« 美容院での会話 | トップページ | 新選組の足跡(亀山本徳寺) »

2006.10.01

関西旅行2006秋1

関西旅行から帰って来ましたので、恒例(?)旅日記をアップしてみたいと思います。
今回は密度濃いですよ〜。

今、これを記しているのは4日ですが、「4日の日記」という感じではなく、実際の出来事のあった日とブログの日付を合わせるように書いてみますね。1日1記事にしようかと思ったのですが、新選組関連の記事は分けてみます。

K1さて、
どうせ秋に関西に行くなら、昨秋のリベンジで紅葉に合わせたい所ではありますが、敢えてこの時期を選んだ理由、それは「紅葉の時期は混むから」という事もあるにはあるんですが、もっと大きな事情がありました。勘のいい方、あるいはこまめに当ブログをチェックして下さってる方ならわかってしまう事でしょうが……国体に合わせちゃいました。

見たい競技は色々あるんですが、一番は野球です。特に早稲田実業ですね。斎藤投手ですね(^^;)。

実は国体での高校野球(硬式)って正式種目ではありません。エキシビションみたいな感じといえばよいのかな? だから選手のモチベーションがどの程度かわかりません。真剣勝負にはならないのかもしれません。「夏に日本一になった早実といえども、気合が入らなくて、案外ころっと負けちゃうかも」と最悪なケースも想定し、初戦を見に行く事にしました。という事で出発日は10月1日に決定。

朝は暗いうちに家を出て、始発で羽田空港に向かいました。そういえば、一人で飛行機乗るのって、初めてだ。

K2機内窓より。
おお、ピカチュウ機が見える〜♪


神戸空港へ飛び、いざ会場のある宝殿駅へ行ってみると……
係員が拡声器で整理券の配布が終了した旨を案内していました。8時半の時点で終わってしまったらしい。その時間帯、私は三宮駅のコインロッカーに荷物を預けていたなぁ。あ、国体の試合は無料で観られるので、チケットはありません。
「今から球場に行かれても、入場出来ない可能性があります」と告げていました。

悩ましい表現です。「入場出来ません」と断言してくれれば諦めもつきますが、「入場出来ない可能性がある」という事は入場出来る可能性もあるのか?
せっかくだから行ってみました。駅から歩く事20分。

球場前には中に入れない人が列を作っていました。数百人位だったかな?
 第一試合がやっている最中だったのですが、その試合が終わって、もし帰る人がいればその分整理券を追加で発行するという事でした。最低でも、その試合が終わる迄は並んでいなければならないのです。つまり、まだ1時間以上は待たなければならないようでした。連れがいればまだしも、1人で何もせずに1時間以上も並ぶというのは気が進みません。しかも、並んで確実に整理券が手に入るならまだしも、その確証は全く無いのです。早く行っている人の殆どは早実目当てだろうから、早実の試合が終わるまで帰らないですよね。
雨が降ってきました。テレビカメラがやってきました。出る当てのない整理券を求めて雨の中並んでいる姿なんて撮られたくないよ〜。それに雨中の野球観戦って結構大変なんですよね。カメラから逃げるようにして(笑)、列から離れました。

K3

周囲を散策してみようと思ったら、途中で訳わからなくなりました(^^;)。駅に行けない。来た道に戻れない(汗)。係員さんに「駅ってどっちですか?」と尋ねたら、「いや〜、私も今日初めて来たんでちょっと」だって。あちこちから応援が呼ばれているんでしょうね。こんな所で迷子になろうとは。
試合は観られないし、道には迷うしで最悪の気分。往きの倍くらいの時間をかけて駅へ戻りました。

旅行の計画を立てる時に、行きたい所を幾つかピックアップしておきました。迷った末に計画から外したのが赤穂。そこに急遽行ってみる事にしました。

姫路駅で電車を乗り換えようと思ったら、駅の構内に国体のポスターがたくさん貼ってありました。「姫路でも競技やってるんだなぁ」と思い、周囲を見渡すと、国体総合案内所が目に入りました。尋ねてみると、ちょうどバスケットボール成年男子の会場へ行く無料のシャトルバスが出る所だというではありませんか。バスケを見る事にしました。これも何かの縁。赤穂、さよなら〜。

K4 K5


写真右:のじぎく兵庫国体のマスコット、「はばタン」。
最初はなんとも思わなかったのですが、見慣れるにつれ、段々キュートに見えてきました。着ぐるみは、とってもかわいい〜。

会場にはバスケのコートが二面あり、2試合同時進行で行われるようになっていました。京都vs愛媛戦と北海道vs秋田戦。両方が視界に入る席に陣取りましたが、両方を見ていたので集中出来ませんでした。応援するチームが決まれば感情移入も出来るというものですが、特に決められず散漫な観戦に。しかも途中で睡魔が(爆)。

旅行に行く前の日って、準備やら何やらで早く寝られたためしがないのですが、この時も1時に布団に入り4時起き。といっても興奮したのかなかなか寝付けなかったので、3時間も眠ってないですね。せっかく選手達が好プレーを披露しているのに、目を開けているのが精一杯という状況。そういえば、バスケのちゃんとした試合を見るのはこれが2度目なのですが、初回も途中で激しい睡魔に襲われた事を思い出しました。NBAの試合だったというのに!! バスケ、嫌いじゃないんですよ。なのに、どうしてこうなるかなぁ…。

バスケ会場・姫路市立中央体育館は山陽電鉄・手柄駅の近くなのですが、実はここの隣駅が亀山駅。今回の旅行の3大目的地の一つである本徳寺最寄り駅だったりします(他の2つは西芳寺と早実)。

K6今回は「スルッとKANSAI 3dayチケット」というのを用意してました。これ、スゴイです。JRを除く殆どの電車が乗り放題のスグレ物。短い移動だと元を取れないのかも知れませんが、今回は兵庫と京都を行き来するというハード利用だったので、物凄く助かりました。いちいち切符を買わないで乗れるのってホント便利ですよね〜。という事で、今回は球場行く時以外はJRは使いませんでした。
勿論、亀山にもスルッとKANSAIで行き、その後は明石へ。
(亀山本徳寺については改めて書きます)

明石といえば、子午線が通っている場所。
詳しい事はよくわからないけれど、小学生の頃社会のテストで標準時の問題が出たら「世界」の場合は「グリニッジ」、「日本」の場合は「明石」と書けば良いと思っていました。
そんな子午線の上にあると言われる明石天文科学館(実は線から数百メートル離れている?)に行って、プラネタリウムを見てきました。

しかし……ダメだ、やはり屋内で椅子に座るとまた睡魔が……。
多分(?)眠ってはいないのですけど、何だかあまり内容が頭に入ってません。星はとってもキレイでしたけどね。私、何しに関西まで来たのでしょう?(汗)

天文台からは明石大橋が見えて、気持ち良かったです……晴れてたら、もっと爽やかだったんでしょうけどね。

K7 K8

写真左:漏刻
天智天皇が作らせた日本最古の時計を復元した物。とんぼが17:00を示してます。
写真右:子午線標示柱。ここにもとんぼが!!

K9 K10

◆明石藩主松平家廟所(写真左)
後ろに映っているのが天文館。
斎藤一さんのお父さんは明石藩の足軽だったといいますから、ここを訪れた事もあるかもしれませんね。

◆柿本神社(写真右)
柿本人麻呂を祀る神社。

と、あちこち見て回っていたら、明石城のある明石公園に着く頃は暗くなってしまいました……とほほ。

明石駅構内のレストランフロアで明石焼を食べ、夕飯にしました。
野球見ながらお昼食べるつもりでいたから、お昼抜きになってしまってお腹ペコペコだったにも関わらず、どうしても食べきれず1個残してしまいました。10個入りは多すぎる〜。

ホテルでは、生放送の凱旋門賞とスポーツニュースを見てから就寝。
ディープインパクト、残念でした……。
スポーツニュースで、早実の試合を見る為に徹夜で並んだ人が3000人だった事を知りました。あの球場、6000人しか入れないと言っていたような気がするのですが。そりゃ、整理券もなくなるよねぇ(溜息)。

|

« 美容院での会話 | トップページ | 新選組の足跡(亀山本徳寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西旅行2006秋1:

« 美容院での会話 | トップページ | 新選組の足跡(亀山本徳寺) »