« スターダスト | トップページ | 誠巾着 »

2006.03.24

當世流小栗判官

3月歌舞伎公演「猿之助十八番の内 當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん)」を観て来ました。
「見たいなぁ」と思っていたら、友人が招待券を手に入れてくれてタダで観る事が出来ました。ラッキー♪

oguri1場所は国立劇場。
「初台だよね」と言ったら、「それは新国立劇場」と言われてしまいました。
危うく違う会場へ行く所だったよ(とほほ)。
という訳で、国立劇場は初めてでした。
まず外観を見てその大きさに圧倒されました。同じ建物の中に大・小2つの劇場が入っているからですね。

oguri2客席は歌舞伎座よりは数段ゆったり作られています。おまけにきれいです。見やすさでいえば圧倒的にこちらに軍配が上がりますね。とはいえ歌舞伎座のクラシカルな風情は大好きなので、建て替えは悩ましい所。客席のリニューアルは大賛成なのですが、予定されている改修はかなり大規模な物みたいだからなぁ。どうなっちゃうんだろう……?

これは二部構成で、私が見たのは二部です。本当は通しで見たかったのですが、今回は二部のみ。一部は台本を読んで筋がわかったからまぁいいか。

oguri4二部の冒頭(口上)で、一部のあらすじを紹介する趣向になっているのですが、ハイライトシーンを役者さんが実際に演じてくれたのには驚きました。そんなの初めて見たよ〜。これは目新しく感じられて興味深かったです。クライマックスともいえそうな曲乗りシーンだけ写真処理されたのには笑いましたが、さすがにあの名場面は簡単には見せないか。あれが見たかったら、ちゃんと別にお金を払わなければいけませんね(^^;)。

PASSION―猿之助と二十一世紀歌舞伎組主役は市川右近さん。
小栗判官といえば猿之助さんの当たり役ですが、猿之助さんはまだ体の具合は本調子ではないのでしょうか? 今回は演出に回っています。
相手役はもちろん笑也さん。赤い着物がとってもお似合いでした♪
そして、今回初めて春猿さんを見ました。『踊るさんま御殿』でのトークを見て興味を持ったので見れて嬉しかったのですが、舞台の上ではあんなにかわいらしい人だったのか。かわいいだけではなく、とんでもなくコワい役でしたけどね。ひー、恋って恐ろしい〜。

私は昔スーパー歌舞伎の『オグリ』を見た事があります。
しかし忘れっぽいので内容を殆どおぼえておらず(舞台が信じられない程派手でキレイで無茶苦茶面白かった事はおぼえている)、「小栗判官が活躍する話」程度の記憶しか無いのですが、内容同じだったのかなぁ? あんな恐ろしい三角関係は無かったような気がするのですが……うーむ?

oguri3『オグリ』も面白かったけれど、今回の『當世流小栗判官』も面白かったです。
すごくわかりやすかったのは、やはり猿之助さんの演出という所が大きいのかな?

途中ですごく大きないびきをかいている人がいて驚きました(^^;)。
実はこの日、歌舞伎を観る前に映画を観たのですが、その映画館にも「こんなに大きないびきをかいて寝てる人を映画館で観たのは初めて」と感じる位すごい人がいたので、立て続けの出来事にドッキリでした。

←ロビーにありました。作り物ですが、人間みたい。リアルです〜。

|

« スターダスト | トップページ | 誠巾着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 當世流小栗判官:

« スターダスト | トップページ | 誠巾着 »