私です。

★女子シングル
やはりというべきか、一番盛り上がりました。
安藤選手の『戦場のメリークリスマス』を生で見れて嬉しい♪
今迄彼女の良い演技ってあまり見てないので(ジュニアの世界選手権で優勝した時の映像も全日本で勝った時の映像もダイジェストしか見てない)、私が見た中では今日が一番良かったかも。でも、あまり普通の人がミスしないような所(スピン)で目立つミスをしちゃったのが残念です。

中野選手はNHK杯をテレビで見ていた時はそれ程良く見えなかったのですが、生で見たら素晴らしかったです。スピードがあるし、体柔らかいし、音楽もいい。しかし、点数は思った程伸びず安藤選手より下。そんなジャッジに会場からブーイングが起きたのには驚きました。皆ミキティを応援しているのかと思いきや、中野選手の人気もかなりの物なんですね。っていうか、演技中は中野選手の時の方が圧倒的に盛り上がってました。曲調も影響しているのかもしれませんが、それだけではないでしょう。今日の中野選手、素人目にはとっても良かったと思うんだけどなぁ。

が、さらに良かったのが浅田選手で。んもう、凄いよ。アンビリーバボー。
あの女王スルツカヤ選手が霞んで見えましたから。スルツカヤ選手が調子悪かったのか、浅田選手が凄過ぎるのかよくわかりませんが、「まおっち」ってば恐ろしい選手です(あ、友人が浅田選手の事をそう呼んでたので、うつりつつある私です)。
トリノ・オリンピックに出させたいという声も多いようですね。私も最初は「出してあげればいいのに〜」なんて思っていたのですが、段々「無理して出さなくても」という気になってきました。「ルールを曲げてまで」っていうのになんか抵抗を感じるし。そんな事になって、変なプレッシャーがかかるようになったら可哀想だし。
4年後の彼女がどうなっているかはわかりませんが、彼女なら4年後もちゃんと一流選手でいられるんじゃないかなぁ。あまり早くに金メダルを獲って、オクサナ・バイウル(金メダル獲得後、いろいろ波乱があったみたいです)みたいになっちゃうのもイヤだし。

女子のレベルってしばらく停滞していたような気がするんですが、最近はすっごい上がってますね。ファイナル出場者ほとんどがビールマンスピンやるのにはビックリしちゃいました。以前はたまに誰かがやって、「おお〜」と感心するといった感じだったのですが、今は当たり前なんですか? 浦島気分です。
それに昔は「ジャンプが得意な選手」「スピンが得意な選手」みたいに分かれていたような気がするのですが、今は浅田選手をはじめとして何でも出来ちゃう選手が多いですよね。ホントすごいなぁ〜。

久々の生観戦はとっても楽しかったです。
やはり生はいい!!

|

« コアラのマーチ | トップページ | 1月3日に備える(?)NHK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9629/44759534

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に一番熱い冬がやってくる:

» フィギュアスケート 15歳のまぶし過ぎる残像 [Sports Nostalgia]
 ネットをうろついてるうちに、テレビ中継が始まる前に浅田選手の優勝を知ってしまったフィギュアスケートのGPファイナル。「ショートプログラムの貯金を無事守ったか」「スルツカヤ選手も本調子じゃないみたいだしなあ」などと思いながら、ゆったりとした気分でテレビ... [続きを読む]

受信: 2005.12.17 21:56

» 受験生にスケートはやらせるべきでは無い(滑るから・・・)と思いますが彼女は多分気にしてないでしょう [LIFE IS A DONUT]
15で不良と呼ばれたy優勝浅田真央。 という訳で、浅田真央ちゃんフィギュアGP優勝おめでとうございましたッ!! やぁ~、15歳で世界の頂点とはすごいねぇ~。 文化系(歌とか)の世界で「10代でこの実力!!」と聞いても、もはや当たり前(?)のように思えるが故に「... [続きを読む]

受信: 2005.12.17 23:45

« コアラのマーチ | トップページ | 1月3日に備える(?)NHK »