« 新選組 | トップページ | PEACE MAKER 鐵 »

2006.12.09

新選組血風録(ドラマ)

一週間前まで、ケーブルテレビでドラマ『新選組血風録』が放映されていました。26回に及ぶこの作品、あいにく初回は見逃してしまったのですが、他はほぼ全話見ました(他にも1〜2話抜けてる部分があったかも?)。
新撰組血風録 VOL.1このドラマの原作である司馬遼太郎さんの同名タイトルの小説は大好きだったので、ドラマも楽しみにしていたのですが……
いざ見てみるとモノクロだし、古〜い感じ(昭和40年)だし、レギュラー陣で知ってる俳優さんはいないし……と最初は取っつきにくい感じがしました。
あ、主演の栗塚旭さんは大河ドラマ『新選組!』にもちょっとだけ出ていたので、全く知らない人ではなかったのですが、三谷幸喜さんが絶賛しているのを見て初めて「土方歳三役を好演した人なのね」と知った位なんです(恥)。

さて、
新選組物を読んだり観たりする際に、私がもっとも気になる点は斎藤一さんの描かれ方。それで、その作品の好き嫌いが決まるといっても過言ではありません(^^;)。
このドラマで斎藤役を演じていたのは左右田(そうだ)一平さんでした。オダギリジョーさんとは全く雰囲気違います。言っちゃ何ですが、ルックスが好みではありません(爆)。
「これはハマれないかも」と思ったのですが……

左右田さん、素晴らしかったです。←態度豹変

『風光る』の斎藤さんに近いかな。
飄々としていて一見弱そうです(笑)。
「谷先生にはかないませんよ」なんて言っちゃったりして、大人です。
でも、斎藤さんですからね、当然強い♪
このドラマは、一応司馬遼太郎さんの作品が原作って事になってますが、原作に無いエピソードがたくさん織り込まれていて、それが私が描く斎藤さんのイメージとは全く違うにも関わらず気に入っちゃいました。
ドラマには「身寄りの無い子供との心温まるエピソード」なんてのがありました。そこで、斎藤さんってば、なんと『通りゃんせ』を歌っちゃうんです。『通りゃんせ』を歌う斎藤さんなんて、想像出来なかったなぁ。思わず吹き出してしまいました(笑う所ではない)。
他にも沖田と妙に仲が良くて、暇さえあれば二人で将棋をさしてたり、結構人懐っこかったりと、ドラマ独自の描写がありました。「無口」という感じではありません。

「オダギリ斎藤」との共通点は誠の旗を大事にしている所かな。
大河での「この旗が俺を拾ってくれた!!」というセリフは感動的でしたが、「左右田斎藤」の守っていた旗を土方に渡すシーンも感動的でした♪

しかし……斎藤さん、箱館に行っちゃってました。

『燃えよ剣』では確かに箱館に行っちゃうんですが、『血風録』ではそんな描写無かったような気がします。『血風録』は時系列で並んでいない短編集でしたが、それを並べ替え、さらに『燃えよ剣』のエピソードとオリジナル・エピソードを加えたのが、ドラマ版の『血風録』といった感じです。だったら、「今放映されている『燃えよ剣』はどんな作りになってるんだろう? 『血風録』とかぶるんじゃないだろうか?」と余計な心配をしている今日この頃です。

箱館の斎藤さん、最後の最後で東京に行くように土方に言われ、拒んで殴られるなんていうシーンがありました(^^;)。
「先日聴いた講談はこれをふまえて作られたんだなぁ」と得心。結局箱館を離れた斎藤さんは後に佐藤家を訪れてたりして、「市村鉄之助状態」になってました(写真は託されてませんでしたが)。そういえば、市村鉄之助出て来なかったなぁ。

という感じで、箱館に行った事を除けば素晴らしかった斎藤さんですが、それ以上にインパクトがあったのは島田順司さん演じる沖田でしょうか。
この沖田もあまり強そうには見えないのですが(^^;)、明るくてトボけてて面白かったです。なんか、大河ドラマ『新選組!』と比べると全体的に暗い雰囲気のこのドラマですが、沖田だけはこちらの方が明るかったかも。いつもニヤニヤしちゃってさ(ニコニコという感じではない)。
一部で描かれてるような美剣士ではないのですが、すごく好感が持てました。司馬さんの描く沖田って好きなのですが、これはホントに司馬さんの小説から飛び出て来たような感じでした。沖田が死んでしまう回は忘れられそうにないなぁ。

どう描かれるか不安だったのは近藤と土方の別れのシーン。
原作では無かったですよね。そして小説の『燃えよ剣』のこのシーンはすごくイヤだったのですが、このドラマでの別れのシーンは……
悪くありませんでした。
ずっと冷静だった土方が、初めて動揺しまくり取り乱し、最後は我を忘れたかのように近藤の名を叫びながら走るのです。やっぱり、土方と近藤は一心同体みたいな設定が好きな私です。

レギュラーは知らない人が多かった役者陣ですが、ゲストは橋爪功さんや赤木春恵さんなど、現在も活躍している人が多く出ていました。
極めつけは最終回に出て来た森光子さん。なんと明里役。山南さんの仇を討つ為に、箱館まで来ているという設定でした。す、すごい…。

さぁ、一週間遅れになりましたが、これでようやく『燃えよ剣』の視聴に移れます(^^;)。こちらも楽しみです♪

|

« 新選組 | トップページ | PEACE MAKER 鐵 »

コメント

こちらで知って、観てみました。
ケーブルTVの時代劇チャンネルでやってる「燃えよ剣」。(これですよね?)
「新選組!」では為次郎さん役だった栗塚旭さんが土方さん役をされてるんですよね。(セリフ回しが同じですよね)
土方さんは、直ぐに分かったんですが、他の隊士が分らない、、、
名前を呼んでくれれば、「ああ、この人が永倉さんか」とか分るんですけどね。
月曜から金曜までやってるみたいですね。
また、YAGI節さんの感想なども楽しみにしています〜
(あ、いえ、決してプレッシャーを掛けているのでは有りませんゆえ)

投稿: あさぎ | 2006.12.11 12:10

お、あさぎさんも時代劇チャンネル見られる環境だったんですね。
あれ、それなのに『新選組血風録』はご覧になっていなかったという事でしょうか…? うう、残念〜。

栗塚さんのセリフ回しは確かに独特ですね。
『燃えよ剣』の方はまだ初回を見ただけという状態ですが、近藤・土方・沖田などは『新選組血風録』と同じキャストなので、違和感なく見られました。カラーなのも嬉しい。
斎藤さん役が代わっているのが、すごーく残念ですが、『燃えよ剣』では原作同様斎藤さんの出番はあまり無いのかもしれませんね。

『血風録』では意外な程女っ気の無かった土方さんですが『燃えよ剣』では初回からあの調子で……今後も色々ありそうですね(^^;)。

また、最終回を見終わった頃に感想文アップすると思います。
気長にお待ち頂ければ幸いです。
こちらこそ、あさぎさんの感想楽しみにしてます♪ あ、プレッシャーに思わないでくださいね(笑)。

投稿: YAGI節 | 2006.12.13 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組血風録(ドラマ):

« 新選組 | トップページ | PEACE MAKER 鐵 »