« わが魂は輝く水なり−源平北越流誌− | トップページ | 知らざァ言って聞かせやしょう »

2008.05.07

絶版かと思ったら…

私が一番好きな新選組の小説といえば、『新選組 幕末の青嵐』なのですが、実はこれ持ってません。「いつかは買おう」とAmazonのカートに入れているのですが、その「いつか」がなかなか来ないまま今日に至ってます。
先日久々にカートを見たら、「Amazonでは注文出来なくなった」的なメッセージが出てました。もう売り切れで、中古しかないみたいなんです。一番好きな小説だから、新品で欲しいのに。
次に近所に支店のある某チェーン店のサイトで申込んでみたところ、こんな返信がありました。

「ご注文の出版社は民事再生の関係で、現在私どもが取引をしております問屋とのお取引は行っておりません」

み、民事再生〜っ!?
うう、世の中の事に疎くてすみません。
この出版社・株式会社アスコムは、ウィキペディアによると、「2008年2月20日に全社員を解雇し事業活動を完全に停止した」のだそうです。そうだったのですか。がーん。

「再生」っていう位ですから、再生するんでしょうし、ここで扱ってるNHKの『ためしてガッテン』とか『英語でしゃべらナイト』の関連本などは5月中旬に発売されるらしいのですけど、『幕末の青嵐』はどーなるのかな? やっぱり「本はいつ手に入らなくなるか、わからない」という危機感を常に持っていた方が良いのでしょうね。

ちなみに、アスコムってアスキー社から分社して設立された会社なのですが、私が最初に契約したインターネットプロバイダがアスキーでした。いきなりプロバイダ業から手を引かれちゃってとても困ったし、合併されちゃったりとか経営悪化とか色々あったんですけどね〜、なんか好きな会社でした。就職活動時、会社訪問した程(笑)。
『幕末の青嵐』がアスキーの関連会社から発売されていると知った時は「素敵っぷり復活?」なんて思ったのですが、事業停止とは。はぁ。
私が一冊買ったからって、何も変わらなかったとは思いますが、こんな事になる前に買ってあげたかったと思いました(涙)。

しかし、出版業界って厳しそうですね…。
しかし、あの名作を読んで貰えないなんて、とても残念な事だと思う〜っ!!

|

« わが魂は輝く水なり−源平北越流誌− | トップページ | 知らざァ言って聞かせやしょう »

コメント

今、本は出版される数は多いけど、読む人が少ないって聞いた事がありますよ。書く人が多くて、読む人が少ないって言うのは、どうゆう事なんでしょうね?
私もアマゾンで「ご注文はお早めに」ってなっていると、急がなきゃ!って気にはなります。でも本って高くて、なかなか手が出ない時もあるんですよね。。。
「幕末の青嵐」は読んだ事はないのですが、読みたいなーって気にはしていました。YAGI節さんお気に入りって事でますます気になったんですけど、なくなっちゃったんですね‥残念。文庫にでもなってくれれば、まだ買いやすいのになぁ。

投稿: Mini子 | 2008.05.07 23:54

Mini子さん
今って、書く人が多くて読む人が少ないのですか。供給過多?
ネットで色々読めるから、「わざわざ本買わなくても」と思う人も多いかも知れませんね。

>でも本って高くて、なかなか手が出ない時もあるんですよね。。。

そうなんですよ〜っ!!
そして、私、図書館で済ませていて、ほとんど買ってないです(汗)。
作家さんや出版会社の方には申し訳ない……。

「幕末の青嵐」、 装丁がまた良いのですよ〜。だから余計に新品で手元に置きたかった!!

投稿: YAGI節 | 2008.05.08 22:34

その厳しい業界にいるSYUNJIです。
アスコムのことはネットで知った程度なのですが、民事再生の前に夜逃げ騒動もあったようですね。
名の知れた出版社が突然倒れることも珍しくなくなりましたが、大きな原因としては「携帯にお金を使う人が増えた」からだと思っています。
若い人が漫画を買わなくなってますし。
そういう自分も本は買わないですね。図書館ばかりです。
困ったもんです・・

投稿: SYUNJI | 2008.05.08 23:03

SYUNJIさん
SYUNJIさんの所はある意味必需品なので安泰そうなイメージがありますが、どうなのでしょう?
しかし、夜逃げって凄い(^^;;;;;;;;)。

携帯の機能の殆どが使えないPHSユーザーとしては不思議で仕方ありませんが、携帯ってきっと楽しいのでしょうね……うう、時代に取り残されてる〜。
アニメを見る子供も減ってるらしいですよね。

投稿: YAGI節 | 2008.05.10 00:36

私も幕末の青嵐をうっかり買い忘れて買おうと思ったときに
このことを知りました。それで思わず、出版社に問い合わせてしまいました。
そうしたら、もうすぐにまた買えるようになると思うとのことでした。
ネットでも、「アスコム」で調べてみたら、すでにスポンサー企業も決まったらしくて、
ほんとに大丈夫なんだ、よかったよかったと思っているところ。
あの本は手元に置いておきたいですよね。
木内さんには固定のファンも多いし、出版社はそう簡単に絶版にはしないだろうと
思っていたら、会社の事情があったんですね。驚きでした。
アスコムといえば、それなりに大きな会社だと思っていたから。
ちなみに私は「地虫鳴く」が好きです。
これは図書館で借りて読んであまりにも感動して、すぐに買ってしまいました。
早く新刊、出ないかな〜!

投稿: yoshiyoshi | 2008.05.12 00:55

わー!私もまだ買ってないのです。
そのうちオークションにでも出たら入手しようなんて
思ってたけど、そんなことになってたなんて。。。
甘かった。。。

全然関係ないですが、大好きだった「文鳥様と私」という漫画も
出版社が倒産して続きが読めなくなっちゃったんですよ。

小説自体の人気のあるなしとは関係ないですもんね。。。
なんとか早く新しい出版社から出してもらいたいものです。

投稿: 華乃子 | 2008.05.12 21:25

yoshiyoshiさん
おーっ!! 貴重なお話ありがとうございますっ!!
出版社に問い合わせたなんて素晴らしい!!
そうですか、また買えるようになるのですね、良かった〜。

『地虫鳴く』もいいですよね。
主役が全く興味の無い人だったのに、あんなに面白いなんてスゴイと思いました。
私、新選組の小説30冊前後読みましたが、ベスト5に木内さんの本は2冊とも入れます
大好きです。
ホント、新刊出て欲しいです〜!

華乃子さん
うわ〜、続きが読めなくなったって、倒産のせいで連載ストップって事ですか?
それは悲惨ですね。
ホント、出版業界って大変なんだなぁ……。

『幕末の青嵐』、前回「中古しかない」とか書いちゃいましたが、中古でも入手困難みたいですね〜。
お互いゲット出来ると良いですね。

投稿: YAGI節 | 2008.05.12 22:54

yochiyochiです。
はじめましてですね、先日ご挨拶し忘れました。
ところで、幕末の青嵐ですが、アスコムに直接注文すれば
ちゃんと発送してくれるとのことでしたよ。
私は、もうすぐ復活すると聞いて、今はそれを待っているのですが、
最近は、早めにゲットしようかな、と思ってます。
たぶんアスコムのホムペの番号にかければ対応してくれるはずです。
早めに手元に置いておきたいということを考えているようなら、
それとか、確実に手に入れたいということなら、
この方法をオススメします!!
アマゾンの中古は一気に売れちゃいましたね。
もう4年も経っているのに、未だに売れているのがすごいですねー。
ではでは、お互いに木内さんの新刊を心待ちにしましょう。
日記を読むと、そろそろという気配がありますよねー。

投稿: yoshiyoshi | 2008.05.13 13:59

yochiyochiさん(yoshiyoshiさんでしょうか?)
や、こちらこそ、「はじめまして」のご挨拶しそびれて、失礼致しました。
私も復活を待つ事にします♪

ところで、木内さんのサイトがあったのですね〜。
おかげ様で今日初めて知りました。ありがとうございます。
『幕末の青嵐』を読み終わった直後位はなかったように思うのですが、割と最近出来たのかな。
まださらっとしか目を通していないのですが、コラムなどもあって面白いですね。
新刊、幕末物だと良いなぁ。

投稿: YAGI節 | 2008.05.14 01:11

yoshiyoshiです。こんにちは!
この間は自分のハンドルネームを書き間違えちゃいました。ごめんなさい。
幕末の青嵐が、ブックサービスで買えるようになっていました。
それなので、私、もう手に入れましたー!
うれしい。まだ手元には来ていないのですが、
届くのが今から楽しみです。
ご報告でしたー。

投稿: yoshiyoshi | 2008.05.29 11:48

yoshiyoshiさん
わーっ、やりましたね〜っ!!
おめでとうございます&嬉しい情報ありがとうございます!!
わーい、わーい、私も買おうっと!!
イヤッホー!!

投稿: YAGI節 | 2008.05.30 00:19

こんばんはー!
お久しぶりです。どこに書き込もうか迷って、このページに書き込みです。
木内昇さんの新刊出ましたねっっっ。
「茗荷谷の猫」という短編小説集でしたー。早速買っちゃった。ふふ。
新撰組を書いたものとはちょっと雰囲気が違って、ふしーぎな話ばかりで
すっごく面白かったです。
ふらりと立ち寄った書店で、ドーンと積まれていて「おおっ」と思って
買っちゃいましたよ。
これはYAGI節さんにお伝えしないと、と思ってカキコです。
泣いたり、笑ったり忙しかったこの本の感想など、語り合いたいです。

そうだ、幕末の青嵐はもうアマゾンで買えるようになってました。
あんなに苦労して手に入れたのになー。

投稿: yoshiyoshi | 2008.09.17 23:32

yoshiyoshiさん
お久しぶりです。
おーっ、木内さんの新作出ましたか♪
新選組の本では無いのですね……。
でも、木内さんの本なら興味津々です。
図書館に入るといいなぁ。
お知らせありがとうございます。

あ、『幕末の青嵐』買いました!!
安心して、読み返してはいないのですが、手に入って嬉しいです

投稿: YAGI節 | 2008.09.18 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶版かと思ったら…:

« わが魂は輝く水なり−源平北越流誌− | トップページ | 知らざァ言って聞かせやしょう »