« 『流星の絆』の主題歌は!? | トップページ | 新選組の足跡(本田覚庵邸) »

2008.09.21

鞍馬天狗(能)

伝統芸能月間第三弾は能・狂言。
アミュー立川という会場で行われた紅葉能を見て来ました。

Kura1この会場、立川市といっても国立市に近く、最寄り駅は南武線の西国立。
という事で、途中下車し某所に寄り道をしました。その事はまた後日記載します(ややマニアな所ですが、新選組ファンの皆さん、どこの事かわかるかな〜?)

さて、すっかり狂言ファンになった私ですが、能にはまだハマれません。
「能と狂言とセットで楽しめたら良いのになぁ」と思うんですが、能は私には難しい……
が、『鞍馬天狗』だったら、楽しめるんじゃないかと思いました。

能の「鞍馬天狗」は近藤勇の好敵手の「天狗様」ではありません。
最初に好きになった歴史上の人物は源義経だった私ですから、そもそも私の中では「鞍馬天狗」といえば、牛若丸に剣術を教えた天狗の事でした。そしてその天狗が今回の主人公。
イカ頭巾なんて眼中に無かったのに、野村萬斎さんのせいで今じゃすっかり「天狗=イカ頭巾」になっちゃったのですから、先の事はわからないものです。
そして今回の『鞍馬天狗』にはあのイカ……もとい、萬斎さんが出演されるというではありませんか!! 勇んでゲットした席は夢の最前列!!
「これで楽しめなかったら能を楽しむ事は諦めた方が良いかもしれない」と背水の陣的な覚悟で(?)臨みました。
the能ドットコム鞍馬天狗のページ(←全訳文が読めます!! スゴイ充実してます)を熟読し、準備万端で行きました。
それでは感想です。

◆鞍馬天狗(能)/梅若万三郎・梅若紀長・野村萬斎他
萬斎さんは天狗役ではなく、天狗の化身を邪険にするちょっと意地悪な役でした。
出番も少なかったのですが、小舞を舞うシーンがあったのが嬉しかった。
歌舞伎では「踊りで眠くなる」とか言っちゃう私ですが、小舞は短いので眠くなる間もありません。もっとも萬斎さんの舞ならずっと見てても眠くならないと思いますけどね。素敵です
あと、橋掛かりに控えて前を向いてしばらく座っていたのですが、その時は丁度私の前で、目が合ったと錯覚する事が出来たのも嬉しかったです♪(ばか)

牛若丸は子役(子方)が演じたのですが、ちょっと苦しそうでした。
今迄あまり気にしていなかったけれど、切れ目のない台詞を歌うように発するのは大変な事なのですね。私、子供の頃、一瞬だけ民謡を習っていたのですが、テンポが遅く抑揚の少ない歌(小諸馬子唄とか)って凄く難しかった事をふと思い出しました。「息継ぎが〜」って感じ。

で、能にハマれたかというと……
残念ながら変わりませんでした。
笛や鼓の音は好きですし、能面を見るのも好きなので、決してキライではないです。1年に1度位なら見たい。でも、狂言のように頻繁に見たいという気にはやっぱりなれませんでした。
今迄、能は言葉がわからないから楽しめないのかと思っていましたが、ちゃんと予習しても大差なかったので、言葉だけが原因ではなかったみたい……。敷居は高いです

今回、『鞍馬天狗』の他にも能と狂言1本(曲)ずつ上演されました。

◆磁石(狂言)/野村萬斎・高野和憲・月崎晴夫
萬斎さんは、すっぱ(人売り)役。『鞍馬天狗』で演じた能力(寺男)といい、この日は「ちょっと悪い人」で通した感じですね。
能力の時は何か頭にかぶっていたのですが、この時は普通の頭で、「普通にカッコイイ萬斎さん」につい見とれてしまう私でした
だって最前列ですし、普通に萬斎さんがいたら、普通に見とれちゃうでしょ(爆)。
って、去年までは「萬斎さんに見とれる自分」なんて想像も出来なかったのですけどね〜。我ながら不思議です。好きになるって、恐ろしいです。

この演目、茂山家の物を見た事があります。その時のすっぱ役は茂山千之丞さんでした。
千之丞さんのすっぱは人が良さそうで、「これじゃ、つい心を許しちゃうよなぁ」という感じでしたが、萬斎さんのすっぱはいかにも怪しく、「こんな人に心を許しちゃだめでしょ」という感じでした(笑)。もっとも、自分が萬斎さんに声かけられちゃったら、フラフラついて行っちゃうに違いありません(それで、売られたら目も当てられない〜)。
という事で、二度目の演目ではありますが、配役が違うとまた雰囲気が違って、新鮮な気分で楽しめました。

◆猩々乱(しょうじょうみだれ)(能)/加藤眞悟・伊藤嘉章他
今ウィキペディアで調べて知ったのですが、ショウジョウバエの名前の由来は猩猩なのだそうです(驚)。
おめでたい演目だそうです。能は「あまり動かない」というイメージがありますが、これは結構派手に動いてました。つま先でつつつと歩く(水上を歩いている事を表すのだとか)なんていう変わった動きもあって興味深かったです。

会場では衣裳や小道具の展示がありました。
写真撮影OKとの事なので撮ってみました♪

Kura2 Kura3

右の面は鼻瘤悪尉(はなこぶあくじょう)というそうです。


しかし、折角萬斎さんが出ているのに、「萬斎版鞍馬天狗」の話は解説の中にもひとっ言も出て来なかったのは残念〜。

|

« 『流星の絆』の主題歌は!? | トップページ | 新選組の足跡(本田覚庵邸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鞍馬天狗(能):

« 『流星の絆』の主題歌は!? | トップページ | 新選組の足跡(本田覚庵邸) »