« BS熱中夜話 新選組ナイト | トップページ | 歌舞伎検定 »

2008.12.27

あの戦争は何だったのか

録画したきり、まだ見れていなかった『あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機』のドラマ部分だけようやく見ました。

東條英機と天皇の時代 (ちくま文庫)「なんでクリスマスイブにこんな重いテーマの作品を?」と思ったら、東条英機の葬儀が12月24日だったのですね(亡くなったのは23日)。奇しくも開戦も12月。
終戦が8月というのは誰もが知っている事ですが、開戦が12月だった事を意識している人は少ないのではないでしょうか?

このドラマ、
「僕達なるべく正しい報道するよう心掛けるけどさぁ、視聴率がとっても大事だから、視聴者を喜ばせる為なら不確かな事も放送しちゃうかも知れないんだよね〜、そこんとこよろしくね、あんまり何でも真に受けないでよね」
というTBSからのメッセージだったように思えてしまったのは……私だけですか

思わず、星野ジャパンを連想しちゃいました。
東条英機と星野監督がダブりました。
片や開戦の責任を問われ、片や敗戦の責任を問われる統率者。

オリンピックでの敗戦は、
「確かに星野監督の責任は小さくないけれど、
選手にも責任はあるし、『金メダル確実』と煽ったマスコミやプレッシャーを与えたファンに非はないのか。
でも、そもそも他の国強かったよね」
という感じでした。(私は日本の金メダルが確実だなんて思ってませんでしたけど)

このドラマでは、
「確かに東条英機に非はあったけれど、
若い軍人達にも責任はあるし、勝てると煽ったマスコミにも責任はある。そして、当時の国民がそういう報道を好み、戦争を求めるような風潮があった。
そしてルーズベルトも戦争したがっていた」
というように描かれていたと思います。

で、煽った張本人とされる徳富蘇峰が、このドラマでは「だって、知らなかったんだもん、しょうがないじゃーん」的に開き直っていました
「知らなきゃ煽るなよ」という感じもしますが、これもあくまでドラマなのでどこまで信じて良いものか(^^;)。

というわけで、「メディアの言う事を鵜呑みにしちゃいけないよ」というテーマだったような気がしたのです。
「有識者と言われている人の言葉も信じるな」って感じ?
そういえば、ボウイも言ってましたよ、"I don't want knowledge/I want certainty" って。
話が逸れました(^_^;)。

今迄戦争物といえば、戦争の悲惨さを訴える物が多かったような気がするので、この切り口は新鮮でした。
もっとも、戦争物は苦手なので、比較出来る程見ているわけではないんですけどね。
絶対気分が滅入るのでなるべく見ないようにしているのですが、今回は野村萬斎さんが出るというので見てしまいました。
案の定滅入ったというか、途中で具合悪くなりそうでした。
実はこのドラマの後半の台本を目にする機会があったので、内容は大体わかっていたのですが、同じセリフも文字で見るのと耳で聞くのとでは雰囲気が全く違いました。
私は大声が苦手なので、怒鳴るシーンなどは読んだ時よりもずっと応えました、はぁ。

「開戦の大義名分を作る為、日本からの攻撃を待っていた」というアメリカの話からは、幕末ファンとしては戊辰戦争を連想しました。武力行使の為に江戸での挑発を指示した西郷隆盛とハル・ノートのハルが重なる〜。
自分達の戦争の正当性を訴えようとするのは、いつの時代も同じなのかも知れませんね。そして、勝てば官軍になる。そういえば、このドラマにも全体的に「勝てば官軍」的な空気が流れていたのが居心地悪かったです。「勝てば官軍」だったら、勝ってたらあの後どうなっていたのでしょう……? 勝ってたら、徳富蘇峰は次に一体どんな事を言い出したのでしょう(怖)。

で、気になる萬斎さんですが……
昭和天皇とは、また難しい役を
演じるのも難しいと思いますが、感想を述べるのも難しいですよ〜。
昭和天皇に特別な思い入れを持っている人が、当ブログを読むとはあまり思えませんが、下手な事書けないし〜。

戦場のメリークリスマス [DVD]えっと、とっても貴人な雰囲気がありました。
東条さえも小さくなってしまうような、常人ではない雰囲気が出ていたと思います。
萬斎さん以外の人だったら、なかなかああはいかないのでは。
しかし、「萬斎さんの前で号泣するたけしさん」という図はインパクトありました。あの涙は何を意味していたのかな〜。
処刑の直前に「メリークリスマス、ミスター・ローレンス」と笑顔を見せたハラ軍曹(『戦場のメリークリスマス』でのたけしさんの役)を思い出しました。

|

« BS熱中夜話 新選組ナイト | トップページ | 歌舞伎検定 »

コメント

>YAGI節さん

お久しぶりですー。
ワシも録画しといてようやくすべて見終わりました。
まだドラマの部分しか見てないんですよね?
前半のドキュメンタリーは結構食いついて見ました。

今までにない切り口かなぁと思いました。
そのドキュメンタリーがあって、ドラマが生きてる気がしました。

東条氏の処刑が12月23日になったのは、
当時の皇太子(現・天皇)の誕生日ということも
理由のひとつだそうです。

投稿: なお | 2008.12.28 02:34

私もこれ、途中からですが観ました。
けど、最後まで見れなかったんです〜 あまりにも悲惨過ぎて(涙)

そうそう、野村萬斎さん、出てらっしゃいましたね〜
私、「YAGI節さんなら絶対観てるか、録画してるに違いない!」って思ってました(笑)

ホント、野村さんだからこそ出た”貴品”ですよね〜

ちゃんと見て無いけど(汗)
本当に戦争なんて絶対にやっちゃいけない、って改めて思いました。
それだけでも良かったかな?

投稿: あさぎ | 2008.12.28 20:52

なおさん
わぁっ、お久しぶりです♪
ご無沙汰してしまいましたが、モスクワ紀行文、興味深く読ませていただきました。

で、そうですか、ドキュメンタリー部分がまた良いのですね。
このまま見るのやめちゃおうかと思いましたが、見る事にします!(年明けてからかな)
皇太子の誕生日に処刑とは……意味深長。

投稿: YAGI節 | 2008.12.28 23:33

あさぎさん

>私、「YAGI節さんなら絶対観てるか、録画してるに違いない!」って思ってました(笑)

思い出していただけて嬉しいです♪
『鞍馬天狗』の初回の頃からは、想像も付かない話ですよね〜。
しかし萬斎さん、高杉→鞍馬天狗と長州勤皇派路線が続くと思ったら、勤皇どころか天皇そのものになっちゃって(笑)。

>本当に戦争なんて絶対にやっちゃいけない、って改めて思いました。

「戦争なんてやっちゃいけない」と言える今って、幸せなのでしょうね。
当時そんな事を責任ある立場の人が口にしたら、腰抜け呼ばわりで命を狙われちゃったりするのですから(>_<)。

投稿: YAGI節 | 2008.12.28 23:34

本題から外れたコメントで恐縮ですが(^^;、
『戦場のメリークリスマス』、なつかしいです〜!
映画が公開された当時、出版された関連本を片っ端から買ったのを思い出しました。
(今でも手元に残っているのは、ポスターとサントラだけですが…)

投稿: まきこ | 2008.12.29 16:17

まきこさん

>映画が公開された当時、出版された関連本を片っ端から買ったのを思い出しました。

きゃー、『戦場のメリークリスマス』お好きでしたかっ!!
やっぱり同志だぁ〜
そして、今でもポスターとサントラお持ちなのですね。
ポスターが残ってるって、スゴイ。

「戦争物苦手」とか言いつつ、私も『戦メリ』は大好きです。(「ボウイが出ているから」という不純な理由
「斎藤一検定」(トップページの「My Page」という所から飛べるヤツ)というのを「せりあず」という名前で作っていますが、「せりあず」は『戦メリ』のジャック・セリアズに因んでます。

サントラは、坂本龍一さんのどアップのレンタル落ちのアナログレコード(^^;)しか持っていなかったんですが、ロンドンに行った時に記念に(?)UK盤のCDを買いました。
CD見るとロンドンの事を思い出せるのも嬉しいです

投稿: YAGI節 | 2008.12.30 00:41

I saw it,but just the 6 minutes of 萬斎's part.He's really royal.I am witing for friends to tell me the content. Complex~

投稿: onmyouji | 2008.12.30 09:39

Have you already seen!?
I agree. 萬斎's really royal.
It's a difficult for even Japanese people. Cast said archaism.

投稿: YAGI節 | 2008.12.31 03:31

I've seen part of it. 萬斎 just on show for 6 minutes.I read your blog and beleve it's much better than I thought.

Happy New Year

投稿: omyouji | 2008.12.31 17:03

Happy New Year, omyouji

Today 狂言 program was broadcast on radio. But I missed the chance to listen 萬斎's voice

投稿: YAGI節 | 2009.01.02 17:56

"pat pat".I heard 萬斎 is giving speech soon in a university

投稿: onmyouji | 2009.01.07 13:58

You have nose for news!! Thank you for the information.
I want to go there...

After checking the the university, it's a long way to go from my home.
Too bad.

投稿: YAGI節 | 2009.01.07 20:51

:< pity.I have been busy,a 日本语 quiz soon

投稿: onmyouji | 2009.01.19 09:37

???
Sorry, I don't understand what you said.

うーん……「语」が何の事かわからないし、英語の意味もよくわかんないや……
「quiz」というのは試験の事なのかなぁ?

投稿: YAGI節 | 2009.01.19 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの戦争は何だったのか:

« BS熱中夜話 新選組ナイト | トップページ | 歌舞伎検定 »