« 新選組の足跡(大阪リベンジ編) | トップページ | 新選組の足跡(金戒光明寺&壬生寺07) »

2007.05.03

新選組の足跡(鳥羽伏見の戦い他)

さて、前回は京阪線の淀屋橋から天満橋の間の事を記載しましたが、そのまま北上し、いよいよ京都入りしました。京阪線、京都最初の駅は橋本。

◆橋本宿
To1_2鳥羽伏見の戦い最後の激戦地が橋本でした。
山崎蒸はここでの怪我が原因で亡くなってしまったんですよね…。

と感慨に浸っていたら、「おねえちゃん!!」という声が。
振り返ってみても、私以外には誰もいません。「おねえちゃん」って、どうやら私の事みたい。

「今、写真撮ってたけど、何かあるの?」的な事を聞かれました。
独特の訛があって、ホントはよく聞き取れなかったのです。テレビで聞くような大阪弁とは違ってました。
「新選組が好きなんですけど、この辺り縁の地なので」と答える私。
「あっちにロケやった場所があるよ」と案内してくれそうな素振りのおばちゃ……おばあちゃ……おば……どっちかな?(^^;)

橋本宿(特別何かがあるわけではない)は駅から徒歩1分の場所。下車して次の電車を待つ間に行って戻れると思ったから下車しました。
というワケで、
「残念ですけど、次の電車に乗らなければならないので」と答えました。
あ、何のドラマ(映画?)のロケだか聞きそびれちゃった。『新選組!』だったら、ちょっと心残り…。

それからも、「どこから来たの?」で始まり、色々喋り、次の曲がり角までずーっとついて来ちゃいました、いえ、ついてきてくれました(^^;)。大阪の方って、ホント人懐っこいですね、あ、ここは京都だったか。
聞かれた事には答えたつもりですが、言葉が殆ど聞き取れなかったので、会話がちゃんと成立していたか自信ありません。

◆淀城跡
新選組が敗走したルートを逆に辿っている感じです。

淀駅で下車し、また次の電車を待つ短い間で、淀城の石垣を見てきました。
幕軍がここに入城出来ていたら、橋本に撤退する必要も無かったかも?

To2_2 To3_2
井上源三郎が亡くなった千両松は、ここから徒歩15分位の場所らしいのですが、今回はパスしました。あっち方面は怖い噂もあるしなぁ(「幽霊が出た」とか)。

近くの京都競馬場で競馬がやっていたようで、駅周辺は人だらけでした。

◆丹波橋〜墨染
近藤勇が銃撃された場所は確定されていないんですよね? 物によって書かれている事も違うし……。
でも、丹波橋から藤森神社の間である事は間違いない(?)。という事でこの区間、歩いてみる事にしました。道違うかも知れませんが、歩くの好きだしいいや。

この日はポカポカ陽気。っていうか、日なたを歩いてたら暑かった〜。慌てて日陰へ避難する私でした。

To4_2

なんだかんだいっても、「近藤襲撃=墨染」というイメージは拭えず、こういう写真を撮ってしまいます。「布袋家」というのも個人的にツボ(笑)。

◆藤森神社
近藤勇が参拝したと言われています。

To5 To6

勝運・学問と馬の神社との事で、神馬像というのがあったり、宝物殿には馬関連の物が色々ありました。武豊さんなど騎手のみなさんのサインもあったなぁ。競馬好きは必見かも。

続く。

|

« 新選組の足跡(大阪リベンジ編) | トップページ | 新選組の足跡(金戒光明寺&壬生寺07) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組の足跡(鳥羽伏見の戦い他):

« 新選組の足跡(大阪リベンジ編) | トップページ | 新選組の足跡(金戒光明寺&壬生寺07) »