« 篤姫とフィギュアスケート | トップページ | 好きな歌舞伎20選 »

2008.12.18

レッドクリフ PartI(追記あり)

「源平合戦や戦国時代の話が好き」という人だったら、かなりの高確率で三国志もお好きだと思います。ご多分にもれず、私も一時期三国志にハマりました。新選組ファンになるはるか昔の話です(三国志って、新選組ファンにもアピールしそう)。

赤壁(レッドクリフ)映画オリジナルサウンドトラック(台湾盤)横山光輝さんの漫画を何十冊か読み、陳舜臣さんや柴田錬三郎さんの小説を読み(吉川英治さんはどうだっけ?)、NHKの人形劇も見てました。
その程度じゃ、現在の新選組熱の十分の一位の熱さですし(^^;)、当時の記憶も見事なまでに残っていないのですけどね

しかし、『レッドクリフ』が話題になり、三国志好きだった事を思い出したので、今更ですが、映画館で見て来ました。

途中でライブを連想しました。
たとえるなら……


  ボーカル:周瑜
  ギター:孔明
  サックス:趙雲
  ベース:関羽
  ドラム:張飛
  トランペット:甘興
  ピアノ:劉備

個性的なメンバーで構成された実力派バンドです。
イントロは無茶苦茶カッコ良いサックス・ソロからスタートします。
中盤にはトランペット、ベース、ドラム、サックスのそれぞれの見せ場たっぷりのソロパートがありました。
ドラマーは無茶苦茶豪快。なんとソロパートではエキサイトするあまり、スティックを持たず素手で演奏しちゃってました(驚)。
途中、サックスがあまりに目立ちまくるので、我慢しきれなくなったボーカリストが飛び出して「俺が目立たなくてどうする!!」とばかりに大暴れするという一幕も。
サウンドの要はイケメンギタリスト。作曲も担当している彼は、派手なアクションなどはしませんでしたが渋い演奏で楽しませてくれました。
ピアノは中核の筈ですが……それ程目立たなかったなぁ。
4人のソロパートは素晴らしかったんですが、ちょっと長過ぎた気も。


レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック……なんて感じのライブレポートが書けそうです(笑)。

「三国志といえば、あのシーン!!」というような名シーンが殆ど出て来なかったのが残念ですが、あまりにも短い間のお話だから仕方ないかな〜。
「ソロパート(戦闘シーン)をもう少し短くすれば、もっと遡ってやれたのでは?」という気もしますが、あんまりエピソードてんこ盛りにしても、薄い感じになっちゃうし……赤壁の戦いに絞る位で丁度良かったのかな〜。
と、色々思う所もありましたが、全体的には面白かったです。

最初は「自分のイメージと違う……」なんて思いながら見てましたが(特に曹操=渡瀬恒彦さんかと思った)、慣れてきたら段々それっぽく感じられるようになったし、パート2は最初からすんなり入り込めそうです(もうパート2見る事決定)。

小喬役のリン・チーリン、すっごいキレイでした。
女優さんとはいえ……あんなキレイな人がいるんですね〜。

あと馬がカッコ良かった〜。
「大河ドラマの武田の騎馬隊の戦いもあの位やって欲しかった」……なんて書いたら贅沢にも程がありますが(^^;)、『風林火山』、オープニング映像の騎馬隊はとーってもカッコ良かったのに、本編の合戦シーンが物足りなかったんですよね〜。
一部馬がヒドイ事になってましたが、どうやって撮ったんだろう? 実際はそんな可哀想な事にはなってないですよね

追記:
公式サイトに、用意されている映像を自分で好きに繋げて予告編を作れるというサービスがあり、面白そうだったのでやってみました。
予告編って時期じゃないですけどね(^_^;)。

追記2:セリフを全く変えて、すっごい面白い物を作っている方がいらっしゃいました。天才だ〜。

You Tubeに、懐かしのオープニングテーマがありました。

|

« 篤姫とフィギュアスケート | トップページ | 好きな歌舞伎20選 »

コメント

三国志って好きな人多いですよね〜!
私は三国志の知識なんて全くないのですが、そんなに惹かれるものがあるのかなぁってちょっと気になってつい最近CSで放送されていた横山光輝のアニメ三国志を観てみたんです。
確かに面白いけど新選組のようにはハマりませんでした^^;
もっと色んな作品を観たり読んだりして深く知っていくとまた違うのかもしれませんね〜。
三国志って近藤さんも好きだったんですよね〜!
三国志というと「関羽はまだ生きてるの?!」って父親に聞いていたという近藤さんの話を一番に思い出します(笑)

投稿: dandara | 2008.12.19 23:33

dandaraさん

>三国志って近藤さんも好きだったんですよね〜!

そうそう♪
義兄弟の契りなんて結んじゃってますしね〜。
私も三国志の登場人物では関羽と張飛が好きなんです(映画では孔明も)。
忠臣蔵も好きだし、私、近藤さんと話が合いそうです(笑)。

近藤さんの義兄弟といえば、小島鹿之助さん&佐藤彦五郎さん。
あるいは土方さん&沖田ですけど、三国志のメンバーを新選組にたとえると……
張飛は迷わず左之助、孔明は土方さんって感じかな。
関羽は……ええい、斎藤さんでいいや。
雰囲気全く違うけれど、義理堅い所が共通点(^^;)。

>確かに面白いけど新選組のようにはハマりませんでした^^;

そりゃ、私達にとっては新選組は特別な存在ですから

横山光輝さんの漫画はアニメにもなっていたのですか。
知りませんでした〜。

投稿: YAGI節 | 2008.12.20 00:27

お久しぶりです。

吾輩もレッドクリフ観ましたよ。
突っ込みどころもある映画でしたが(そんな陣形馬で踏み潰せないのか?とか、味方がたくさんいるのに一騎で戦うなよとか、そんな兵器があるなら犠牲者が出る前に使えよとか)、そんなものを吹き飛ばすくらい面白かった!
これまでジョン・ウー監督には期待を外されっぱなしでしたが、これは最高傑作ではないでしょうか。

しかし、バンドに例えるとは面白い事を考えますな。
吾輩の印象では…

ボーカル:周瑜
ギター:趙雲
ベース:関羽
ドラム:張飛
キーボード:孔明

劉備は…マネージャー?
といったところなんですが、さらに…

周瑜:デヴィッド・ボウイ(周瑜は主人公。吾輩にとってのボーカル主人公といえばもちろんボウイ。あと知的な感じが)

趙雲:エドワード・ヴァン・ヘイレン(テクニックと真面目そうなところ)

関羽:スティング(外見は似ても似つかないけど、これも知的なところかな)

張飛:ジョン・ボーナム(単純にYAGI節さんが素手で叩いたって書いてたから)

孔明:リック・ウェイクマン(ウェイクマンの白いケープが孔明の服装とダブります)

なんて考えてみたのですが、いかがでしょうか?

投稿: D伯爵 | 2008.12.20 01:29

こんばんは。コメは久しぶりですけど、毎日覗かせてもらってます。
コメントしたいな〜と思いつつついつい忙しさにかまけてタイミング逃したりの毎回ですが(汗)。そうそう、私は歌舞伎は見たことないですが、孝夫さん…仁左衛門さんは素敵ですよね。大好きです。と、ここぞとばかりに違う記事にコメントしてみたり。

ええと、今回出て来てみたのは他でもないNHK人形劇の『三国志』なんですが。
私は三国志は全然詳しくなくて、私の三国志といえばあの人形劇だったりしますが、かなり昔なんで今更話題に上ることもなかなかなくて懐かしさのあまり出て来てしまいました。
子供の頃に見たから全然ストーリーとか覚えてないんですが、強烈に覚えてるシーンが一つありまして。関羽様が戦で怪我をした片腕を麻酔も何も無い状態で(昔のことだから当然なんですけど)手術を受けながら一言も苦痛を訴えることなく涼しい顔してもう片方の手で将棋(碁か?)を指していたのが本当に子供心にかっこよくて、それ以来、私は関羽様が一番好きなんですよね。
ああ、孔明が死んで尚、生きているフリをして敵を退けるのも、印象的なシーンだったな〜。
本当に関羽様はかっこよくて、孔明様は素敵でした。

レッドクリフ、人気のようですね。あまり興味はないんですが、出ている俳優がちょっとだけ気になる私です。

投稿: ちィ | 2008.12.20 19:32

D伯爵さん
関羽と張飛が一騎で戦うシーンがなかったら、私は暴れますよー(笑)。
周瑜は別に……と思いましたが、

>周瑜:デヴィッド・ボウイ

うわ〜っ、それじゃ、こちらも目立たなくちゃダメですね。
でも、周瑜が主役だなんて、ちょっとビックリでした。

>劉備は…マネージャー?

そうですよね〜、ワラジ編んでるし。まるで裏方さん
三国志で劉備があんなに目立たないとは〜

孔明がリック・ウェイクマンって、無茶苦茶納得です♪

投稿: YAGI節 | 2008.12.21 22:13

ちィさん
毎日ご覧頂いていたのですか。嬉しいです。ありがとうございます〜。
コメントは古い記事でも大歓迎なので、タイミングなんてお気になさらず、おヒマな時にまたよろしくお願い致します。

で、人形劇!!
思わずちィさんの為にオープニング画像貼り付けてみましたよ(笑)。
私も、内容ほとんど覚えてないんですけどね(爆)。
関羽様の将棋のシーンも……すみません、全く覚えてません
でも、ホント関羽様らしいカッコいいエピソードですね!!

孔明様は声が素敵だった事をよーく覚えていたのですが、森本レオさんだったんですね〜。
(劉備がレオさんだったと思っていた事はナイショ)

投稿: YAGI節 | 2008.12.21 22:16

「レッドクリフ」
私も三国志は嫌いじゃないので、是非観たいなあ、と思っていた映画です。

けど、今までこちらの記事には絡めないで居ました(苦笑)
だってライブレポートが理解出来なかったから〜(汗)

でも追記2が面白い!
笑ってしまいました! ホント、天才ですね♪

投稿: あさぎ | 2008.12.22 10:33

あさぎさん

>ライブレポートが理解出来なかったから〜(汗)

変なたとえですみません〜
戦いのシーンで、主要人物一人ずつにちゃんと見せ場が用意されているのですが、それが丁度ライブのソロパートのようだったんです。
「ドラム、張飛〜」なんていう声が聞こえてくるようでした(^^;)。
いちいち拍手したくなっちゃいました(笑)。

>笑ってしまいました! ホント、天才ですね♪

映画ご覧になってなくても笑えましたか♪
ホントはどれもシリアスなシーンなんですよ。発想が見事過ぎ。
周瑜(藁持ってた人です)の一発芸を是非見てみたい〜(笑)。

投稿: YAGI節 | 2008.12.22 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ PartI(追記あり):

« 篤姫とフィギュアスケート | トップページ | 好きな歌舞伎20選 »