« テレビが好きだけど嫌い | トップページ | ニュルンベルグからの手紙 »

2006.06.21

新選組関連アニメ

◆銀魂
今クールは定期的に見ているドラマが一本もないので、唯一見ている連続物といえば、これになります。
新選組もどき(真選組)が出て来るという噂に魅かれて初回から見てます。真選組は毎回出るわけじゃないし、苦手なキャラが複数いるので(そのうちの1人の声を聞くのはかなり苦痛)挫折しそうになりつつも、面白い回もあるので見続けて、2カ月が経ちました。

銀魂 (1)昨日は真選組は出なかったのですが、個人的にはかなりツボでした。海賊扮装の銀さん&桂がカッコ良くて、見直しました。キャプテン・ハーロックが好きだったんで(違)。
キャプテンといえば、キャプテンストライダムのエンディング・テーマも気に入ってます。(オープニングのトミーヘヴンリーの曲も好き、この人以前はあんまり好きじゃなかったんですが)

あと、山崎が振り回しているのはバドミントンのラケットですね。なんでバドミントンやってるんだろー? 謎ですが、元バドミントン部としては嬉しい限り。ネットに「★銀魂★バトミントン部!!★」なんてのもあってさらにびっくり。元バドミントン部員としては「バト」ではなく「バド」ですよ、とツッコミたい所ではありますが、この表記はわざとなのでしょうか? 原作は全く知らないんです……。

◆るろうに剣心 OVA追憶編るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 追憶編 ~特別版~
ケーブルテレビでやってました。
いや、驚きました。テレビ版と全然違うんですね。文芸作品って感じ。ギャグは一切無く、終始シリアス。なんか独特の世界に引き込まれ、思い切り集中して見ちゃいました。キャラクターはそうでもないのですが、背景がすっごくきれいで、「丁寧に作られてるなぁ」と感じました。

殺陣のシーンはとにかく痛い。だんだらの隊服を着た沖田や斎藤との勝負はわくわくしましたが、それ以外は胸をしめつけられるような感じ。切なかったです。
新選組時代の斎藤が見られたのは嬉しかった〜。

高杉晋作が「あの小僧(=剣心)の人生を台無しにするからには、お前自身はきれいな身を貫くんだ。今後一切決して自分の刀を抜くんじゃねぇぞ」と桂小五郎に言うシーンは印象的でした。それに頷く桂に高杉は「それでこそお前は幕末祭りの長州の御輿となれるってもんだ、雅楽は俺に任せろ」と言うのです。なんか、高杉と土方がダブって見えました。
ホント、剣心の人生は桂のせいで狂ってしまったのね……っていうか、自ら飛び込んだわけですが。

◆萌えよ剣機動新撰組 萌えよ剣
これもケーブルテレビでやってました。
私、「萌え」って言葉が苦手です。今では一部の人だけではなく、誰もが普通に使う言葉になっているようですが(昔とは違う意味で)、まだ抵抗があります。でも、新選組関連だからこれは見ちゃったよ。
これ、元はPS2のゲームだったんですね。それがアニメ化されたらしいです。って事は、余程ゲームが人気があったのかと思いきや……Amazonの評価を見た限りでは今一な感じでした。
ちなみに私が見たのはOVA版なのですが、テレビ版もあるそうです。キャラクター・デザインが高橋留美子さんとの事で、絵柄は確かにそんな感じ。

近藤・土方・沖田の娘達が京都の治安を守る為に活躍するという話です。組織の名は「機動新撰組」で、社長がおりょうさん。おりょうさんっ、この名前でいいんですか!?(笑) 坂本龍馬の子供も出てきます(^^;)。

平賀源内の4代目という人が出て来るのですが、その声を担当しているのが三木眞一郎さんでした。私の中では「斎藤一の声の人」って事になってしまっているので、これが聞けただけでなんか嬉しい〜(ばか)。

回想シーンで一瞬だけ出て来た沖田総司はなかなかステキでした。くずきり大食い記録を持っているそうで、その記録に娘が挑んでました(笑)。
しかし、このアニメ、ターゲットがわからないなぁ。元はゲームだし、タイトルからして若い男の子向けなのかと思いましたが(冒頭に入浴シーンが出てきます、エッチな感じではありません)、戦隊物みたいに変身しちゃうと「子供向けかなぁ」という感じもする……。

|

« テレビが好きだけど嫌い | トップページ | ニュルンベルグからの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組関連アニメ:

« テレビが好きだけど嫌い | トップページ | ニュルンベルグからの手紙 »