« 好き好きノルウェー | トップページ | 納得のトップ3 »

2006.02.16

高橋で始まり高橋で終わる

冬季オリンピック、楽しい競技は数々あれど、私が一番好きなのはフィギュア・スケート。中でも特に楽しみにしているのが男子シングルです。そして今夜――というか明日の早朝、いよいよチャンピオンが決まります!!

COLORS―フィギュアスケート男子シングルフォトブックいやぁ、やはりオリンピックは特別ですね。
世界選手権には出てこなかったあんな人も、去年の代々木のファイナルに怪我だとかいって来なかったあの人も、ちゃんと出て来ます。懐かしい顔もいれば、珍しい国の選手もいて、嬉しいです。そして、何より嬉しいのが全選手放映してくれる事。NHK衛星万歳。去年の世界選手権の悪夢を思い出して涙しそうになります。←大袈裟

それでは、明朝の素晴らしいパフォーマンスに思いを馳せながら、遅ればせながらショート・プログラムの感想をアップしてみたいと思います。ショートの滑走順に行ってみます。

★高橋大輔(5位)
驚きの一番滑走。それだけでも驚きなのに、な・な・なんとフリーでは最終滑走だというではありませんか。つまり男子フィギュアは高橋選手で始まって高橋選手で終わるんですね。かなりおいしいかも。これでメダル・ゲットしちゃったりしたらカッコ良すぎます。ま、冷静に考えるとメダルはかなり難しいんですが、無理な点数でもありません。何が起こるかわからないのがオリンピック。こんな不思議な巡り合わせですから、とんでもないドラマが起こるかも!?

で、ショート・プログラムの感想ですが、
良かったんじゃないでしょうか?
緊張していたそうですが、縮こまったような緊張ではないですよね。アドレナリン出まくりな感じ(?)で、体はすっごい動いているように見えました。切れまくってました。普段の喋りはちょっぴりヘナヘナしている高橋選手ですが(失礼)、動きはパキパキしてますね〜。
トリプル・アクセルの失敗はあったし、本人はあまり満足していないようですが、「他選手との比較」という点から見るとかなり良かったように感じました。

★エフゲニー・プルシェンコ(1位)
「いいじゃん、高橋選手!!」と思ったのですが、その上を行っていたのがプルシェンコ選手でした。う〜ん、彼は特別だ。金メダルは彼でいいよ。っていうか、それが正しいと思う(笑)。
ジャンプはもともと安定していましたが(ソルトレークでの転倒は本当に信じられなかった)、ステップもあんなに凄かったっけ? 「高橋選手のステップは世界一」と言われてますが、そのお株を奪うような見事さでした。でも力強さは高橋選手が上? 柔のプルシェンコ、剛の高橋……みたいな。

★李成江(21位)
本田選手やゲーブル選手が国内選考で敗れ、出て来られなかった今大会(涙)、彼らとしのぎを削ったベテラン李選手はオリンピックの舞台に戻って来てくれました。本田ファンの私から見ると敵でしたが、今となっては懐かしい。
今回は残念ながらミスが目立ちました。「こんな筈じゃないのになぁ」と思いながら見てました。衣装も曲も彼に合っていなかったような。武闘派路線(?)の方が絶対似合っていると思うなぁ。

★ジェフリー・バトル(6位)
今大会出場選手の中では一番応援しています。
しかし、彼も調子悪そうでしたね。寂しそうな顔を見ると胸がしめつけられる(>_<)。
でも、声をかけられると、ちゃんと笑顔を見せたりして、そのけなげさにまた胸が……。フリーでは心からの笑顔を見せて欲しいです。

★クリストファー・ベルントソン(16位)
今回初めて見た選手。順位は今一ですが、目立った失敗はなし。印象に残る面白い演技でした。エキシビションみたいに楽しかった。ルックスも良いので、女の子のファンが増えそうです。

★ステファン・ランビエール(3位)
彼も本調子じゃないのかな? それでも3位につけるあたりはさすがといえばさすがですが、この程度だったら高橋選手にもつけ入る隙があるかも?
得意の筈のスピンも素人目には今一に見えましたが、以前よりも難しい事をやっていてスピードが犠牲になってるのだとか。え〜、高速スピンの方が好きなのになぁ。

★ビクター・ペイファー(17位)
トリプル・フリップ、ルッツの時に片手を上げてました。「おー、ボイタノ・ジャンプだ」と喜ぶ私でした。

★ジョニー・ウェア(2位)
赤い手袋を白鳥のくちばしに見立てた演技というのは面白いです。時々本当にくちばしに見えた♪ 「ここが特別凄い」というのは特に感じませんでしたが、優雅というかきれいですね。ソツがない感じ。当たり前ですが、ミスの無い選手が上位に来るんだなぁ。

★張民(11位)
うわっ、うわっ、うわ〜っ、この人、リレハンメル五輪に出てますよ!! ビデオ残ってるもん(残している自分にもビックリ)。当時からジャンプには定評ありましたが、ジャンプ以外の評価がとっても低くて、「ジャンプだけじゃ駄目なのかぁ」と思わされたのですが、こんなに息の長い選手になれたのは、あのジャンプがあればこそですね。今回も4回転決めました。ベテランですが衣装はどピンク。

★ブライアン・ジュベール(4位)
007の演技、とっても面白かったです。フランス勢は個性的なプログラムを持ってくる事が多くて嬉しいなぁ。得点が77.77というのにもウケました。でも、この人が現在4位だから、高橋選手の当面のライバルって事になってしまうんですよね(複雑)。
うん、いい選手だけど、高橋選手が勝てない相手ではないと思う!!

★エバン・ライザチェク(10位)
ミス連発で痛々しかったです。実力ある選手がその力を出せない様を見るのは辛い(>_<)。

★イリア・クリムキン(18位)
怪我してたんですね。フィギュアって本当に怪我の多いスポーツだなぁ。体が重そうに見えたのはブランクのせいでしょうか?

★グレゴール・ウルバス(29位)
リアルタイムで見ていたのですが、途中からはビデオに任せて寝ました。そしたら、この選手の途中で切れてました。がーん。この人、下位の為フリーに出られません。もう見る事が出来ません。縁が無かったのね……。
という訳で29番滑走のゾルタン・トートという選手の滑りも見られませんでしたが……

★エマニュエル・サンデュ(7位)
ショート・プログラムの最終滑走者でした。
いやあ、ウルバス選手で切れていた時にはどうしようかと思いましたが、さすがにメダル候補の1人であるサンデュ選手の演技は別の時間帯にも放送してくれて、無事見る事が出来ました。やれやれ。
この人のパーソナル・ベストってかなり高い点だったと記憶しているのですが、どうも私との相性が悪いのか、私が見る時は必ずミスします。今回も出だしは良かったのになぁ。この人のノーミスの演技を1度位見てみたい。


オリンピック期間中は夜更かしが続いてますが、男子フィギュアに関しては、夜更かしではなくて、早起きした方が良さそうです。今日はなるべく早く寝よーっと!!
でも、高橋選手の演技の前に、仕事に行かなきゃならないかも……。

|

« 好き好きノルウェー | トップページ | 納得のトップ3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高橋で始まり高橋で終わる:

« 好き好きノルウェー | トップページ | 納得のトップ3 »