« バトン | トップページ | エリザベート(ウィーン版) »

2007.04.30

京都旅行2007春

2005年の春・秋(というか冬)、2006年の春・秋に続き……また京都行っちゃいました。4/28〜29の一泊二日の旅です。
過去京都では天気に恵まれない事が多かったのですが、かつてない程好天でした。ちょっと暑かったけれど、空は青くて気持ち良かったです♪

今回は私としては変わったスタイルでの旅をしました。というのも、友人と2人で行ったのですが、別行動の時間をたくさん設けてみたのです。ツインの部屋が取れなかったので、部屋も別。
でも、お風呂やトイレには好きなタイミングで入れるし、私は朝早くから動く予定だったのですが、寝ている友人を煩わせないで済んだので良かったです。一人旅と二人旅の両方の良い所どりって感じでした。

新幹線で京都入りし、最初に訪れたのは長岡天満宮。

◆長岡天満宮
本当は平等院の藤を見に行く予定だったのですが、まだ3〜4割咲きという事だったので、急遽取りやめ。
実は、先週の週末は富山にチューリップを見に行く予定でした(2週連続旅行の筈だった)。今年は暖冬だったので、早く咲くだろうと計画したのですが、大ハズレで中止。花の見頃を狙って行くのは難しいですね。
しかし、長岡天満宮のキリシマツツジはまさに今が見頃というので行ってみました。

nagaoka1nagaoka2
藤が満開だったら出会う事もなかったであろう、ここのツツジですが、素晴らしかったです。見られて良かった♪

13この後、梅田芸術劇場で落ち合う事を約束し、ボタンを見に行くという友人と一旦別れ、私は一足先に梅田方面へ。なぜ一足先に梅田へ向かったかは、また別記事で明らかにしますね。
梅田芸術劇場では『エリザベート』を観ましたが、それも別記事で。

十三に泊まったのですが、駅の近くにはこんな物が→。
……鉄わん波平って、一体???

2日目は都をどりを除いて友人とは別行動。
まずは淀屋橋で京阪電車と京都市営地下鉄・市バスなどが乗り放題の京阪みやこ漫遊チケットを購入。京阪本線に沿って新選組縁の地を巡ってみようと思ったのです。これも詳しくは別記事で。最後は四条で降りて、祇園の都をどり会場へ向かいます。

◆都をどり
昨年の春、見ようと思ったらチケット売り切れていた都をどり。今回リベンジを果たしました♪
「観覧前にお茶席にて芸妓さんのお點前を楽しめる」という茶券付特等観覧券というのを購入。芸妓さんにお茶を手渡してもらえるような物を想像していたのですが、そんな体験が出来るのは最前列の一部の人だけでした。そりゃ、そうか(^^;)。

miyako1miyako2

踊りは華やかでした。思わず映画『SAYURI』を連想してしまいましたが、チャン・ツィー風のきれいな人がいたなぁ。いや、こちらは本物の芸妓さんだけあって、チャン・ツィーより素敵かも。

miyako3miyako4
写真右に写っている赤い壁は『一力』。

◆六盛
都をどりの後はあさぎさんと待ち合わせて京料理屋さん、『六盛』へ。老舗らしいですが、私はあさぎさんに教えて頂くまで知りませんでした(恥)。
有名らしい「手をけ弁当」は写真に撮りたい程見た目美しく、味もおいしかったのですが、お料理よりおしゃべりに夢中になってしまった私です(^^;)。

ネットやパソコン通信で知り合った音楽ファンやスポーツ・ファンの方とお会いした事はあるのですが、新選組ファンの方とお会いしたのは初めてだったので、新鮮でした(シャレじゃないよ)。楽しかったです。

食事の後はもちろん新選組縁の地へ。それに関してはまた別記事で。

yasaka◆八坂の塔(法観寺)
京都に来る時はいつも慌ただしく、遠目から見るだけだった八坂の塔。
ちょっと近寄って見てみたくて、あさぎさんにお付き合い頂きました。
他の多くの伽藍は応仁の乱で焼けてしまったそうです。
JR東海のサイトには拝観料400円と書いてあったのですが、入口らしき物が見つけられませんでした。反対側だったのかな???
塔のシルエットに惹かれて近付いてみたものの、この辺に来たら、完全に方向感覚が麻痺して、どこにいるのか、さっっっぱりわからなくなりました。あさぎさんがいらっしゃって良かった(^^;;;;)。

あさぎさんとお別れした後は、壬生寺へ。
これも別記事にしますね。

という感じで、短い割には密度の濃い2日間でした。
なんだか、あっという間だったなぁ。

|

« バトン | トップページ | エリザベート(ウィーン版) »

コメント

うわ〜〜 これが仰ってた「長岡天満宮のつつじ」ですね?
写真が綺麗だから、つつじの赤(もしくは、濃いピンク?)がとっても美しいです!
ホントに花は心を癒してくれますね。
>鉄わん波平
?????私も全く???です。サザエさんの波平?ですよね〜
何故に”鉄わん”??
>都をどり
私、「SAYURI」は観てないんですが、この写真見たら、俄然「都をどり」が観たくなってきました。(へへ、、興味無い〜なんて言ってたくせにね?)
土方さんが好きだった?(き〜〜〜〜っ)舞妓さんを至近距離で見てみたい、、、
六盛、ホント美味しかったですよね〜〜
ああいう所は、ごくごくタマ〜〜にしか行けないので、この間は、幸せ〜でした。

文字数が多すぎるとのこと、追記させて頂きますね。

投稿: あさぎ | 2007.05.01 10:15

新撰組ゆかりの地めぐりも、もちろん楽しかったですが、私はYAGI節さんとおしゃべり出来た事が、とっても良かったです。
本当は、出来る事なら、壬生寺へもご一緒させて頂きたかったんです。
もっとお話してして居たかったんですよね〜 まあ、これは私の一方的な想いですけれど。
さあ〜 私も記事、アップしないと〜〜(汗)
出来ましたら、TBさせて頂きますね〜

投稿: あさぎ | 2007.05.01 10:16

コメント、しつこくて済みません(汗)
記事アップ出来ましたので、TBさせて頂きますね〜

投稿: あさぎ | 2007.05.01 12:05

あさぎさん
キリシマツツジは、ほぼ左の写真通りの色でした。血の色に近いとも言いますか?(^^;)
右の写真は、実物の感じとはかなり違います。別に色の加工はしてないので不思議なのですが。

芸妓さん、踊りの時は舞台なのでもちろん遠いのですが、実はお茶の時も結構遠かったのですよ。私もお茶が飲みたかったわけではなく、芸妓さんを至近距離で見てみたくってお茶券付のチケット買ったんですけどね。

私も、もっとお話したかったです。長居出来たら良かったのに〜。
今回はホント、お世話になりました。ありがとうございました。
またどこかでお会い出来たらいいですね。
いつかぜひ、兼定見にいらして下さい♪
TBもありがとうございます〜。

投稿: YAGI節 | 2007.05.02 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都旅行2007春:

« バトン | トップページ | エリザベート(ウィーン版) »