« 五箇山・高岡紀行 | トップページ | わが魂は輝く水なり−源平北越流誌− »

2008.05.02

海外からのお客様

う〜、今日は花粉症の症状が今年一番重い気がする〜。……って、一体何に反応しているのやら?

銀魂 第19巻 (19) (ジャンプコミックス)昨日の『銀魂』、土方がようやく骨太ロック的に復活してくれて嬉しい限りです♪
しかし、河上万斉からは『蒼天の夢』の高杉晋作役の野村萬斎さんを連想してしまう私(^_^;)。読みは「まんさい」ではなく「ばんさい」みたいですが、三味線持ってるし〜、鬼(奇)兵隊だし〜。
ちなみに河上万斉は河上彦斎のパクリですが、彦斎は『るろうに剣心』の主人公のモデルです。元ネタは同じでも、随分イメージ違いますね。が、「ござる」口調なのは同じでござる。

話は変わって……
お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、最近英文コメントが立て続けにありました。野村萬斎さんのファンの方からのコメントです。
時々「Japanese only」なんて書いてあるサイトやブログがありますが、ウチのようなただの日記ブログを外国の方がご覧になるなんて想像していなかったので、ビックリしました。

この所萬斎さんのネタが多いので、熱烈な萬斎ファンだと思われたのかもしれません。この方、日本語は出来ないとおっしゃるので「何が書いてあるかわからないけれど、大好きな萬斎さんの写真があるからコメントしてみよう」というノリだったのかな?
私より英語が得意で、私より萬斎さんに詳しい方がやっているブログっていくらでもあると思うのですが、うっかり(?)当ブログに来てしまった外国のお客様。これも何かの縁?
英文とはいえ、一応記事に関連したコメントなので、やはり返信をしたい。
という事で、下手な英作文を考える日々です。
簡単な返信でも、通常のコメントの倍以上の時間がかかります。
でも、面白い。

「見る人が見たら笑っちゃうようなヒドい英文を書いてんだろうな」と恥ずかしいのですが、非常に興味深いので、『鞍馬天狗』好きの方はここのコメントなどを読んで頂ければと思います。
「近藤勇から侍魂を知った」とか「(天狗と近藤は)真の男だ」みたいな事を書いてくださっているのです。『鞍馬天狗』の良さを海外の方もわかってくれてるって、ファンとしてはすごく嬉しくないですか?
あと、天狗と近藤の最後の決闘時のセリフを載せて下さってるのですが、「あのセリフはこんな英訳で放送されてたのか〜」と興味深いです。
『鞍馬天狗』の古風なセリフまわしが好きだと思っていましたが、英訳しても意外と魅力は損なわれていないのですね♪

その方は「萬斎様("sama"を付けていた)目当で見た」との事で、私はそれに対応して「近藤勇目当てで見たけど、萬斎にやられた」と返してみました。
本当は「新選組目当てで見た」と書きたかったのですが、あのドラマの場合は「近藤」とした方が、理解されやすいと思いまして。
新選組ファンとしては、ここで「新選組はあんな無茶苦茶な集団ではない」とか「土方歳三はあんな人じゃない」などとフォローすべきなのかもしれませんが、そこはスルーしてしまったヘタレな私をお許し下さい。
新選組の汚名を晴らしたい方は、あちらに英文コメントをどうぞ……って、今後もその方があちらのページを見て下さるかはわからないのですが。

しかし、その方の萬斎さんに関する情報量には驚かされます。
「狂言の中では『三番叟』が一番好き」なんてコメントにはタジタジです〜。
萬斎さんって、若い頃は外交官になりたいと思った事もあるそうだし、海外公演もお好きでよくやっているようですが、熱心なファンを海外にも開拓されているのですね〜。
歌舞伎は見た目派手なので外国の方に受けるのは何となくわかりますが、一見地味な狂言を好きにさせる萬斎さんはすごいと改めて思いました。おそるべし。

|

« 五箇山・高岡紀行 | トップページ | わが魂は輝く水なり−源平北越流誌− »

コメント

花粉症、大丈夫ですか?私は花粉症ではないのですが、今年は乾燥しているみたいで、鼻の中がひりひりして、鼻血がプッと出たりしてます(笑)

やっぱりアニソントッシーは、悲しくなりますよね〜(泣)
骨太ロックに戻ってからが、かっこよくて好きです♪

海外の方も鞍馬天狗観ていただなんて、びっくりです〜!!
放送されていたんですね〜。
恥ずかしながら、英語が全然駄目で会話の内容もなんとなくしか分かりませんが(^-^; 侍魂を知ったとか、とにかく海外の方に理解されるだなんて、ほんと嬉しい事ですね。

投稿: Mini子 | 2008.05.03 23:21

すみません。。。追記(汗)

過去の記事で申し訳ございませんが‥(あまりにも昔の記事なのでこちらで(汗))
「好きな新選組隊士(実写版)」というのを書かれていらっしゃいましたが、私も似たようなものを書かせて貰ってもよろしいですか?
よろしくお願いします〜。

投稿: Mini子 | 2008.05.04 02:23

Mini子さん
ティッシュは使い切り、仕方ないのでトイレットペーパーで鼻をかんでいたのですが、あの1日だけでなんと1巻使ってしまいました(汗)。
しかし、ひどかったのはあの一日だけで、今は嘘のようにおさまってます。不思議。
っていうか、鼻血って大変じゃないですか〜。大丈夫ですか?

今は衛星放送があるから、NHKの番組も世界中で観られるみたいですね。
そういえば、トップページに載せてる『新選組!』のYouTubeの動画も最後に英語のテロップが出るから、外国の方がアップした動画だと思うんです。
数は決して多くないのでしょうが、侍好きな方、世界中にいるのでしょうね♪

過去記事のコメント、大歓迎です♪
で、Mini子さんのお好きな新選組隊士の記事、是非読んでみたい〜。
楽しみにしています

投稿: YAGI節 | 2008.05.04 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外からのお客様:

« 五箇山・高岡紀行 | トップページ | わが魂は輝く水なり−源平北越流誌− »