« ホリエモン頑張れ | トップページ | 井上選手のトリプル・アクセル »

2006.02.11

誰も寝てはならぬ

こんにちは、岡崎朋美さんになれなかったYAGI節です。
リレハンメル・長野・ソルトレークと3大会連続で五輪に行ったんですが、トリノは断念したからです。
あ、もちろん、見に行っただけですけどね(^^;)。でも、見に行くだけだって4大会連続は難しいんだから、トップ選手のままで4大会連続出場を果たして、しかも主将だなんて、すごいですね〜(変な比較の仕方をしてごめんなさい)。

さて、トリノ・オリンピックが始まりました♪

ベスト・オブ・トリノ開会式はリアル・タイムで見ようと思ったのですが……途中で寝てしまいました。
病み上がりに徹夜はキツかったようです。眠くなってきたし、咳がやたら出るようになったので、「これはマズい」と思い布団にもぐり込んでしまいました。

今、地上波を録画した物を見終えたのですが、な、なんとパバロッティが『誰も寝てはならぬ』(オペラ『トゥーランドット』より)を歌っている途中にいきなり『おはよう日本』に切り替わっちゃってました。ガーン。衛星放送はちゃんと放送したのかな? 起きていれば確認出来たのに、無念。ああ、文字通り寝てはならなかったのですね。夜の録画放送ではちゃんと映るかな? 見てみます。

で、開会式の感想ですが、

素晴らしかった〜。

開会式って、「お国自慢大会」っていう印象がありますが、イタリアには世界に誇れるような物がたくさんありますからね。見応えありました。

3大テノール 世紀の競演気に入ったのはオペラの舞台のようなゴージャス・パート。
それから、人文字……じゃなくて、あれは何ていうんだろう? 人動画? スキー・ジャンパーのジャンプの動きをマスゲームのように表現したあのパフォーマンスにはビックリ!! 本当にきれいにジャンプしている様が表現出来てたからなぁ。すごかった。
マスゲームっぽいといえば、後半の鳩を作る演出も良かった。あのワイヤーみたいな物にぶら下がりながらのパフォーマンスは、運動神経があれば私もやってみたい〜。なんか、宙で色んな事やってて楽しそうでした。きっとすっごく大変なんでしょうけど。
そういえば平和の象徴である鳩を飛ばすという演出がオリンピックの開会式ではしばしば行われていますが、冬は寒いから「鳩が可哀相」なんていう話が出た事もあったっけ。人間が作る鳩なら大丈夫ですね。
五輪マークが浮かび上がる所も良かったし、フェラーリのF1カーも面白かった♪
フェラーリ特有の高らかなエンジン音を響かせて登場。さすがにステージなので高速で飛ばす事は出来なかったのですが、中央で白煙を上げながらスピンして見せてくれました。なんか、わくわくしちゃった。
あとはカラーガードって言っちゃっていいのかな?――旗を持ったパフォーマンスもホント見事でした。
もう、書きだしたらキリがない。

SOそして、忘れちゃいけないのがオノ・ヨーコさんの曲紹介っぽいメッセージの後に出て来て「イマジン」を歌ったピーター・ガブリエル!! 彼の場合は出て来ただけで「おお」と思ってしまった。
帽子と厚着のせいか、妙に体格が良く見えて、最初レスラーか何かと思ってしまった(嘘)。ただ、声はあまり出てなかったような。もともと声のきれいな人というイメージはないけれど、キーが合わなかったんでしょうか? あるいは体調良くなかったとか?

という事で、これからテレビに振り回される日々が始まります。生活のリズムが崩れそうだなぁ。なんとか風邪をぶり返さないように、うまい具合にテレビ観戦に臨みたいと思います。

|

« ホリエモン頑張れ | トップページ | 井上選手のトリプル・アクセル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰も寝てはならぬ:

« ホリエモン頑張れ | トップページ | 井上選手のトリプル・アクセル »