« 一日ファイターズ・ファン | トップページ | 多摩森林科学園 »

2006.04.22

新選組の足跡(文京2)

前回野球を見に行った話を書きましたが、東京ドームまで行って野球だけ見て帰ってくる私ではありません(?)。
という事で、こんな所に行ってきました。

◆伝通院
Bun1 Bun2

新選組誕生のきっかけとなる浪士組を作った清河八郎が眠る場所。
ここの入口あたりに処静院という塔中があり、浪士組の結成式はそこで行なわれたそうです。↓の右の写真をクリックすると、その説明が見られます。

Bun3_2 Bun4b

◆大久保九郎兵衛道場跡
Bun5 Bun6

山南敬介が学んでいたといわれる道場の跡地。小野派一刀流の道場だそうです。
現在はジョンソン・エンド・ジョンソンのビルが建っています。

◆講武所跡地
ここの剣術指南役に決まりかけた近藤勇は、農民出身だという理由で不採用になってしまいました。大河ドラマにあった松平主税助に追い返されるシーンは切なかった……(涙)。
今は日本大学法学部の校舎が建っていました。
Bun7

◆文京シビックセンター
ここは一体なんなんでしょう? 区役所と文化センターが一緒になった感じですが、無茶苦茶立派。25階には展望ラウンジがありました。斎藤一さんが住んでいた場所を見おろしてきました。
Bun8 Bun9

レストランもあったので、ここでランチをいただきました。
箸袋に椿山荘の文字があってビックリ。椿山荘グループって高級なイメージがありましたが、ここは割とリーズナブルです。
窓際の席に案内してもらえたので、景色に見とれながら食べました。ラウンジからは見えない東京ドームが真下に見えました。ドームの屋根がまるでトランポリンみたいに見えた♪ なかなかドームを上から見られる事なんてないので面白かったです。ここからの写真も撮りたかったけれど、ちょっと恥ずかしかったので断念。

|

« 一日ファイターズ・ファン | トップページ | 多摩森林科学園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組の足跡(文京2):

« 一日ファイターズ・ファン | トップページ | 多摩森林科学園 »