« 夢の三連複ゲット | トップページ | イメージバトン »

2008.12.01

箱館売ります

Mini子さんの所で、「幕末小説Best1」として挙げられていた、『箱館売ります―幕末ガルトネル事件異聞』を読んでみました。

箱館売ります―幕末ガルトネル事件異聞「Best1」とか言われると、つい気になって図書館で予約してみたのですが、カウンターで受け取ってビックリ。

「厚っ、重っ」

「こんな分厚い本だったのか〜」と一瞬ひるみました。
が、開いてみたらとても読みやすかったのでホッとしました(笑)。
あまり、長さを感じさせない作品です。

「一つの事件を色々な立場から見る」という、私の好きなタイプの描き方で面白かったなぁ♪
時代小説ではありますが、他ジャンルの要素も複数入っていた気がするし、一冊で色々なテイストを味わえる作品です。
苦手な筈の戦闘シーンも、手に汗握りながら読みました。ハラハラ、ドキドキ引き込まれました。箱館物なのに、そのハイライトシーンが箱館総攻撃ではない所がこの小説のキモでしょうか。

私は「土方歳三が主役の小説」と勘違いして読み始めたのですが、これは新選組ファンじゃない人でも興味深く読めそうですね。
っていうか、新選組、殆ど出てきません。島田魁も相馬主計も出て来ません。それでも、土方ファンにとってはたまらない作品だと思います。すごくカッコ良く描かれてるので

この先ネタバレあります〜。


思わず連想してしまったのは、『鞍馬天狗』(^^;)。

あの木曜時代劇『鞍馬天狗』の中で、私が一番好きだったのは鞍馬天狗と近藤勇が共闘する話でした。長州派と新選組という敵同士の二人なのに、日本を守る為には力を合わせてました。
「山嶽党奇談」という回ですね。
山嶽党は三島屋という豪商に利用されているのですが、三島屋は日本をロシアに売ろうとしているという設定でした。

この小説でも、日本(の国土)がロシアに売られようとするのを、土方が薩長派と協力して守ろうとするのです。
昨日の敵は今日の(戦)友。そして今日の友が明日の敵になるという……。
敵同士だけれど、お互いの事を認め合っている、そういう関係に惹かれます。

箱館府の事はあまり詳しくないので、どこまでがフィクションでどこまでが実話かがよくわからないのですが、ガルトネル開墾条約は本当にあったんですよね〜。恥ずかしながら知らなかったので、ちょっと衝撃的でした。思わず、ウィキペディアにリンクされていた條約書も見ちゃいました。

衝撃といえば、登場人物の中で土方以外にカッコ良いと思ったのが、斎藤順三郎という人でした。
「史実ではどんな人だったんだろう?」と思わずネットで調べてみたら、「裏切りにより斬首」という記述を見つけてショックを受けました。
「裏切りにより斬首」って、この一文だけ見るとすごーくイメージ悪いですよね。小説では無茶苦茶カッコいい人が、別の角度から見るとそうなっちゃう事に感慨をおぼえました。この人、間者だったので、つい斎藤一と重ねて見てしまうのです(同姓だし)。間者って、ホント割に合わない仕事だなぁ……。

|

« 夢の三連複ゲット | トップページ | イメージバトン »

コメント


読まれたんですね〜♪分厚い本だけど、あっという間に読めますよね。私は寝よう寝ようと思いつつ、夢中でつい徹夜で一気読みしてしまいました。

ガルトネルと言う地名が今も残っていると言う程(ロシアが介入したと言うのは創作だと思うのですが)リアルにほんとの話なんですよね。箱館戦争後、明治政府が買い戻すのに苦労したとか。。。
作者さんが北海道の方だと言う事で、地元の歴史をネタに書いて見たかったらしいですよ。だから詳しくて面白いですよね。

土方の脇役具合も丁度いいし、ヒーロー(笑)みたいでカッコいいですよね〜鉄之助クンも可愛かったし(笑)

投稿: Mini子 | 2008.12.02 22:07

Mini子さん
おかげ様で、面白い物読めました♪

ガルトネルという地名があるのですか〜(驚)。
「りんごミュージアム」というHPを見つけたのですが、そこではガルトネルは「りんごをはじめとする多くの果物を日本にもたらした人」みたいに記されてました。
それだけ見ると、すごいイメージ良いので妙な感じです〜

>土方の脇役具合も丁度いいし、ヒーロー(笑)みたいでカッコいいですよね〜

ホントホント
軍神ですもんね(笑)。

投稿: YAGI節 | 2008.12.03 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱館売ります:

» 箱館売ります 幕末ガルトネル事件異聞(小説 富樫 倫太郎(著)) [***]
「こそこそ嫌らしい真似をしやがって。許せねぇ。」 土方好きなら是非読んで欲しい 箱館売ります 歴史小説は教科書を思い出すような、堅苦しさを感じる時があったりするけれど、この作品は実在の人物を上手く使った「創作」。気軽に読めます。歴史は知らなくても、楽... [続きを読む]

受信: 2008.12.02 22:10

« 夢の三連複ゲット | トップページ | イメージバトン »