« 早実、また引き分け再試合 | トップページ | チェリー・ザ・ダストマン »

2006.08.22

侍・斎藤投手

斎藤投手、ホント凄いっ!! 尊敬するっ!!
再試合も素晴らしいピッチングでした。
一見クールですが、熱い物を胸に秘めている斎藤投手(斎藤一みたい♪)の試合後の涙には心打たれました。武士の涙を見たような気分です(ちょっと違う?)

Sounds of 甲子園球場(夏の高校野球編)4連投なんて、酷な話です。
出来ればそんな事させたくない。運営側には日程を見直して欲しかった感じもします。でも、斎藤投手は連投しに甲子園に帰って来たような気さえしてしまった私です……。

センバツで、横浜に打ち込まれる斎藤投手を見た時、私は同情しました。
「3連投、しかも延長引き分け再試合の後なんだから、打たれても仕方ないよ」とか、
「万全な状態で戦わせてあげたかったなぁ、こんなタイミングで横浜と当たるなんて運が悪いよ」なんて思いました。判官びいきかな。
でも、おそらく本人は「不運だった」なんて思いはしなかったのでしょうね。「たとえ3連投でも納得の行くピッチングをしたい」という思いで準備して来たのでは? 細面でスマートな印象のある斎藤投手ですが、足腰は太くて逞しいし、相当鍛えたらしいですよね。「今度こそ、3連投でも良いピッチングをする」という意気込みで戻って来たんじゃないでしょうか。……4連投まで想定していたかは謎ですが(^^;)

一見不運に見えたセンバツの敗戦ですが、「あれがあったからこそ、今回の優勝があったに違いない」と今は思います。
連投を見すえて準備するのと、「たまたま連投になっちゃった」とでは大きな違いがありそうです。
しかし、「判官びいき」って「弱いものびいき」的な意味がありますから、日本一になっちゃった斎藤投手にはもう使えませんね。「義経だと思ってたら頼朝だった」って感じかな(笑)。いや、ホント、斎藤投手が「悲運の投手」で終わらなくて良かったです。

なんて言ってると、「甲子園だけが人生じゃない」という声が聞こえてきそうですね。学生時代の酷使が原因でプロ入り後に活躍出来ないという投手も多いので、斎藤投手の起用には賛否両論あるようで。
ただ、先輩・荒木投手のように1年からエースというわけではないみたいだし、投げ方は無理の無い非常に良いフォームという評判なので、案外これからもしたたかにクレバーに頑張ってくれそうな気もするのは、希望的観測でしょうか? 松坂投手も高校時代は相当酷使されたようですが、プロで活躍出来てますしね♪
もっとも、斎藤投手ってプロ入りを意識してるのかなぁ? 「野球は高校野球がクライマックス」位に捉えているという事はないのでしょうか? 背があまり高くないので、センバツの時は「プロのスカウトが触手を伸ばすようなタイプとは違うんじゃないかな〜。早大行くでしょ」と思っていました(学業もちゃんとやっているらしい)。
ただ、今大会の活躍を見ちゃったら欲しがるプロ球団はいくつもありそうですよね〜。進化している感じだし。どうなるんでしょう???
どの道に進んでも、応援するよっ←もうすっかりファンです

駒大苫小牧も、ホントいいチームでした。田中投手の今後も応援するっ!!

|

« 早実、また引き分け再試合 | トップページ | チェリー・ザ・ダストマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 侍・斎藤投手:

« 早実、また引き分け再試合 | トップページ | チェリー・ザ・ダストマン »