« 新選組探偵方 | トップページ | 明野のヒマワリ・清里のユリ »

2007.08.13

ヴィジュアル系越後龍

1月に触れて以来、ネタにしていなかった『風林火山』ですが、実は毎週欠かさず見ています。

もう半年以上経っちゃったんですね〜。さすがにこれだけ見ると慣れてきますね。なんか、役者の皆さんが皆それらしく見えて来る。

たとえば、
最初は「勘助のルックスがこんなに良くていいの?」と思ってましたが、段々美男子には見えなくなってきたし(アレ?)、
「なんか子供みたい」と思っていた信玄公は老けてきたし(ン?)、
「なんだラクダか(『離婚弁護士』)」と思った真田(失礼!)はいい味出してるし……。
いや、ホント、ラクダもとい佐々木蔵之介さんがこんなに時代劇に合うとは思いませんでした。勘助以外の武田家臣では今一番好きですね。
その昔、松代の真田縁の地(川中島も)を巡った事がありますが、今だったらもっと楽しめそう。あぁ、もう一回行きたい。

面白いのは小笠原長時役の今井朋彦さん。
『新選組!』ファンの間では慶喜公としてお馴染みですね。
一般の方の間では「消臭プラグのお殿様」?(^^;)
切腹の真似をして、お義理で止められて「そこまで言われては、腹は切れん!」と宣うコメディ(?)最高でした。
そういえば、この人のお墓は会津にあるようです。「なぜ、会津に!?」と気になって仕方ありませんが、脇役ですからそんな経緯までは大河ではやってくれないですよね…。

役者としては田辺誠一さんが結構好きなのですが、今回の小山田信有役はあんまり好きではありません。これは、そういう役回りだから仕方ありませんね。
あ、そういえば、松代に小山田邸があるらしい。自分がそこに寄ったかは覚えてません(爆)。当時は「小山田」なんていう武将は知らなかったので、たとえ「史跡」という事で立ち寄ったとしても、印象に残っていないのです〜。

RETURNER~闇の終焉~(初回盤)(DVD付)板垣が亡くなっちゃった時は力が抜けましたが、Gackt謙信や、緒形拳さんの宇佐美定満など新たな登場人物が魅力的でまたワクワクしてきました。

Gacktさんは凛々しいですね〜。
予告編ではじめて謙信ルックのGacktさんを見た時はそのあまりの美しさに呆然と見惚れました。名前英字ですけど、和装の方が似合うよ(?)。
今日『笑っていいとも』に出てるの偶然見たけど、昨日の方がカッコ良かったよ!
浮世離れして人間らしくない感じが、謙信のイメージとピッタリです。琵琶の音もイイ!!
ただ、彼の長台詞を聞くのはちょっとだけ退屈。魅力的な声だとは思うのですが、テンポが遅いし抑揚が無いのでつまらないです。ただ、「早口で楽しく愉快に喋る謙信」って絶対変なので、これも「そういう役」って事で仕方ないですね。
緒形拳を追いかけて("RETURNER"という曲のジャケット写真を貼り付けましたが、ウィキペディアによると、なんとこの曲のPVでGacktさんが着ている甲冑は映画『天と地と』で謙信役の榎木孝明さんが使用した物だそうです)

緒形拳さんは最高ですね♪
私の中では緒形さんって「ミスター大河」です。
昨日のラストの「道安……いや、山本勘助」の一言にはシビレまくり。「次回は何が何でも見逃せない!!」という気になりました。く〜、ニクいよ、緒形さんっ!! 次回が待ち遠しい!!!

|

« 新選組探偵方 | トップページ | 明野のヒマワリ・清里のユリ »

コメント

謙信の喋り方については、私もYAGI節さんと同じこと思ってました。

確かにテンポが遅い、、、それにセリフが棒読み、な気がしなくもない(苦笑)
ま、でもああいうキャラ設定なら仕方ないのかも?知れませんね(笑)

あと、慶喜公(違)、懐かしい〜って気がします。
ああいうヘタレなお殿様役やらせたら、今井さんの右に出るものは居ない?ですね。
緒方拳さんも、私、好きです〜
私も「道安〜」のセリフには、ビビッと来ました。

あ、、↑のお花の写真、どれもとっても綺麗ですね。
癒されます。

投稿: あさぎ | 2007.08.15 15:55

あさぎさん
あさぎさんもやはり感じましたか。
Gacktさんって普段の話のテンポも遅いですよね。
もっともバラエティ番組での彼の話は興味深すぎて、テンポ遅くても全く退屈しないのですが(笑)。

>ああいうヘタレなお殿様役やらせたら、今井さんの右に出るものは居ない?ですね。

ぷぷぷ。ホントに!!
小笠原から、目が離せそうにありません。

お花の写真、気に入っていただけてとても嬉しいです♪

投稿: YAGI節 | 2007.08.16 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィジュアル系越後龍:

« 新選組探偵方 | トップページ | 明野のヒマワリ・清里のユリ »