« 井上選手のトリプル・アクセル | トップページ | 高橋で始まり高橋で終わる »

2006.02.13

好き好きノルウェー

自分が遊びに行った事のある国には情が移って好きになっちゃう安直な私ですが、ノルウェーは特別です。そもそも好きだったり興味があったりするからその国に遊びに行くわけですが、ノルウェーの場合は最初は特に興味はありませんでした。「オリンピックが開催されるから行った」という感じ。でも、あまりの居心地の良さにすっかり気に入りました。それ以来、「ノルウェーと日本の旗を持って、クロスカントリーを応援する」というのが私のちょっとした夢になりました。長野で実現出来るかと思ったのですが、残念ながらチケット獲得の抽選に敗れ、その夢はまだ実現していません。

そんなクロスカントリーで素敵な事があったようです。
なんでも、ノルウェーのフローデ・エスティルという選手(クロスカントリー男子パシュート)、スタート直後に転んでスキーが脱げて最後方になっちゃったのに諦めず、結局銀メダルを獲得したそうです。他にもスキーが折れるというアクシデントもあったとか。←パシュートって新種目なのでルールは今一把握出来てませんが
ゴールインしてニッコリと微笑むエスティル選手の笑顔の素敵な事といったら!! うう、これぞ、オリンピック。こうでなくっちゃ。

なんか、ノルウェーの選手って爽やかな選手が多いんですよね〜。ノルウェーといえば、スピード・スケートのヨハン・オラフ・コス選手が有名ですが、彼もとても素敵な人で彼が素敵なのはもちろんなんですが、ノルウェーの皆さんが彼を誇りに思っている様がまた微笑ましくて、好きなんです。コス選手は賞金の大部分をオリンピック・エイドに寄付したそうです。現在は医者だとか。「スポーツ選手に人格者であって欲しい」という「今はあまり期待していないけれど、かつて求めていた私の理想」を体現している人という感じがします。

スノーボード・ハーフパイプ(女子)ではアメリカ勢が表彰台独占かと思われましたが、その牙城を崩したのがノルウェー選手でした。カッコ良かった。
モーグルのカーリ・トロー選手(上村選手の前に立ちはだかった人ではありますが)も見事でした。金メダルを取ってもおかしくない程だった。

……という感じで、今大会も活躍しているノルウェー勢。冬のオリンピックでは強いです。現在メダル獲得数はアメリカ、ロシア、ドイツに続いて第4位です。今後の活躍も楽しみです♪

|

« 井上選手のトリプル・アクセル | トップページ | 高橋で始まり高橋で終わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好き好きノルウェー:

« 井上選手のトリプル・アクセル | トップページ | 高橋で始まり高橋で終わる »