« 亀梨 小泉 | トップページ | 北東北桜紀行 »

2006.04.28

弟の手術

弟が変わった症状で病院に通っているという話を聞きました。
歩くのも辛い位というので、「それなのに頻繁に通わせるの?」と訝っていたのですが、やはり入院、そして手術となってしまいました。
私は生まれて初めて「手術の同意書」というのにサインをしました。

手術は昨日無事に終わりました。難しい手術では無かったようです。今日も面会に行ってみましたが、元気そうで一安心。手術の傷はほとんど痛まず、関係ない所が痛むとぼやいていました。麻酔の影響らしいです。下半身全体に麻酔をかけた筈が、一時は首までかかってしまったそうです。恐い〜(>_<)。さすがに今は麻酔は切れてますが、足や尾てい骨など患部以外の所が痛いらしい。不思議だ。

病名は尿膜管遺残。おヘソから膿が出て激痛に見舞われるそうです。
通院時はこの膿を取る治療をし(針を刺されるんだって)、痛み止めの坐薬を貰っていたようですが、これが劇薬。最低でも6時間は置いてから使わなければならないのに、弟は痛みに耐えかねて時間をあまりおかずに使っちゃったりしていたようです。なんか太宰治の『人間失格』に出てきたモルヒネみたい(>_<)。
乱用がバレて入院後は坐薬は取り上げられ、代わりに飲み薬を渡され、点滴を打たれるようになりました。点滴は30分を一日二回とかで、それ程多くはないようですが、すぐに入れられるようにと、今日は点滴の針の部分が腕に固定されていました。ひ〜。痛々しい。

膿が多すぎて取り切れないので手術になったようですが、それでも治療のおかげで手術前には既にかなり痛みはやわらいでいたようです。入院前の方が苦しかったみたい。
で、切ってみたら、なんと、膿以上にゴマだらけだったという話を聞いて驚きました。外からの写真では膿だかゴマだかわからないらしいんですけどね。
長年にわたってたまったゴマ。そういえば、おヘソの掃除をしなければいけないという話、聞いた事あります。でも、「おヘソは触っちゃいけない」という話も聞きます。どちらが正しいのだろう? 弟は毎日洗っていたらしいです。それでもゴマはたまるのか? 弟のおヘソは深いらしいのですが、洗い過ぎて深くなったとかってないのか??? よく洗っていたけれど、よく触ってもいたらしい。触るとバイ菌が付いちゃうよ〜。
ゴマと尿膜管遺残は直接は関係ありませんが、ゴマが多いと膿みやすいっていうのはあるみたいです。おヘソのお手入れは気を付けた方が良いかもしれませんね。

弟の病室は個室でした。大部屋は塞がっていたのです。弟は貯金があったので「個室望むところ」みたいなノリでした。大部屋だと一人分のスペース無茶苦茶狭いし、プライバシーも無いから、そりゃ個室は望ましい。面会も気軽に行けます♪ でも、私がもし「明日入院」なんて事になった場合はそんなお金払えないなぁ。そしたら、別の病院を探す事になっちゃうのか、はたまた入院延期になるのか? 貧乏人は病気にもなれませんね(鬱)。

月曜には退院出来る見込みです。良かったぁ。

|

« 亀梨 小泉 | トップページ | 北東北桜紀行 »

コメント

ひい〜痛そう‥‥!!
治ってよかったですね。
妊娠中はでべそになるので、へそのゴマ、取りまくってました。
それにしても弟さんと、仲がいいですね。
ちょっとほのぼの〜(^^)

投稿: ヒロ | 2006.04.28 21:41

ヒロさん
「尿膜管」って、胎児時代に母胎と繋がっていた部分みたいです。へその緒の延長線みたいな感じなのかな。

弟との仲はごく普通だと思っているのですが、友人にもよく「仲いいね」と言われるんです。なぜだろう??? 私の感覚がヘンなのかなぁ?

月曜じゃなくて、明日退院という事になりました♪

あと、↑で触れた「関係ない部分の痛み」の原因は床ずれだそうです。
「なんだよ!!」と思いましたが、普通は寝返り打ったり微妙に動いているらしいのですが、麻酔のせいでぴくりともしなかった為に腫れちゃったそうです。

投稿: YAGI節 | 2006.04.29 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弟の手術:

« 亀梨 小泉 | トップページ | 北東北桜紀行 »