« パビリオン山椒魚 | トップページ | 色バトン »

2006.11.04

報知映画賞特別賞に投票

第31回報知映画賞をプレスブログが協賛するそうです。
そこで「お勧め映画」「最高の作品」「すばらしい俳優」の投票を募集していたので、参加する事にしました。
なお、プレスブログに登録すると報知映画賞・特選試写会年間パスポート(年間上映12回)が当たるチャンスがあるそうです。詳しくはこちら

では、選んでみます。
GOAL! STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い スタンダード・エディション
◆お勧め映画
『GOAL!』
今年観た映画で一番楽しかったのはこれ。
わかりやすくて疲れない。見終わった後は爽快な気分になれます。
登場人物は魅力的な人が多いし、カメオ出演のサッカー選手を探す楽しみもありました。スポーツ好きな方はぜひ♪

◆最高の作品
『THE有頂天ホテル』
ここは難しい。「好き」だったら簡単に選べるのですが、「最高」と言われちゃうと……。
この映画は、最高に豪華な出演者で、日本映画としては最高クラスの興行成績を記録して、私の最高に好きな脚本家の作品で、笑えた回数も最高だったかな……という感じで選んでみました。
「最高に良い作品」かどうかは、素人の私にはよくわかりません(^^;)。

◆すばらしい俳優時効警察 DVD-BOX
オダギリジョーさん
今年は『THE有頂天ホテル』『ゆれる』『パビリオン山椒魚』の3作品を映画館で観たのですが、どれも全く異なる役で、同じ人とは思えませんでした。カッコイイ役もカッコ悪い役も、真面目な役もおちゃらけた役も、うるさい役も静かな役も……どんな役でも、まるでそれが地であるかのようにこなしてしまう、まさに「すばらしい俳優」だと思います。
個人的には、今年の彼の仕事の中ではドラマ『時効警察』での演技が一番好きでした(^^;)。
     ★       ★        ★
「そういえば『MY BEST MOVIES』(Cuts Like a Bowieの番外)を選ばなくなって久しいなぁ…」と思ったので、ついでに今年のお気に入りベスト5を報知映画賞候補作の中から考えてみる事にしました。

SAYURI1.GOAL!
2.SAYURI
3.THE 有頂天ホテル
4.プロデューサーズ
5.Mr.&Mrs.スミス

なんか、今年は社会派の作品も多かったですね。
その手の作品では『ミュンヘン』と『シリアナ』を見て、考えさせられはしたのですが、解決策が提示されているわけではないので、暗い気持ちになってしまいました…。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』『M:i:III』『夢駆ける馬ドリーマー』『バルトの楽園』を見逃したのが悔やまれる〜。

|

« パビリオン山椒魚 | トップページ | 色バトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報知映画賞特別賞に投票:

« パビリオン山椒魚 | トップページ | 色バトン »