« 敗者から見た明治維新 | トップページ | 日野宿本陣 »

2006.03.16

梅の花 一輪咲いても 梅は梅

近所の梅が満開になっていました。
反射的に連想したのはタイトルにした土方歳三の句だったりします。

Ume1梅の花 一輪咲いても 梅は梅

Ume2俳句の善し悪しって今一わからない私ですが、この句はかわいいですよね。
『燃えよ剣』の沖田総司に笑われていたのがどの句だったか忘れましたが、この句も思わず頬がゆるむような句。
「一輪咲いても梅は梅」って、「そりゃそーだろ!!」とツッコミたいような、「そーよねー、たった一輪でも梅なのよね〜」と感心したいような、でも「ふふふ」と笑ってしまうような、そんな句。

近所の梅は一輪どころか、何十輪も咲いていたんですけどね。

梅の花 百輪咲いても 梅は梅(爆)

今日はとても良いお天気。仕事は休みだったので、ぽかぽか陽気に誘われて、梅を見に行く事にしました。
東京で一番気に入っている梅スポットといえば青梅なのですがちょっと遠いので、自転車で行ける百草園にしてみました。

実家で自転車を借りて、多摩川のサイクリングロードを飛ばします。
途中、府中郷土の森の脇を通るのですが、梅が見えます。とってもきれいです。思わず予定変更して、そのまま郷土の森の中に入ってしまいそうな気分になりましたが、ここには来た事があるので我慢して、初めて行く百草園へとペダルを進めました。

いや〜、郷土の森もきれいでしたが、百草園もきれいですね〜。
写真撮りまくっちゃいました。今まさにピークという感じ。週末までもつかは微妙。東京で梅を見たい方は急いだ方が良さそうです。

Ume3 Ume4

Ume5 Ume6

「早咲きアヤメ」なる物もありました。

Ume7ところで……
百草園というのは日野市です。
日野まで行って、この私が、梅だけ見て帰ってくると思いますか?(笑)
ふふふ……。
どこへ行ったかは……後日、また改めて。

|

« 敗者から見た明治維新 | トップページ | 日野宿本陣 »

コメント

お久しぶりです(^^♪
は〜い、梅だけ見て帰ってくるとは思いませーん!
神奈川の暖かい方は、もう散り始めていますよ、梅。
百草園って始めて知りました。とても素敵な所ですね。
うちの庭にも梅があるので、咲いた時には思いましたよ、
「梅の花 壱輪咲いても 梅は梅」
芭蕉の弟子が、「梅の花 壱輪ほどの 暖かさ」という俳句を詠んだそうで、それを踏襲したものらしいですね。
梅の花が壱輪咲いても、まだ三寒四温で春が遠いかなぁ、という季節、「梅が壱輪咲けば春だ!」と言い切る土方さんの意地みたいなものを、微かに感じた06年2月。

投稿: パラ野 | 2006.03.16 23:50

パラ野さん

>は〜い、梅だけ見て帰ってくるとは思いませーん!

きゃー、バレてる〜。
でも、気持ちがわかっていただけて嬉しい〜(笑)。

で、やはり新選組ファンとしては「梅」といえば「豊玉」ですよね。
そして、お梅さんの事は考えない方向で……って言及してる時点で考えてるんですが(爆)。
庭に梅があるなんて、ステキですね。
2月には壱輪しか咲いてなかったりする景色をご覧になったのでしょうか。

芭蕉の弟子の話は知りませんでした。
……あ、あれ? も、もしかして、『俳遊の人・土方歳三』に書いてあったかな(汗)。
忘れっぽくていけないなぁ。

投稿: YAGI節 | 2006.03.18 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅の花 一輪咲いても 梅は梅:

« 敗者から見た明治維新 | トップページ | 日野宿本陣 »