« 風林火山 | トップページ | 世界の絵本がやってきた »

2007.01.24

今年も浅草歌舞伎

新春浅草歌舞伎を観て来ました。二年連続、三回目です。
asakusa2過去二回は友人に誘われて「じゃ、行こうかな」って感じだったのですが、今回は誘われる前に、「今年も行きたいっ!! 行こうよっ!! 昼の部っ!!」と超積極的になってしまいました。なぜなら、去年出なかった片岡愛之助さんが今年は出るから

去年に引き続き登場の勘太郎さん・獅童さんと合わせて、これで藤堂平助・捨助・榎本武揚と、『新選組!(+!!)』メンバ−3人が揃いました♪
(でも『風林火山』のせいか、信玄・亀治郎さんが今年はいなかったなぁ。)

しかも、愛之助さん、昼の部では「いがみの権太」(荒っぽい役です)をやるというではありませんか。品の良いイメージのある愛之助さんがどんな権太をやるか興味津々で、今日の日をホント楽しみにしてました。

以前『夢の仲蔵千本桜』というお芝居を観に行った話をここに書きました。これ、『義経千本桜』が劇中劇で出て来る作品なのですが、私、ブログにはこんな風に記していました。

 (略)というのも、去年立て続けに『吉野山』『渡海屋』『大物浦』『川連法眼館』を観たから。
このお芝居は『義経千本桜』を観た事がなくてもある程度楽しめるとは思うのですが、観た事あった方がよりわかりやすいんじゃないかな。
という訳で、悔やまれるのは『鮨屋』という場が未見な事。
この部分は、劇と劇中劇のリンクする、とても大切な所だったような気がするんですよ、なんとなく。
観てないからよくわかりませんが、そんな気がするの……。うう、無念(>_<)。
そんな、気になっていた『鮓屋』の場をようやく見る事が出来たのです。その『鮓屋』の主人公が愛之助さん扮する権太というわけ。

sushiいやー、役者さんってすごい。愛之助さん、しっかりガラの悪い人になってました。歌舞伎教室(NHK教育)のお上品な先生のイメージとは全く違う。
コメディ風の演技もイケるようで、権太の嘘泣きシーンは面白かったです。『鮓屋』があんな笑える話だとは思わなかった(後半は笑ってられませんが)。

これで、ようやく、『義経千本桜』の主な場を大体見られました。
ここに至るまで随分時間がかかったなぁ。
「歌舞伎って、なんでこんなバラバラに上演するんだろう、続けて上演すればいいのに。不思議」なんて思ったっけ。しかし、こんなに時間をかけてようやく5つの場をクリア出来たと思ったのに……なんと、三月の歌舞伎座は『義経千本桜』の通し上演だそうです。がーん。
なんか、今迄の苦労が馬鹿馬鹿しく思えてきました。「フィギュア目当てに食玩を買い続けていたのに、オークションを見たら、おまけだけをセット販売してた」という感じ?……そんな経験ないですけど(買いそうになった事はありますが)。たとえ話なのに、わかりにくいですね、すみません。
どうせ通し上演やるなら、一昨年位にやって欲しかったなぁ。
忠臣蔵といい、今通し上演ブームですか?

asakusa1『鮓屋』に続いては『身替座禅』という物が上演されました。これも面白かった。平助と捨助……もとい、勘太郎さんと獅童さんの掛け合いにウケまくり。これは現代劇っぽい、というかどんな時代にも合いそうな普遍的なコメディという感じでした。
今回の浅草歌舞伎、三谷幸喜さんも観に行かれたそうですが、三谷さん、こういうの好きそうな気がするなぁ、なんとなく。


ということで、とても楽しい新春歌舞伎でした。
夜の部では、愛之助さん、女性役をやっているそうです。それも見たかったぁ。

愛之助さんのサイトを見てみたら、付き人募集してました。
やれる筈もないのに、一瞬すごく心惹かれてしまった(笑)。

|

« 風林火山 | トップページ | 世界の絵本がやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も浅草歌舞伎:

« 風林火山 | トップページ | 世界の絵本がやってきた »