« 新選組!(25〜27回) | トップページ | 2007世界フィギュア(女子・アイスダンス) »

2007.03.23

2007世界フィギュア(男子・ペア)

以前、ここで「チケットが買えない」と愚痴ってしまったフィギュアスケートの世界選手権ですが、無事現地観戦をする事が出来ました。
figure今大会のチケットは発売日当日に全カテゴリー売り切れました。しかし、それは国内向けのお話。世界大会なのでチケットは海外でも売られている筈なのですが、海外で売れ残った分はまた興行元に戻って来るだろうと予想し、一月位前だったかなぁ、キョードー東京に問い合わせてみました。そしたら、21日のチケットが残っていたのです。やったぁ!!
というわけで、1994年の幕張・2002年の長野に続いて、私的には3回目の世界選手権に行ってきました。待ちに待った東京開催です。

この日は、男子シングル・ショートプログラム(以下「SP」と表記)とペア・フリースケーティング(以下「FS」と表記)が行われました。朝の11:10から夜の11:00位までの長丁場、観てるだけでも結構疲れますが(^^;)、楽しかったです!!

それでは感想行ってみます。まずは男子から。
もう終了しているので、現地で観たSPとテレビで観たFSを一緒に書いてしまいますね。総合順位上位から。

1 ブライアン・ジュベール(SP1位、FS3位)
今シーズン絶好調のジュベール選手。SPはトリノでも魅せてくれた007でした。もうすっかりお馴染みのプログラム。これ、好きです。長くやっているだけあって、安定しています。危な気ない感じ。4回転ジャンプも見事でした。

競技とは関係ない話なのですが……
会場でジュベール選手を至近距離で見てしまいましたっ!! トイレに行こうと思ったら、ばったり出くわしちゃったのです。荷物は座席に置きっぱなし(友人に見てもらっていた)だったので、カメラもサインを貰う物もありません。「荷物取りに行っても、戻った頃にはいなくなっちゃうんだろうなぁ」と思い、その姿を目に焼き付ける事しか出来ませんでした。とてもカッコ良かったです。そしてSPで1位になった後だったからか、機嫌も良さそうでした。日本語で「頑張ってください」と言うファンに笑顔で応じていました。サイン貰ってる人もいました。「私、並んでるんですけど」なんていうファン同士の軽い諍いも目撃(汗)。

フィギュアスケートDays vol.2 (2)2 高橋大輔(SP3位、FS1位)
NHK杯の演技の方が良かったような気がしますが、それでも世界選手権で堂々の2位。日本男子選手としては初の銀メダルですからね〜。素晴らしいっ!!
トリノ五輪の時に「4年後はメダルを狙える」みたいな事を書きましたが、1年でこんなに成長するとは。
今シーズンの高橋選手は大活躍でしたね。もはやまぐれではない、納得の2位。

あぁ、本当は22日に観に行きたかった〜。3/22が男子FSと知った瞬間から仕事休む工作を始めました。一番見たかったのが高橋選手の『オペラ座の怪人』だったんです。チケットが取れなくて、快挙を成し遂げた瞬間にあの場にいられなかったのが本当に残念です。

FSの高橋選手の演技の始まる瞬間に電話が鳴ったのですが、思わず無視しちゃった私です。誰からだったかは不明(汗)。

SPは去年の方がパキパキッとしていて好きでした。SP『ムーランルージュ』、FS『オペラ座の怪人』にしてくれると嬉しいのですが、クラシックを1回は入れたいのかな? ちなみに昨年のFSに使われたラフマニノフのピアノ曲はあまり好きではなかったのに、『のだめカンタービレ』の影響で今はすっかり好きになっちゃいました(笑)。あれならもう一度観たいかも。

ワールド・フィギュアスケート (24)3 ステファン・ランビエール(SP6位、FS2位)
SPは今迄観たランビエール選手の演技の中で一番出来が悪かったような……。
一時は「来日しないかも」という噂もあったので、「来てくれただけでも良かった」と思う事にします。出遅れてもしっかりメダルはおさえてゆくあたり、さすがです。

6 ジェフリー・バトル(SP2位、FS8位)
転倒しても、いつもそこそこ良い位置に付けるバトル選手。初日はとても良く、私も興奮したのですが、FSまさかの8位。ケガの影響なのでしょうか? 高橋選手の盛り上がりの後で滑りにくかったなんて事はある?
外国人選手の中では一番好きな人なので、とても残念でした。

7 織田信成(SP14位、FS6位)
見事な巻き返しを見せてくれました。っていうか、SPどうしちゃったんでしょうね。まぁ、そういう事もあるか。高橋選手も世界選手権惨敗後ここまで登って来たので、織田選手にもこれをバネにして欲しいです。「1年目で4位、2年目でさらに上」なんて事になっちゃったら、うまく行き過ぎで他の選手に嫉妬されちゃいます。今回は7位ぐらいでちょうど良いかも(?)。ゴールは先だ!!

続いてペア。こちらはSPがテレビ観戦で、FSが現地観戦になります。

1 申雪/趙宏博(SP1位、FS1位)
完全優勝。会場はスタンディングオベーションでした。し、しかし私は……
このペア、バイオリン曲をよく使うイメージがあるのですが、実は私、バイオリンの音があまり好きではありません。特に高音がやや苦手。そして、なぜかこのペアの使う音楽の音質が無茶苦茶悪いのです。雑音が入っているし、バイオリンもキィキィいっていて、不快極まりない。二人の演技は素晴らしいのに、集中して観る事が出来ませんでした。他の人は平気な顔しているので、私が異常なのかなぁ? 私は超音波に悶える昆虫か?(爆) テレビではあまり感じませんでした。

2 ホウ清/トウ健(SP3位、FS2位)
こちらも中国のペアです。漢字が出せません。
高橋選手の『オペラ座の怪人』は、生で見られませんでしたが、このペアのFSの『オペラ座の怪人』を観る事が出来ました。女性の髪型はクリスティーヌを連想させるし、男性の振りからは「歌え、私の音楽の天使ーっ!!」というファントムの言葉が聞こえてきそうです(^^)。音楽のアレンジというか繋ぎ方は高橋選手のヴァージョンの方が好きなのですが、二人で作る『オペラ座の怪人』の雰囲気はいい感じです。
このペアのツイストリフトは思わず声を上げてしまう程の大迫力!!

4 ボロソザル/モロゾフ(SP8位、FS5位)
SPはテレビで放送してくれなかったのでわかりません(涙)。FSの留守録はまだチェックしていないのですが、放送されているといいなぁ。もう一度確認したいから。 アイスダンスのような衣装で、美しい演技。とても素敵でした。雰囲気が好き。

実は23日も観に行ったのですが、その話はまた改めて。

|

« 新選組!(25〜27回) | トップページ | 2007世界フィギュア(女子・アイスダンス) »

コメント

東京旅行の時、朝起きてテレビ付けたら大輔くんの銀メダルおめでとうインタビューが放送されておりましたので、「あぁ〜やったんだ・・・・・・やったのっ!?すごい!!」って驚きました〜(笑)。
男子も女子に負けておりませんね♪
ミキティと真央ちゃん(逆転っぷりすごいよ〜)もおめでとうです〜☆☆

投稿: Natsumi | 2007.03.27 00:41

Natsumiさん
ホント、女子も男子もすごい事になってきました。
トリノでは全競技で1個しか取れなかったメダルですけど、バンクーバーではフィギュアだけで、複数取れちゃうかも?

フィギュアの放送、一時期は女子に偏り過ぎでがっかりさせられましたが、高橋選手や織田選手の活躍と共に、男子の放送もしっかりやってくれるようになって嬉しい限りです。

投稿: YAGI節 | 2007.03.27 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007世界フィギュア(男子・ペア):

« 新選組!(25〜27回) | トップページ | 2007世界フィギュア(女子・アイスダンス) »