« 『    』のバトン | トップページ | 「自分について」バトン »

2006.02.24

ビンチェロ!(私は勝つ)

わ、わ、わ、わっ、荒川選手、金メダル獲っちゃいましたっ!!

コーエン選手は転ぶと思いましたが(すみません)、まさかスルツカヤ選手が転ぶとは。本当に驚きました。

一昨日のブログに、

(荒川選手が)スルツカヤ選手以上に「女王」という言葉が似合うような気がする

なんて書いてしまった私ですが、それは醸し出す雰囲気の事です。本当にオリンピックの女王になってしまうとは思いませんでした。荒川ファンの私でさえ、「銀メダル取れたら、いいな」位に思ってました。それが、金です。いや〜、びっくりした。嬉しいです。

ただ、金はスルツカヤ選手に取らせてあげたかった気もするので、複雑です。
荒川選手ならメダルさえ取れれば周囲は大喜び、本人も笑顔でいられると思いますが、スルツカヤ選手は「銅」では満足出来ない事でしょう。もう表彰式のスルツカヤ選手を見ていたら、胸がつまりました。スルツカヤ選手自身は時折寂しそうな表情をしながらも笑顔を見せています(そういう所も涙を誘う)。見てる私の方が泣きそうで。荒川選手の金はホント嬉しい。でも、スルツカヤ選手の銅はホント切ない。嬉しい、切ない、嬉しい、切ない。あ〜、忙し(^^;)。

それにしても、荒川選手、「金」に相応しい演技でした。
SPも感動的でしたが、更に良かった!! SPの時はすこ〜しだけぎこちないというか、かくかくっとして、ハラハラしたY字のスパイラルも今日は実に滑らか。コンビネーション・ジャンプでトリプルがダブルになるシーンはありましたが、あれはミスとは言えませんよね。
荒川選手の場合、滑り自体が美しいから何もしなくても飽きないのですが(9位に終わった昨年の世界選手権でさえも私は見とれていました)、今日はやることなすこと決まりまくり。素晴らしい演技でした。
あと驚いたのが、イナ・バウアーが妙に有名な事。なんで、そんなの皆知ってるの〜? 観客は「待ってました」とばかりにあそこで盛り上がってましたよね。コストナー選手目当てのイタリアびいきの観客が多いのかと思いきや、ちゃんと荒川選手の得意技を知っていたのだろうか? それとも、知らなくても一目であの美しさに魅せられて拍手せずにはいられなかったのか? ちょっと嬉しいシーンでした。

衣装もステキ。
私は荒川選手の衣装では『白鳥の湖』が好きでしたが、今日のはもっと好き。きれいで上品なんだけれど、かわいらしさもありました。
そして、曲も良かった。オリンピックの開会式でパバロッティが歌った曲、オペラ『トゥーランドット』の『誰も寝てはならぬ』。どういう内容の歌かは知らなかったのですが、あれの最後に「私は勝つ」という意味の歌詞が出て来るのだそうです。うーん、そんな意味が隠されていたのか。実は勝つ気満々だった?
今、私が一番見たいオペラは『トゥーランドット』になりました(笑)。
そういえば、かつてカタリナ・ビット選手の『カルメン』の影響で、オペラの『カルメン』が見たくてたまらなくなったっけ。その位インパクトありました。
ビットといえば、荒川選手の演技の終盤でスタンディングオベーションしたそうです。私が見てきた中で最も美しかったと感じるビットが、荒川選手を讃えてくれたというのも嬉しい。

荒川選手の金メダルには驚きましたが、実は、久々にちゃんとしたオリンピック・チャンピオンが誕生したような印象を持っています。
というのも、リレハンメル五輪のバイウル選手、長野五輪のリピンスキー選手、ソルトレーク五輪のヒューズ選手と、この所立て続けにぽっと出(失礼)の十代の選手が金メダルをかっさらってました。そして、すぐ引退というパターンが多かった。もし、今回浅田真央選手が出場していたら、彼女がそういう存在になったかも知れません。若さ故の輝きというのもそれはそれで素晴らしいけれど、ここまで続くとつまらない。恐れを知らない十代の選手が勢いで取るよりも、努力を積み重ねた「真の王者」と言えるような人が取る方が重みがあるような気がします。そういう意味でも荒川選手がオリンピック・チャンピオンになった意義は大きいように思います(スルツカヤ選手でも良かったんだけどね)。

荒川選手を初めて見たのは1994年の12月。彼女は今24歳との事ですから12歳前後の頃ですね。NHK杯を見に行ったら、「有望なジュニア選手」という事でエキシビションに出てきたのです。共に出て来たのが本田武史選手でした。どちらも「チビッコ達」って感じでした(本田選手の方がさらにチビッコって感じだったかな)が、演技は素晴らしかった。伊藤みどりさんが引退してシニアの日本選手の層が薄くなった時期でしたが、「次の世代の子達はこんなに凄いんだ。シニア顔負けじゃん。先が楽しみ!!」と思いました。その後、2人共オリンピック出場を果たしましたが、長野五輪後の荒川選手は奮わずソルトレーク五輪では代表落ち。本田選手の活躍ばかりが目立ちました。「荒川選手、どうなってるんだろう?」と思いましたが、今、立場は逆転してしまいました。荒川選手の活躍を見て、本田選手はどう思っているだろう?

一時は引退を表明しましたが撤回して頑張った荒川選手、「続けて良かった」という言葉が印象的でした。つい、「本田選手も、引退宣言撤回して頑張ってみない?」と思ってしまった私です。簡単な事ではないんでしょうけどね。

|

« 『    』のバトン | トップページ | 「自分について」バトン »

コメント

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/でココが紹介されていたので見にきちゃいました。また見にきまーす。

投稿: haru | 2006.02.25 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビンチェロ!(私は勝つ):

« 『    』のバトン | トップページ | 「自分について」バトン »