« 初めての市販おせち料理 | トップページ | 新選組始末記 »

2006.01.06

土方歳三最期の一日

実家から戻りました。
帰って最初にした事はビデオ鑑賞。

TVnavi特別編集 「新選組!! 土方歳三最期の一日」 メイキング&ビジュアル完全ガイドブック一番楽しみにしていたのは『新選組!! 土方歳三最期の一日』なんですが、これを楽しむ為には「先に『土方歳三とオレ』を観た方が良いのかなぁ」なんて思い、そちらをチェックしました。
これは「福島県の名所を訪れる紀行番組」って感じでしたね。
土方縁の地も出ては来たのですが、それ以外も多くて、新選組目当ての私は半分肩すかしを食らった気分。
とはいえ、去年(と一昨年)私が巡った地がたくさん映ったので懐かしく楽しかったです。天寧寺に行けなかった事はやはり悔やまれる〜。

そして、その後、いよいよ『土方歳三最期の一日』を観ました。

面白かったです。
意外と冷静に観る事が出来て、「ドラマとして楽しめたなぁ」という印象です。
続編とはいえ、新選組に興味が無い人でも楽しめたんじゃないだろうか?
『新選組!』ファンならより楽しめたと思いますが。
そういえば三谷さん、

「大河ドラマ『新選組!』を観続けていた人には最高のプレゼントに、観ていなかった人にはそれを思い切り後悔させるような作品にしたいと思います」

と、おっしゃっていたっけ。その通りの作品でした。

「意外と冷静」とか言いつつ、最後はやっぱり泣きました。
でも泣いたのは土方が死んだシーンではなくて、土方が死んだ事を聞かされて「嘘だ!!」と叫ぶ島田魁を見た時。
土方が死んだ事が悲しいというよりも、「あぁ、島田は辛いだろうなぁ」って悲しくなりました。

他にも「新選組は無頼の輩ではない!!」と言ってくれた永井尚志の言葉や、「山南総長は武士の中の武士」なんていうセリフには涙ぐみましたけれど、これは切ない涙ではありませんでした。嬉し泣きに近い感じかな。

土方が死んでしまった事は残念ですが、「うまい具合に殺してくれたなぁ」とも思いました。榎本・大鳥と和解したシーンがすごく気持ち良かったんで、爽やかな印象が残ったんです。きれいにまとめてくれて嬉しい。このきれいさが嘘臭い所でもあるのですが……こういうの好きなんです。だから悲しいけれど、悲しくない。ハッピー・エンドじゃないのに暗い気持ちにはなりませんでした。解釈は人によって違うと思うのですが、私は「死に場所を探す土方」よりも「最後まで諦めない土方」の方がしっくりくるし好きなので、すがすがしい思いで観終えました。この題材でこんな気分にしてくれる三谷さん、さすがだなぁ。

去年の私は新選組の事をよく知らなかったので、三谷さんの描く『新選組!』を無条件に楽しむ事が出来ました。
今年の私は新選組本漁りをして、変に知った気になっている所があります。「ん?」と思うシーンもないわけではありませんでした。が、それでもやっぱり「三谷さんの描く新選組って好きだなぁ」と改めて思いました。いいじゃん、あくまでドラマなんだから。

さぁ、今度は総集編を見直そうっと!!(笑)

|

« 初めての市販おせち料理 | トップページ | 新選組始末記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土方歳三最期の一日:

« 初めての市販おせち料理 | トップページ | 新選組始末記 »