« タイトルを付けるほどでもない記事 | トップページ | テレビCMだけじゃなかった!! »

2009.02.07

私、「7時間33分の死闘」の目撃者です

『50時間テレビ テレビ朝日が伝えた伝説のスポーツ名勝負』見ました。

1988年10・19の真実―[近鉄‐ロッテ]川崎球場が燃えた日 (知恵の森文庫)まきこさんの所で知り、「これは絶対見逃せない!!」と楽しみにし、忘れっぽいので「見逃しちゃったらどうしよう……」と心配のあまり、News Clip(TOPページ左)に貼り付けたりしましたが、無事見終えました。

お目当ては、「10・19」。
「何それ?」という方はこちら(ウィキペディア)をご覧下さい。
テレビ朝日のホームページには、「プロ野球史上最も劇的なドラマ」と記されていました。

実は私、この日のダブルヘッダー・ロッテvs近鉄戦、2試合共川崎球場で見ています。
なので、テレビ朝日が急遽ドラマ放送を中止して中継をした事や、『ニュースステーション』にまで食い込んで延長放送していた事などは後から知りました。その日の夜の番組を録画した物なども全く持っていなかったので、あの晩の久米宏さんの映像も何かでちらっとは見たかも知れないけれど、こんなにじっくり見たのは今日が初めてです。
球場にいた時は、自分達は盛り上がっていたけれど、世間からもそんなに注目されていたなんて思いもよりませんでした。

kawasaki試合が終わった時は、悲しくて悔しくて切なくて、脱力してました。
あんなに頑張って良い試合をしてくれたのに、近鉄は優勝出来なかったんですから……。
その上、なんと私は終電に乗れませんでした。
某駅で乗り換えようと思ったら、もう電車が無かったのです
その事実を知った時のショックときたら。
ただでさえ優勝を逃して落ち込んでいたのに、帰れないとは!!
もう泣きそうでした。

生まれて初めて終電を逃し、
生まれて初めてタクシーに一人で乗ったのが、あの晩でした。

市内までは辿り着けていたので、今思えば騒ぐ程の事でもないんですけど、当時の私にとっては大問題でした。
深夜に一人でタクシーに乗るなんて、その頃の私にとってはこの上もなく怖い事だったんです。

無事家の前まで来ても、今度は「何時だと思ってんの!?」という親の声が想像されました。新たな恐怖が襲い掛かってきます。
ビクビクしながら、恐る恐る玄関のドアを開けました。
母親が出て来ます。
「怒られる!!」と覚悟をしたのですが……
なんと母親の第一声は、「すごい試合が見れて良かったね」でした。

10.19は私にとっては忘れられない一日ですが、日をまたいだ10.20に母に言われたこの一言を私は一生忘れないと思います。
当時の母は野球には全く関心がなく、私が野球を見に行く事も快く思っていなかったようでした。しかも普段はとても口うるさい人(ごめん)なのに、あの日は一言も文句を言わなかったのです。これもテレビ朝日さんが、非常識な放送(笑)をしてくれたお陰かもしれません。「歴史的な試合だったんだ」という事を母にわからせてくれたようです。
家に着く迄は悲しい思いで一杯だったのですが、この一言で初めて、「ああ、良い試合を見れたんだなぁ」と嬉しさが込み上げてきました。「母があの試合の凄さをわかってくれた」という事の方が嬉しかったかも?

父の事は全く覚えていないなぁ……寝てたかな?(^^;)

news1 news2

翌年の胴上げは大阪まで見に行きました。
球場近くのホテルを取っていたので、帰り時間を気にせず(笑)夜遅くまで球場近くにいられたおかげで、ビールまみれの新井選手に握手をして貰えました。
手がヒリヒリしたのは、私がアルコールが苦手なせいでしょうか?

優勝インタビューで阿波野投手は「あの10.19があったからこそ、この日が迎えられたんです。誰もが10.19を忘れていなかった」と語っていました。
「2年がかりの優勝」という感じでした。
ホントに嬉しかった!!

私の野球熱はこの頃がピークだったなぁ。
それは「プロ野球史上最も劇的なドラマ」を生で見てしまった後遺症といえるかもしれません。

ちなみに10.19の第一試合のロッテの先発がこの人なのです……

|

« タイトルを付けるほどでもない記事 | トップページ | テレビCMだけじゃなかった!! »

コメント

外部から見ただけではわからない、球場にいたからこそわかる熱気や感覚も、あると思います。
だからその現場にいたYAGI節さんが、私は心から羨ましいです!

でも外部から見たとしても、やっぱ泣きそうになりますよ、あの結果は・・・(涙)
私は最近も最近、去年末(すいません)にこの「10.19」を知ったのですが、ダブルヘッダーって酷でしょ・・・とか、時間制限という制度さえなければねぇ・・・と、つい思ってしまいました。
翌年優勝出来て本当に良かったよ・・・(泣)
YAGI節さんにとっても、思い出深い2年間だったんでしょうね。

ちなみに、マー君ぐらいの歳の若手選手はこの試合知らない人も居るんだろうな〜とか考えておったのですが、調べてみたらマー君、ちょうど1988年生まれでした・・・時は流れるもんですねぇ・・・

投稿: Natsumi | 2009.02.08 02:45

YAGI節さん、おはようございます。
あの試合、球場でご覧になっていたんですか!
すごいですね。
自分も昨日の放送を見ていました。
結果を覚えているのに、あれだけ興奮する映像もありませんでしたね。
自分はあの試合はテレビで見ていましたが、ドラマやニュースが中止になっていく過程で「川崎が大変なことになっている」のがよくわかる放送でした。
当時の自分はパ・リーグの試合なんてほとんど興味がなかったのですが、阿波野の力投、高沢のホームラン、有藤の抗議など今でも鮮明に覚えています。
最後に近鉄が十回表に3アウトをとられ優勝を逃した直後、うなだれる近鉄選手とアナウンサーの「近鉄はこの後守らなくてはなりません」という実況は、忘れることができないシーンでした。
その後十回裏を0点に抑えた近鉄のプロ意識に感動しました。

投稿: SYUNJI | 2009.02.08 09:26

YAGI節さん、2試合とも生でご覧になっていたんですか!
しかも、翌年の胴上げもご覧になったなんて、凄いなあ!!
(その上、ビールまみれの選手に握手までしてもらうなんて・・・笑)
このダブルヘッダーのダイジェストビデオが発売されたことがあるらしいのですが、
廃盤になっていなければ、買いたいと思いました。

第1試合のロッテ先発が、あの投手だったんですか・・・。
(あの事件はショックだった・・・)

投稿: まきこ | 2009.02.08 11:48

書込ボタンを押したら、待機中のまま消えてしまいました
ショック。
ポイントのみ再コメントします(;^_^A

YAGI節さん、あのダブルヘッダーを生観戦していらしたとは、凄いっ!!
しかも、翌年の胴上げも生でご覧になって、ビールまみれの選手に握手してもらったなんて!

第1試合のロッテ先発は、あの投手だったんですね・・・。
あの事件はショックでした・・・。

投稿: まきこ | 2009.02.08 11:58

Natsumiさん

>球場にいたからこそわかる熱気や感覚も、あると思います。

結構色々忘れちゃってるんですけどね〜(^^;)。
有藤監督の抗議はよ〜く覚えてますが、そのきっかけとなったのが、阿波野さんの牽制球だった事はすっかり忘れていて、テレビを見ながら、「うわっ、そうだっけ」と驚いてました(阿波野ファンのくせに……)。
しかもランナー古川・二塁手大石って、関係者3人とも亜大出身者。凄い偶然だ。

>マー君、ちょうど1988年生まれでした

がーん……
そういうショッキング(笑)な事があるから、昔話は避けようと思っているのですが、ついやってしまいました(^^;)。

投稿: YAGI節 | 2009.02.08 21:35

SYUNJIさん、こんばんは。
SYUNJIさんも、ご覧になっていたのですね

>「川崎が大変なことになっている」のがよくわかる放送でした。

私もテレビを見ながら、そんな感覚を味わってみたかった気がします。
もちろんファンとしては現地にいなかったら後悔するので、体が2つあれば良かったと思います〜(笑)。

>高沢のホームラン

たっ、高沢……。
いっ、いまだに、こっ、この名を聞くと、ドキンとなります。

>「近鉄はこの後守らなくてはなりません」

生中継は見ていないけれど、この言葉は何度も聞きました。
何度もピックアップされて放送されたのでしょうね。
あの守りは、ほんと虚しかった……。

投稿: YAGI節 | 2009.02.08 21:37

まきこさん
おかげ様で見逃さずにすみましたー。ありがとうございます!!

>しかも、翌年の胴上げもご覧になったなんて、凄いなあ!!

あれで、野球に対する情熱を使い果たしてしまったのかもしれません。
あ、嘘です。WBCとか無茶苦茶楽しみです。
現在放送中の物で一番好きなテレビ番組は、断トツで野球アニメ『メジャー』です(^^;)。

>ダブルヘッダーのダイジェストビデオが発売されたことがあるらしいのですが

Numberのビデオの事ですよね。持ってます。
Amazonで中古は買えるみたいですけど、随分高値になってました。
って事は廃盤かも知れませんね。
テレビ朝日でDVD出しちゃったりしないのかなぁ?

ファイターズ関係者、何人も出てましたね〜。

投稿: YAGI節 | 2009.02.08 21:39

すみません、野球に関しては全く分からないのですが(汗)、
当時の一難去ってまた一難…は、YAGI節さんにとって
この上なくしんどかったんだろうな〜というのが
行間からヒシヒシと伝わってきました。
きっと色んな意味で生涯忘れることができない日と
なったんでしょうね。。。

それにしても、粋なお母さまじゃないですか!
最後の最後で叱責された日には、
本当に最悪の日で終わりになったかもしれませんが、
ママンのひと言が、その試合の世間への影響力を見事に表現していますよね♪

投稿: Aki_1031 | 2009.02.09 16:43

3連投失礼します〜
昨日書き込ませて頂いた時は、
コメントが2つとも表示されなかったのですが・・・
直ったのですね(汗)
ダブってしまって、スミマセン!

投稿: まきこ | 2009.02.09 20:03

Aki_1031さん

>色んな意味で生涯忘れることができない日となったんでしょうね

はい、まさに。

>それにしても、粋なお母さまじゃないですか!

ありがとうございます。
しかし、今日母に聞いてみたら、まるっきり覚えていないと言われてしまいました。
がくっ……

父はといえば、10.19よりも、その前に放送していた高校野球の特集の方が興味深かったらしいし……
っていうか、私も高校野球好きだったのに、そんな特番があった事を知らず、見逃した事もショックです(^^;;;;)。

投稿: YAGI節 | 2009.02.09 23:46

まきこさん
システムの調子が悪かったのかな?
ご面倒おかけして申し訳ありませんでした。
「どうしよう、一つ消した方がいいのかな? でも、勝手に消しちゃうのも、失礼?」と迷っているうちに、今日になってしまいました(^^;)。

投稿: YAGI節 | 2009.02.09 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私、「7時間33分の死闘」の目撃者です:

« タイトルを付けるほどでもない記事 | トップページ | テレビCMだけじゃなかった!! »