« ベガーズ・オペラ(感想) | トップページ | 副長〜〜っ »

2006.01.29

無声映画

大手町カフェ(大手町ビル内)で開催された「活弁シネマLIVE」というのに行ってみました。
無声映画を弁士と生演奏で楽しむという物です。カフェでの食事付き。チラシには「ニュー・イヤーズ・パーティー」と書かれていたので、美味しい物を色々食べられるのかと思ったら、カレーライスだけでした。あれれ?(でもおいしかった)

Mu1現代で活動弁士付きの映画を見られるとは思ってもいなかったのでとても新鮮に感じられました。「活動弁士」というと男性のイメージがありましたが、今回は女性の弁士さん。映画が『椿姫』で、主役が女性なので、丁度良かったと思います。

『椿姫』は原作も読んでるし、オペラも見ているので、ストーリーに反応する所は特になかったのですが、「世紀の美男子」と言われるルドルフ・ヴァレンチノは確かにきれいでした。なんでも彼が死んだ時には後追い自殺する人も出た程の人気だったそうです。Nazimova: A Biography

主演のアラ・ナジモヴァという人が1879年生まれというのにびっくり。
斎藤一が36歳の時ですよ。西南戦争が終わった直後位だから、『るろうに剣心』の頃の事だよ〜。弥彦君の彼女に丁度良い位の年齢では!? そんな人の主演映画を見てしまったというのが、とっても不思議な気分です。
伊東四朗さんが以前新選組の事を「そんなに昔の話じゃない」って言ってましたけど、ホントそうなんですね〜。
ちなみに映画自体は1921年の作品。斎藤一が亡くなった6年後です。

|

« ベガーズ・オペラ(感想) | トップページ | 副長〜〜っ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無声映画:

« ベガーズ・オペラ(感想) | トップページ | 副長〜〜っ »