« シムピープルやってみました | トップページ | デカダンス ドュ ショコラ »

2006.05.14

ジャパンオープン2006

フィギュア・スケートの地域別対抗戦が出来たんですね。面白い事考えるなぁ。
男女2人ずつ計4人のスケーターが地域を代表して戦うわけですが、日本だけが国単位で、あとは北米、そして欧州という区分け。なんだか、アイスホッケーの北米選抜vs世界選抜並の不思議な響きの対決で、お祭りっぽい雰囲気ですね。
この時期のフィギュア・スケート選手達のコンディションがピークとは到底思えないので、あまり期待はしておらず、テレビ放送日もすっかり忘れていたていたらくな私は途中から見ました。

Honda出場選手に関しては浅田&安藤両選手が出る事は知っていたのですが、本田選手も出ていたのですね。そうと知っていたら最初から見たのに〜。彼の演技は見逃しました(放送してますよね?)。
得点を見た限りでは、ヤグディン選手よりは高得点だったようですが(っていうか、ヤグディン選手も来てたとは)、他の選手達には負けていたようで……プロ転向は正しい選択だったのかなぁ。
あ、プロの選手の方がアマチュアの選手より劣るという競技も珍しいですよね。昔と違ってアマチュアでもお金稼いじゃうし。「プロ」「アマ」という呼称に違和感を感じる今日この頃。嘘です、10年位前から感じてます(爆)。
(右はアマチュア時代の本田選手のサイン。クリックすると大きくなります)

やはり時期が悪いのか、どの選手も今一な感じでしたが、驚いたのは浅田選手。浅田真央、15歳
んもう、やっぱり彼女は凄いですね。いつ見ても凄い(連覇を逃したジュニアの世界選手権は見てません)。本当に天才なのだと思わされます。
ところで、今日飛んだのはトリプル・アクセルですよね? 八木沼さんってば「ダブル・アクセル」って言いませんでした? 「えー、トリプルに見えたけど、じゃ、この後にトリプルやるの?」と思いましたが、それきりそれらしいジャンプはなく演技終了。そしてパーソナル・ベスト更新。トリプル・アクセル飛ばずにパーソナル・ベストが出るとは思えない。悩んでしまった私です。彼女の場合ダブルみたいに簡単に飛ぶし、伊東みどりさんみたいに高く跳ぶわけではないので、ちょっとわかりにくいのですが(^^;)、あれトリプルですよね、ね、ね?(爆)

出身(岡山県)が同じオダギリジョーさんに憧れているという高橋選手、今迄感じた事なかったけれど、「笑い方がちょっとだけオダギリさんに似ているかも」と初めて思いました。

マイ・フィギュア・スケート・アルバムそうそう、『マイ・フィギュア・スケート・アルバム』というCD買っちゃいました。フィギュア・スケートの演技に使われた曲が収録されています。

『メリークリスマス・ミスターローレンス』は映画のサントラ持ってて坂本龍一さんのベストも持ってるから、これで3つ目です(爆)。まぁ「安藤選手が使っていた物は弦楽器がフィーチャーされていた知らないヴァージョンだったから完全なダブりではないか」と思ったら……これに入ってるのも坂本龍一さんのピアノ・ヴァージョンでした(そ、そんなぁ)。まぁ、ピアノ・ヴァージョンの方が好きなんですけどね。もっと好きなのはサントラのヴァージョンだから、いいっちゃいいんですけどね。でもね、でもね……ちょっと切ないです。しくしく。

荒川選手でお馴染みの『トゥーランドット』はちゃんとヴァネッサ・メイ・ヴァージョンですよ、よっしゃ!! 

こういうアルバムに昔どれ程憧れた事か。「出せば絶対に売れるのに」と思っていたっけ。自分でMD作ったりもしてましたけどね。
鍵山選手の『八木節』とか欲しかったなぁ……。

|

« シムピープルやってみました | トップページ | デカダンス ドュ ショコラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンオープン2006:

« シムピープルやってみました | トップページ | デカダンス ドュ ショコラ »